2018年05月28日

自然との共存





毎年我が家の庭に新居を構える

うさぎ一家

今年は何故か玄関先の電燈の根元を選んだようです


我が家の庭はフェンスで囲まれているので

コヨーテからは家族を守れますが

広々としているので鷲や鷹からは狙われます

去年も犠牲者が出ました


今年は空撃対策を練ったのでしょうが

フェンスのない玄関先は

コヨーテなどの地上攻撃から身を守ることも考えないと

家族を危険に晒してしまいます



新生サッカー日本代表

「競争ではなく共存」

だそうですね


何を考えてこういう発言に至ったのでしょうか?

昨今の世論からスポーツ界への配慮でしょうか?

しかし現実をみて欲しいです

自然界は常に競争の中にあり

日々生き残るのに必死なのです

そしてうさぎ一家のように悲しい犠牲が有って

自然と共存できているのです


サッカーワールドカップは国と国の戦争です

チーム内が共存なんて発想で戦争に臨むのですか?

痛い犠牲がなくて

共存なんてあり得ると思っていないですよね?



それこそ

「監督と選手の認識の乖離」

が生まれないと良いのですが


闘い争う時に必要な心と書いて

闘争心

ルールを守った正当な闘争心は絶対に必要です


前任者には失礼の無い闘いに期待、不動産



同じカテゴリー(アメリカ)の記事
Obama ティラミス?
Obama ティラミス?(2018-11-12 22:05)

転職 + 転勤
転職 + 転勤(2018-08-20 22:02)

遊び心
遊び心(2018-08-08 22:40)

ズル込み
ズル込み(2018-06-17 12:19)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 00:58│Comments(0)アメリカ生活
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。