2012年02月27日

大学教育



The Atlanticの大学に関する記事です。

アメリカと日本の大学との違いは、こんなところにもあります・・・

ー アメリカの大学は学費が高過ぎる。自分の居住する州(In-State)と州外(Out-Of-State)では大幅に学費が異なりますし、収入によっても学費が変わります。

ー 例えば、イリノイ州立大学にIn-Stateの生徒が通うとフルの場合は年間25千ドル程度(学費/寮費/経費含む)、しかし、Out-Of-Stateの生徒はフルだと年間4万ドルの費用がかかります。
但し、収入別に学費が異なるところがアメリカの良い所です。例えば、In-Stateで家庭年収が48千ドル〜75千ドルの場合は、年間18千ドル程度に、年収3万ドル以下の場合は、年間で7千ドルに減額されます。ですから、結果として生徒全体の48%が何らかの形で奨学金か支援金を得ていることになります。ちなみに、4年間での卒業率は全校生徒の65%。

ー またそれ以外にも、アメリカでは本人の学資ローン制度も多くあり、両親が子供の学費を支払う場合税金控除が適応され、多くの生徒が大学に行ける様に制度を作っています。

ー 日本もアメリカも、学位を取得するために大学に行く目的は同様。しかしアメリカの場合は、その学校と学位の内容によって就活状況や初任給まで全く異なる事が多々あります。例えば、イリノイ州立大学Champaign校の工学部をトップの成績で卒業すると、初任給で8万ドルもらえる事もざらにある。



色々な措置が取られ公表されていますが、基本的に全て交渉ができるというのが日本とアメリカとの一番大きな違いです。
入学、学費、単位、卒業、全てにおいてです。

私の尊敬する友人の一人で、30代半ばで新聞記者から弁護士に転身した彼は、日本の大学の卒業単位をフルに活用し、強烈に集中して学習し、一年間でUniversity of IowaのLaw Schoolで学位を取得しました。日本ではあり得ない・・・


日本学校社会に、この柔軟性を求めるのは厳しいですかね?


長男、15歳、来週日本人学校中等部を卒業します。
彼は、アメリカの4年制高校ではすでに2年生の半ば。アメリカは大学受験が無い分、Collegeを目指す彼は高校に入学したと同時に日頃の成績を問われ続けています。そして、カウンセラーからの質問は、「どこの大学に行きたいの?」ではなく、「将来どんな職に就きたいの?」です。ここで言う「どんな職?」は「どんな会社に入りたいの?」とは大きく異なります。

まず「職」を選んで、よりよい条件を得るために、大学を選択する。

実は、この辺の思考が、日本と一番異なるところなのかもしれません。


しかし、日本の仕組みも捨てたものではありません。
経済学部体育学科卒の私でも、上場企業の幹部にまで引き上げて下さいました。
それこそ、自分が中学卒業する頃は、最悪に腐っていた時期で、『職?』『大学?』毎日全く何も考えていなかった。

こんな大人に成れたのも、皆様のおかげです。


「目標を持てば、道は開ける」先週お仕事の機会を下さった、40才の起業家10年の大先輩に教わりました。


ブレないで行くぞ! どっしり不動産









同じカテゴリー(教育)の記事
日米学生スポーツ
日米学生スポーツ(2018-01-09 23:26)

愛読書
愛読書(2016-09-23 21:48)

イチローの記録
イチローの記録(2016-06-21 20:41)

不調からの脱出
不調からの脱出(2016-05-30 22:41)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 00:09│Comments(2)教育
この記事へのコメント
最近のテレビで、アメリカの学生さんは、奨学金を受けて大学に行った人が多いのに就職難で、その奨学金の返済が出来ない人がデモを行っているのを映像で見ました。
サラリーを得ていないと返済するのは大変ですよね。
若いうちに自分の「職」を意識して、大学を選ぶなんて恐れ入ります。


前回のYou left a lot of meat on that bone.の答えは?

多分、グリーン上で同じラインある時に先に打って相手にラインを教えてしまう時に使うとかですか?
Posted by 片岡 聡 at 2012年02月27日 11:02
ちょんまげ先生:

返信が遅くなり、ごめんなさい。
折角の話題なので、ブログでお答えしたいと思います。

"You left a lot of mean on that bone."

の答えは、、、Putが極端に短かった時に言う言葉です。要するに、「まだまだ一杯残したね・・・」という意味です。


日本ではチキンといいますかね?
こちらでもチキンと言う人もいますね。
その他で言う言葉は、「スカートを履いてこい」とか、「Come on Mary, bring your husband next time」とか言うケースもありますね。

最近はタッチ抜群の不動産屋
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2012年03月03日 23:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。