2012年08月13日

釜石の教訓



先週金曜日、シカゴで永木に渡り活躍をされている日本人の大先輩達と、「シカゴで一番旨い!」イタリアンディナーを頂いている時、血の気が引くお話をお聞きしました。

先輩ご夫婦が、今年の3月11日、たまたま東京の大手家電店にいらしたそうです。14時46分になり、家電店内TV全ての画面が黙祷を捧げる事を通告しているにも関わらず、店内にいる人の殆どが全く気にせず、黙祷どころか何もないかの如く平然と無視をしていたそうです。

一体日本人はどうなっちゃたんでしょう?

群馬大学教授片田敏孝さんの著書、「命を守る教育」をある方からお借りし、子供達と一緒に読みました。
災害社会工学を専門とする片田教授は、防波堤だけでは津波被害を防ぐ事ができないという発想から、災害に対して強い社会作りを目指し三陸各地域に呼びかけたところ、釜石市が手を上げ共に取り組んで来たそうです。


「犠牲者ゼロ地域作り」

ー 津波等自然災害に対する危機意識と対応能力を持つ社会の確立。
ー 災害時に適切に対応できる仕組みつくり。

この様なテーマで講演を開いても、大人の反応は鈍かった。

そこで、片田さんが思いついたのが、子供への教育でした。
そして、学校が提案して来たのが、津波災害の避難訓練をするだけでなく、日常授業に津波を題材とした題材を織り込む事。算数の計算式学習に津波の力学などを取り入れたり、津波に関する作文を書いたり、津波への意識を高めて行く教育です。


この結果、釜石市では不幸にも当日病欠していた5人の児童を除いて、全ての生徒が助かったそうです。
あの被害の中、生徒達は自分で判断をして、中学生が小学生の手を引き、幼稚園児や年寄りを背中におぶり、適切な非難行動をとり、「助けられる側」から「助ける側」になり、多くの命を救ったそうです。


この本に掲載されている生徒達の作文を読むと、

「家族と一緒にいられる有り難さ」
「食べ物を口にできる有り難さ」

と言った、我々が日常当たり前過ぎて気にもしていない事を、心の底から再認識させられる文章や、

「亡くなった人のためにも、生きる意思を強めた」
「忘れてはいけない経験を多くの人に広める」

と言った、前を向いたポジティブな文章が多く見られます。


日本の心臓部東京で、明日地震が発生したらどうなるのか?
どう対応しなければならないのか?

大地震は必ず来ると考え、「命を守る教育」を今日からでも始めないといけない。



このYou tubeを見て下さい。
釜石の子供達の素晴らしいメッセージを聞いて下さい。
大人でも考えない様なことを、釜石の小学生が言っています。それも、当たり前のように。




一日も早く始めないと。


日本にいる家族、友人、恩師、日本に住む全ての人のことが心配不動産





タグ :人心

同じカテゴリー(教育)の記事
日米学生スポーツ
日米学生スポーツ(2018-01-09 23:26)

愛読書
愛読書(2016-09-23 21:48)

イチローの記録
イチローの記録(2016-06-21 20:41)

不調からの脱出
不調からの脱出(2016-05-30 22:41)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 19:28│Comments(0)教育
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。