2012年02月10日

正義とは? その2



先日、こんな話を聞きました。

就職して数年の青年が、親にお金を貸して欲しいと連絡をします。何故?かと聞くと、やくざに脅されていると言う話。
お父さんが直ぐに飛んで行き、詳しく話を聞いて行くと、実は、、、

被災地の企業との取引で、余りにも厳しい状況に見かねて、取引代金を回収ぜず自腹を切って支払って来た。しかし、もう流石に自分の資金が底を付き、どうしようも無くなり親に連絡をしたと。その取引とは別に、自分の部屋には、購入した被災地企業の製品が山積みに。

ご自分の子供がこういう行動を取ったとき、あなたならどうします?

やり方はどうあれ、この正義感溢れる無鉄砲な行動、悪くない。
勿論、彼のとった行動に対して色々な意見があるでしょうが、こういう精神をもった若い社会人がいる。
日本人もいいね!

この後どういう結末になったかが問題ではなく、彼がこの事から何を学び、自分なりにどう始末を付けるのか?


そこが興味深い不動産






同じカテゴリー()の記事
ズル込み
ズル込み(2018-06-17 12:19)

21世紀へ
21世紀へ(2018-02-11 23:01)

気味が悪い体験
気味が悪い体験(2018-02-08 22:49)

物事を正しく行う?
物事を正しく行う?(2018-02-02 23:00)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:48│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。