2009年11月27日

これぞユビキタス時代の到来!



私の師匠である岸岡駿一郎さんから、この情報を教えて頂きました。
このVTRを見てください!


とてつもないことを発明したインド人の若者がいます。

強い好奇心+不撓不屈な精神、そして満ち溢れる創造力

彼は、MITの学生、、、



しかし、どこでもかしこでも情報が手に入ってしまっては、人間の判断能力が劣化して面白くないな







同じカテゴリー(ビジネスアイディア)の記事
遊び心
遊び心(2018-08-08 22:40)

競争・協創・狂想
競争・協創・狂想(2018-04-30 13:08)

Amazon アマゾン
Amazon アマゾン(2018-01-22 23:07)

意見の相違
意見の相違(2014-08-11 21:40)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 03:10│Comments(2)ビジネスアイディア
この記事へのコメント
彼、「塩ラーメン」が好きなのかなっ(^O^)

処で、東大にも…
従来はメッシュでした表現できなかったコンピューターの三次元の世界を粒子を使って更に滑らかな三次元で表現をしようと研究している人達や、
彼と同じように簡単なUIを開発してグラフィカルな世界を柔軟で扱い易い物にしようとしている人達がいます。

確かにコンピューターを使って今迄の技術や手法では実現できなかったことが出来る世界が身近なものになってきていますね!?
映画のStar WarsやMinority Reportで表されていたようなことが実現できそうですが…
それを何処まで実生活で取込かが技術開発と併せて重要な判断の世界であり人間の知恵の世界なのでしょう☆
Posted by 東 邦彦 at 2009年11月28日 11:08
20世紀最高の発明と言われた印刷も、Network+Digitalにとって変られています。

技術よりも発想がこの世の中を変えているように思います。インドに負けず、日本からの新発想に期待しています。
Posted by 大春 敬 at 2009年11月29日 07:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。