2012年01月24日

Signal



"Signal"と聞いて、この絵を見ると、直ぐに「携帯電波?」、「Wi-Fi?」と反応してしまうのは現代病でしょうか?


実は、人間が一番"Signal"を発信しているのではないか???と思わされる話があります。

中学生一年生の女の子。
特に人懐っこいわけでもなく、特別明るい子でもない、普通の13歳。

しかし、彼女は、友達のお父さんに会うと、馴れ馴れしく挨拶代わりに"Hag"をします。親しくても、親しくなくても。
幾らアメリカ人とは言っても、他の子は滅多に"Hag"はしません。特に、中学生ならなおのこと。

もう一つ、彼女はこの一年間で携帯電話を5つ壊し、現在6個目の新品を使用中。
毎回壊れる言い訳が違う・・・

ここまでの情報で、皆さんの中に出来上がったパラダイムは、どのようなものでしょうか?



ここで、次の情報を追加します。

ー この子のお父さんとお母さんは離婚をしている。
ー お母さんは、新しいボーイフレンドに夢中で、子供に愛情を注がず、常に子供と揉めている。
ー お父さんは、別に暮らしていても、常にこの子に愛情を注いでおり、連絡をすると直ぐに駆けつけてくれる。


こう言う展開になると、彼女の"Signal"がどういうものか見えて来ますよね。


人間は、色々な形で"Signal"を発していると感じます。その"Signal"は、日本で言う「空気」とは違います。
ですから、"Signal"を感じないからと言って、"K.Y."にはならないでしょう。


皆様の家族、友人、職場の人、街の人々からの、いろいろな"Signal"を日常どう感じていらっしゃいますか?

コメント、お待ちしています!


意外に発信下手不動産



同じカテゴリー()の記事
Obama ティラミス?
Obama ティラミス?(2018-11-12 22:05)

ズル込み
ズル込み(2018-06-17 12:19)

21世紀へ
21世紀へ(2018-02-11 23:01)

気味が悪い体験
気味が悪い体験(2018-02-08 22:49)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:53│Comments(2)
この記事へのコメント
日本はK.Y.という言葉ができるくらいですので、もしかしたらそういった'signal'に疎いのか、寛容性が薄いと言えるのかもしれませんね。色々なバックグラウンドや事情があり、人もそれぞれですが、signalが見えるうちはみんな助け合いで補い合いたいものだと思います。
Posted by Chape at 2012年01月25日 08:45
Chapeさん:

お初コメント、ありがとうございます。

Signalは、助けだけではなく、共に喜び、分かち合うという時もあると思います。

皆が、皆の様子を見て、気を向ける。
いいじゃないですか。

これからも、コメントお待ちしております。


受信機不動産
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2012年01月26日 03:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。