2019年07月29日

高校野球投球制限



大船渡高校佐々木朗希投手登板の件で

国保監督の判断に関して

数多くの方々がコメントをしています


国保監督が

「三年間で一番怪我の可能性が高いと判断したので」

と明確な理由を述べたのにも関わらず


ここで面白いのは

反対派の方々の中で

論理的にデータを使って反論してる人がいない事です

反対派は自分の成功体験だけを理由に

無責任な根性論・感情論を口にしているに過ぎません


中には「監督のエゴだ」とか公の場で言う元プロ野球選手もいます

こういう人は論外のまたその外です


有名な球界の御意見番はもちろん根性論

自分の成功体験だけ論ですから


感情的にも熱くなり国保監督の判断を非難しました


元プロ野球選手でも

「佐々木選手を一番側で見ている監督が判断したのだから何かあるのでは」と冷静にコメントする方もいます


大事なことは

まだ成長過程にある18歳の選手を

医学的にサポートすること

国保監督は佐々木投手の骨密度を測定していたと記事を読みました


今までそんな事をした監督や親がいましたでしょうか?


メジャーリーグに来て投げている選手も

多くが肘にメスを入れています

腕が消耗品であることは医学的に明確な時代


高校野球界は大きく変革すべきです


総論賛成

各論反対

日本の文化です


しかし高校の監督も

「プロの指導者」

なのですから(でなくてはならない)


総論を通すために

各論を解決してほしいと思います


投球回数(負荷)よりも

投球間隔(休息)だという

医学的な論文も出ているようです


いずれにしろ

過密スケジュール

は簡単に解消出来るはずです


過去の前例

なんて言っている場合じゃなく


論理的に改革する機会を国保監督が体を張って与えてくれました



もちろん

色々な意見はあって当然です

逆にドンドン意見が出てほしい



しかし

プロフェッショナルは

街の声とは違うのですから

きちんと論理的に発言することを願う不動産







Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:30│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。