2011年10月29日

Chicago Black Hawks



遠方より友来る!


大切な先輩達が、遠方よりおいでくださいました。過去何度もシカゴを訪問されているのに、まだ一度もシカゴの街を見て歩いた事がないということでしたので、こちらからお願い☆して街に繰り出しました。

お昼からお時間を頂いて、まず昼食は私のお気に入りSepiaに。このSepiaは、Obamaご夫妻のお気に入りとして知る人ぞ知る抜群のお店です。
その後市内観光をしたその夜、昨年度NHL優勝チーム、Stanley Cup HolderChicago BlackHawksの試合にご案内。

お立場がお立場なので、写真や詳細の情報を載せることが出来なくて残念ですが、NJからいらしたラグビーの先輩の計らいでみんなでお揃いのBlackHawks Red Jacketを身にまとい、ワクワクドキドキしながら超満員のUnited Centerに飲み込まれて行きました。(この日はちなみに21000人強の観客数)



アメリカのSports Eventは、試合だけでなく試合前>試合中>試合後と長時間に渡り楽しむことができるのです。これは、日本のものとは全く異なります。試合開始前のなんとも言えない盛り上がり、リンクで選手が練習をしていますが会場はワクワク感でゆらゆらしている。
試合会場そのものが、巨大なEntertainmentの空間化しているのです。

試合は、Ducksに先制され、0−1 > 1−1 > 1−2 > 2−2 とBlackHawksが後を追う形で、5分間のSudden Death Over Timeに入り、Blackhawksが攻めまくるも引き分け。Shoot Outに持ち込まれました。
結局、Pat Kaneが最後を決めMVP選ばれ、興奮の3時間が終了。先輩達も生涯心に残る時間だったと思います。



先輩三名の内お一人はこの春に一部上場会社の社長に就任された方で、就任後心身共に強烈に多忙な日々をお過ごしであったと推察致します。就任以来ちょうど半期が過ぎ、そろそろ"Off"の時間が必要であったタイミングだったようでしたので、日本では味わえないスポーツ好きには最適かつ最良な半日をお過ごし頂けたことでしょう。

どんな人でも必ず"On"と"Off"は必要です。特に日本の人は、その"On"と"Off"の時間作りが下手。

私の信条は、一日の中には何回か"On"と"Off"を、一週間に一度は"On"と"Off"を、四季に一度の"On"と"Off"を心がけています。
"On"と"Off"は、必ずしも旅行とか趣味とかいうことではなくて、気軽な会話であったり、全く仕事に関係のない記事や調べものだったり、将来の構想を思い耽ったり、、、


このブログの読者から連絡があり、その方の勤める会社ではブログのブラウジングに規制をかけて、会社のネットを通じて閲覧できなくしてしまったそうです。確かに、勤務時間中に見ていいものと悪い物もわるかもしれませんが、基本的に性悪説的発想が強い日本は細かい管理を行い過ぎます。

でもね、どんな仕事をしていても、一日の中に"On"と"Off"があってもいいではないですか? 逆に言えば、それくらいの時間がなければ効率も落ちるのではありませんか?

お別れの際、リラックスした笑顔の中に少し寂しげな雰囲気を漂わせた背中を見せた白金小学校の先輩をお見送りし、遠路遥々シカゴまでおいでいただいて良かったなと実感致しました。

またシカゴでお待ちしております。


いつもは、"On" > "Off" > "On" ではなくて、"Off" > "On" > "Off" かな?不動産





同じカテゴリー(スポーツ)の記事
コーチング
コーチング(2018-06-05 19:52)

オリンピック
オリンピック(2018-02-27 23:12)

Ichiro・一郎・Suzuki
Ichiro・一郎・Suzuki(2017-04-19 21:36)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:59│Comments(3)スポーツ
この記事へのコメント
春チャンス

On and Off...大切ですね(^^)

書かれていたインターネットアクセスを制限するセキュリティ...
私が過去に勤めた幾つかの企業でもソリューションとして提供していますが、
“単純に観て良い悪い”だけではなく
会社の資源(リソース)の業務外使用に対しての規制として運用していることも
その理由の一つに掲げています。

確かに、数万人...数十万人...の社員一人ひとりが不要なアクセスをしていると、
そのトラフィック量は無視できない規模になるケースもありますし、
思わぬ二次災害(フィッシングやDoS攻撃,等)の原因にもなりかねない(@_@;

事実、某印度企業でも...
そんなセキュリティソフトが世界中の従業員のインターネットアクセスを監視していて、
制限対象としているキーワードが検出されるとアクセスを遮断します。
例えば、XXX系(これは勿論ですね)や転職サイト系...
ですからLinkeInでさえCIO承認を得ていない社員はアクセスできません(^^;

そんな難しい話はさておき...

「Sepia」良いですねぇ~♪
実は前回、Chicagoへ行った際に行こうと試みたのですが予約が取れずに行けませんでした(^^;;
結局その時は「Gibsons」へ行きました☆

Blackhawksのゲームも素晴らしかったろうなぁ~!!!

邦チャンス@やっぱり米国は好きだなぁ~(笑)
Posted by 東 邦彦 at 2011年10月30日 02:35
上場したての某企業では、
社員の稼働を分刻みで管理しており
インターネットは管理職以外閲覧禁止
社内は殺伐としていて暗く
精神的に参る人が続出。
おかしくなって辞めた人も。
社員は全く信用無いんだなァと
感じました。
Posted by tomoko at 2011年10月30日 08:12
tomoちゃんす

人を信用しないで、どうして事業ができるのでしょうか?
一人一人に責任感がなくて、どうして仕事ができるのでしょうか?
気持ちよく働けなくて、どうして成功できるのでしょうか?

私は強く思います。
日本はもっと、人材を流動させる方が良い。
つまり、より働き易い環境、やりがいのある環境に人が流れ、そうでない会社に人が集まらない様になれば、企業側も気がつくと思います。

日本の給与は、我慢の代償のように見えて来ます。

「マネージャーの行動は、全て顧客に連動していないといけない。」by Peter Drucker

管理主義反対不動産
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2011年10月30日 21:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。