2011年02月24日

「差別」 "Discrimination"



アメリカでは、過去9年間で"Online College"で学ぶ学生が832%も増加し、現在では2百万人を越える学生が「学位取得」の為学習しているそうです。


何故、Online Collegeか?

技術の発達/コンピューターネットの普及/低価格/時間の柔軟性/場所の柔軟性などが上げられると思います。


先日、ある友人と話をしていたところ、就活を行なう際大卒かそうでないかで大きく違うという話を聞きました。それは、どの国でも共通で、アメリカでも大学卒であればより高い職につけるという事実からOnline Collegeが普及しているのだと思います。

日本ではどうでしょうか?


しかし、日本とアメリカの大きな違いは、日本は就職をする際「年齢制限」があること。EU圏に精通していないので現場の事情を知りませんが、皆さんご存知の通りアメリカでは、年齢による差別は法律で禁じられています。

ですから、「大卒、35歳以下 募集」なんて広告を打ったら、直ちに訴訟対象になり罰せられます。

いくら文化の違う国とは言え、先進国間の法律で一国では違法とされ、もう一国では正当と扱われている事例は極めて少ないと思います。
後進国なら仕方が無いと言う意味ではありませんが、ありとあらゆる面で日常的に交流のある日本とアメリカ間で、ここまで明らかに法律が異なっていることが話題にならないことに私は違和感を感じて止みません。

トヨタ自動車の北米社長がセクハラで敗訴し莫大な保証金を支払った事例は、完全に訴訟のプロの「罠」にはまった話なのでちょっと気の毒ですが、日本企業がアメリカで業務を行なっている際に、文化の違いから来る際どい場面を日常的に良く目にします。

「どちらの国が正しいのか」という論議ではなく、「人間としてどれが正しいのか」という観点で再考する項目だと思います。
あるいは、「ビジネスとしてどう成功するか」という観点でも良いかもしれませんね。

前職で、現地法人で社長職になった頃は、「おいくつですか?」とか"How old are you now?"と日米の方から何度も聞かれた記憶がありますが、現職についてからは、誰からも聞かれたことがない気がします・・・

「見れば分かるだろう!」ってことでしょうか!?


誰が何と言おうと「40代不動産」

“っえ!?”と思った方、是非コメントを頂戴したいと思います。







同じカテゴリー(教育)の記事
気味が悪い体験
気味が悪い体験(2018-02-08 22:49)

日米学生スポーツ
日米学生スポーツ(2018-01-09 23:26)

愛読書
愛読書(2016-09-23 21:48)

イチローの記録
イチローの記録(2016-06-21 20:41)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:06│Comments(11)教育
この記事へのコメント
東インド会社に限らず...
ボスが年下だったり、年上の部下を持ったり、
ちゃめしごとなんですがねぇ~(@_@;

会員番号13番...邦チャンス
Posted by 東 邦彦 at 2011年02月24日 23:11
え? です!
Posted by Akira at 2011年02月25日 01:59
逆に、アメリカにいる日本企業がもうアメリカの企業をリタイアした人間を雇うのを長年みてきております。私の業界の大手日本企業はどこもですよ。

経験のある人間を雇いたいのか、年齢を聞くのが怖いのか?でもResumeをみれば年齢なんて想像できますね。
最近は企業がFacebookやらもチェックするとききます。

日本では定年があってもアメリカではリタイアをすでにしている人間を雇っている。このギャップも面白いと思いましたがどうでしょう?これを日本の本社ではわかっているのでしょうか?

人間見た目ではなくて気持ちですね。
気持ちが若ければそれなりにみえるのでは?

まだまだ40には届いておりませんが、20代に思われたら逆にばかにするなと思いますが。。そこも未熟なんですよねえ。

マッハ
Posted by 工藤(マッハ) at 2011年02月25日 05:34
因みに日本でも2、3年前くらいから年齢制限をしての募集は禁じられていますよ。 
実際はやってますがね。

年齢・・・ 日本の文化として、目上の人を
敬うと言う文化は嫌いではないです。

私も部下に年上は何人もいますが、言葉使いは
年上として気をつけますが、業務に関しては
他と全く同じです。うちの会社は歳は関係ないかな。

でも大春さんってまだ40代だったんですね。
昔から年齢よりも上に見られますよね。
見た目も態度も(笑)


で、3月はいつMTGですか??


この間、飲み屋で48歳って聞かれて怒ったアドマンより
Posted by クロイ at 2011年02月25日 09:53
っえ!?
そうだったんですか・・・・(汗)

人(男)は年齢じゃないですね。
諸先輩方を拝させて頂き、痛切に感じます。

アドマンことクロイさまの意見に賛同です。

「長幼の序」は日本の誇りです!

脱官剣士
Posted by 大ちゃんす at 2011年02月25日 10:02
えっ~えっ~!?

協調性も日々成長なう
前世も宇宙人orz
Posted by tomoko at 2011年02月25日 11:14
邦ちゃんす:

年齢に対する敬意、これは非常に重要なことです。

しかし、その年齢が、組織内の職務/責任/権限が年功序列になるという発想は間違っています。

もっと正確に言うと、日本の年功序列は、本来の年齢ではなくて、入社/入省年度序列と言えるでしょう。
大学の体育会と同じです。

つまり、年齢が上でも下でもお互いに敬意を払い、お互い対等の人間として付き合って行くことが重要ではないですかね?

体育会系ではなく、もろに体育会不動産
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2011年02月25日 23:09
Akiraさん:

っえ!? 一番乗りありがとうございます。

人間、太り過ぎて首が無くなったり、ワイシャツの襟が頬で隠れたり、腹でベルトが見えなくなったりすると、だんだん年齢不詳になって行きますのでお気を付けください。

上記三点を克服した40代不動産屋
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2011年02月25日 23:17
マッハ:

「定年」という言葉は日本以外には存在しないのでは?
「定年」= "Retirement"じゃないよね、、、

定めた年に退職をしてくださいというのは、完全に年齢差別です。

だから、リタイアは、勿論本人の気持ちの問題。


サラリーマンを辞めた100の理由の一つに、「生涯現役」というのがあります。

25歳で入社した同期は、皆より3年も早く定年になってしまう。でも、昇格は入社何年規定がある!?

なんだかよく分かんないね。。。


若手不動産
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2011年02月25日 23:27
くろちゃんす:

先ほどはどうも。

見た目も態度も!?!?!?!

45歳の時、8歳の娘と私の友人と三人でランチしてたら、隣の老夫婦が、「楽しそうですね、お孫さんかわいいでしょ〜〜〜!」と一言・・・

勿論、お茶を頭からかけて差し上げました。お地蔵さんのように・・・

39の時に55歳の方とゴルフした時に、「俺たちの年代になっても距離はおちねーよなー!」って言われて、「いえ、僕まだ30代です。」って言ったら、その方吹き出してタバコ飛ばしてました。

なぜだろう?


いつも「可愛い」って言われるのにな・・・


童顔不動産
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2011年02月25日 23:52
春チャンス

仰る通り...年齢や性別,国籍,等々に関係なく、
誰にでも常に敬意を払いお互いを尊重し合い接していく...
至極当たり前のことですが大切なことでもありますねv(^^)

円(縁)の妙をいつも感じる会員番号13番...東インド会社
Posted by 東 邦彦 at 2011年02月26日 04:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。