2010年02月19日

バンクーバー オリンピック



なんか、凄く変ではありませんか!?

服装乱れや敬意の無い勝手な言動をするオリンピック選手に対して、”えらそーな事言って、結局メダルも取れない”とか、”メダルも取れないレベルの低い奴”だとか、ネット上で批判をしている人が多く見られますが、そう言っている方々こそ、非常識だと気がついていないのですね。

1.メダルを取ろうが取るまいが、服装の乱れや無礼な言動は正さなければならない。日本人としてとか、オリンピック選手としてとか、そういう問題でもなくて、”人間”として正さなければならない事です。

2.メダルを取れば、偉そうなことを言っても許されるのか!? これも、全く違います。どうあっても、自分の言いたいことは言えばいい。しかし、礼儀は守らなければ、人間として認められない。

3.メダルが取れないのはレベルが低い??? まず、オリンピックに出場しているだけでも、日本でTOP選手なのですから、レベルはめちゃくちゃ高い。そして、メダルは取れなくても、入賞しているということは、世界のTOP10に入ったということ。Businessの世界でも、芸術の世界でも、もちろんスポーツでも、世界のTOP10に入るということは、強烈にレベルが卓越しているということ。

なんで、こんなに当たり前でシンプルなことも分からないのでしょうか?

マスコミも、似たような表現をしていませんか?
メダルを逃しても、出場しているだけで尊敬される人たちであり、入賞でもしようもんなら世界のTOP10として、もっともっと敬意を評するべきでしょう!!!

4年に一度の大会で、自分のPerformanceを絶頂にもって行き実践する。 Businessの世界で、ここまでの緊張感を体験することは無いでしょう?Businessの場で、4年に一度だけ、数十秒、数分間だけ許される機会など有り得ないでしょう。
どれだけ凄いことに挑戦しているのか、理解できませんか???

メダルを取る人たちは、全員国民栄誉賞ものです。
私の大学の同期にもメダルを取ったやつが何人かいますが、並大抵な奴らではありません。

彼らは、もっと、もっと、評価されるべき、芸術家達です!!!

世界をなめてはいけませんよ。


毎日、オリンピックに熱い、不動産屋



同じカテゴリー(スポーツ)の記事
コーチング
コーチング(2018-06-05 19:52)

オリンピック
オリンピック(2018-02-27 23:12)

Ichiro・一郎・Suzuki
Ichiro・一郎・Suzuki(2017-04-19 21:36)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 12:40│Comments(4)スポーツ
この記事へのコメント
オリンピックに参加出来たすべての人に脱帽します。度の種目により、このレベルに到達出来る事は普通の人がとんでもない努力をしていますね。最も重要な事はこれだけの練習をした後でも失敗はたくさんあります有名な画家が各絵が全て売れると思ったら大間い、ほとんどが失敗で途中で捨てるか世の中に出さないそうです。最も重要な事は目標に向かって最大の努力をする、結果世界トップ10位に入れたら言える事はただ一言、おめでとうございます。
それ以外のノイズは却下、却下、却下。余計な中小は豚も食わないよ。だいたいトップ1トッタ人で今亜子と描く人以内よね。
不満の無い不動産頑張れ
Posted by 外野席の罵声大嫌いな男 at 2010年02月23日 14:49
コメントありがとうございました。
最近、Blogへのアクセスがよくなく、返信が遅くなりもうしわけありません。

本当におっしゃるとおりです。国全体が大きな勘違いをしている事に気がついていないのではないでしょうか?

韓国に負け始めた理由は、その辺にあるのではないでしょうか!?

シカゴ不動産
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2010年02月25日 14:47
唯、一言...

「続けてきた努力」や「得られた結果」には“賞賛”を☆

「礼節を欠く部分」や「非礼な行為」には“大人としての注意”を(>_<)
Posted by 東 邦彦 at 2010年02月28日 10:24
その通りだと思います。

”坊主憎けりゃ袈裟まで憎い”
ではなくて、
”罪を憎んで、人を憎まず”
で行きましょう!

しかし、”オリンピック協会がスノーボートチームにメダルを取られなくてよかった”なんて見出しで記事を書いている新聞社さん、恥を知って頂きたいものです。
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2010年02月28日 20:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。