2016年08月20日

オリンピックインタビュー

連日のメダル奪取

シンクロの様にメダルを狙いに行って

見事に勝ち取り銅メダルを胸に喜ぶチームもあれば



吉田沙保里選手の様に

銀メダルの感想などない選手もいる


それなのにアナウンサーの質問たるや

プロの風上にもおけないお粗末なものだった



真剣勝負の世界に生きる相手と接する時は

知りもしない知った被った慰めではなく

一緒に喜怒哀楽を共にすることだと私は思う



結果はどうあれ喜んでいる選手と喜びを分かち合い

悔しがっている選手とはまず一緒に悔しがること


それが本当の応援団っていうものだと思う



オリンピックのインタビューは

アナウンサーをすべて排除し

選手の気持ちが一番分かっている

元アスリートに是非お願いしたい



日本のアナウンサーの質問のレベルが余りにも低すぎ

各選手の折角の偉業や挑戦が完全に曇ってしまう



試合終了した直後に

東京オリンピックのことなど考えている選手などいない


選手自身が自分の結果を冷静に受け止めそれを評価して

初めて次の目標が見えてくるものだと思う



しかし吉田沙保里選手

悔しくて夜も寝られないでしょうね


一緒にメチャクチャ悔しい不動産






同じカテゴリー(プロフェッショナル)の記事
お尻
お尻(2018-04-29 08:47)

敗軍の将兵を語らず
敗軍の将兵を語らず(2018-03-05 06:47)

オリンピック
オリンピック(2018-02-27 23:12)

21世紀へ
21世紀へ(2018-02-11 23:01)

本格派ストレッチ
本格派ストレッチ(2017-10-10 22:17)

Hideki Matsuyama
Hideki Matsuyama(2017-08-07 08:00)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 09:20│Comments(0)プロフェッショナル
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。