2010年07月22日

パラダイム Paradigm その2

パラダイムシフトの事例その2

二艘の戦艦が数日に渡り軍事訓練を行っていた。
悪天候が続き、艦長も外に出て状況を伺っていた。
そこで、見張りが進路に光を発見。

艦長から指示 『その船に対して信号をだせ! 衝突の危険性があるので、20度進路を変更せよ!っと』

相手からの返信『そちらの方が20度進路を変更することを助言する。』

艦長『信号を遅れ。私は艦長だ、20度進路変更することを命令する!』

返信『私は二等水兵だ、そちらが20度進路を変更することを命令する!』

艦長『こちらは戦艦だ、直ちに進路を変更しないととんでもないことになるぞ!』

返信『こちらは灯台だ、そちらこそ進路を変更しないと大変なことになるぞ!』


なんとなくですが、企業文化の中では、『灯台だろうと進路を変えるように考えろ!』に近い発言を聞いた事ありませんか!? 『原理原則でも曲げてみろ!』みたいな・・・

思いっきりパラダイムがシフトしていることに自分でも気がついているのに、”意地”でパラダイムをシフトさせない頑固者。いますよね時々。


実は自分が一番頑固者不動産!?



同じカテゴリー()の記事
虫の知らせ
虫の知らせ(2017-08-04 22:34)

一番嫌いなもの
一番嫌いなもの(2017-07-17 21:33)

影法師
影法師(2016-05-07 20:36)

無我夢中
無我夢中(2016-04-24 11:56)

今日の一言
今日の一言(2016-04-20 22:33)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:14│Comments(4)
この記事へのコメント
あははっ...何かを得た途端に勘違いしてしまう輩...
居ますよねぇ~(@_@)

小生は思います...
常に誰もが自分の周りに3つのディメンジョンを持っていて、
常にそれらにバランス良い気配りをしなければなりません。

CEOだって...
(周囲)自分の部下や組織のお客様は全て自分のお客様だし、
(上方)株主や報告義務を持った大切な相手を持っていますし、
(下方)沢山の部下にも耳を傾けなければ仕事になりませんし、
要するにどんなポジションや役割を持っていても、
常に360度に気配りをしなければならないのですねv(^^;
Posted by 東 邦彦 at 2010年07月23日 05:47
以前お役所勤め時代、そういう頑固な方々が多く
日々岸岡様に愚痴っておりました。
「そういう方を如何に動かすかですよ!」とご指導頂いたものです。

自分が変わらねば・・・と良く言いますが

難しいんだなぁこれが~(相田みつを)


ゴルフがしたい
ペット屋経営者
Posted by AIGC at 2010年07月23日 06:39
邦先輩:

インキ屋駐在時代に、360度評価を導入しました。
社員の評価を、上司だけでなくて同僚や部下も行う。

まず手始めに、社長であった私の評価を全社員にお願いしました。アメリカ人は本当に面白い。

ごまする人
いい加減にする人
そして、もっともアメリカ人らしいかったのが、”あなたを評価する程、あなたを知りません。もっと、現場に来て話をしてください。”って評価。

凄く多くを学びました。

独立した今は、世界中の人が考課者です。
逆に気が楽になりました。


極楽とんぼ不動産
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2010年07月25日 00:40
AIGC御中:

何事も目的か手段かということでしょうか。

目的を達成するためなら、そういう人を如何に動かすか・・・でしょうけれど、目的とその人が全く関係ないことが多い社会では、いちいちそういう人に付き合っていられないですよね。

一日は24時間しかなく、仲間と呑む時間も必要ですからね。


割り切り不動産
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2010年07月25日 06:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。