2016年01月11日

日本の美しい歌


昨日新春を祝い

毎年恒例シカゴ商工会議所(JCCC)主催新年会が開催された


今年はJCCC50周年を記念して

安田祥子さん

由紀さおりさん

のお二人を特別ゲストとしてお招きし

1000人近くの人が集まり盛大な新年会となった




お二人が志す

美しい日本の歌を次世代に受け継ぐ活動

季節を奏でる日本古来の歌歌からはじまり



童謡に加えてリクエスト応えて

夜明けのスキャットを始めとする歌謡曲も多くご披露いただいた



とても優雅で華やかなお二人のステージ


美しい歌声だけでなく


日本の歌の美しさを気付かされる貴重な機会となった



日本ほど童謡が多い国はない


日本固有の美しい四季の移り変わりを表現する歌の多いこと



確かにアメリカではそれほど思いつかない



また更に由紀さおりさんが強調されていたのは


日本語の美しさ



それは濁音と鼻濁音の違い


春の〜うらあらあの〜 墨田川〜♬


この「スミダガワ」は


スミダ

ではなく


スミダンガ

と歌われるべきだ




言語は時代とともに移り変わっていく


嘆いてもしかなたない


今時明治や大正時代ことばをはなしているひとはいない

だから昭和ことばを忘れ始めても文句は言えない



しかし

由紀さおりのおっしゃるとおり


日本語はリズムに合う言語ではなく

メロディーと奏でる美しい言語


鼻濁音を含む固有の文化を大事に継承する



みなさんにも是非次世代や子どもたちと話題してもらいたい



前日歓迎晩餐会にて直接ご挨拶をしたが


日常まれの気品満ち溢れ


抜群のSence of Humorユーモアを交えて


場を優雅な雰囲気に包み込む


超一流の”気”は違う



とても幸せな気分で床についた不動産



*ご一緒に撮影をいただいたがここでの掲載は控える











同じカテゴリー(シカゴ)の記事
カロリー計算
カロリー計算(2017-05-01 20:47)

Kizuna 6
Kizuna 6(2017-04-17 12:04)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:58│Comments(0)シカゴ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。