2015年06月14日

身なり


人は自分が得た情報で相手を判断しがちです

"あの人は元何々らしいよ・・・"

とか

"何々大学を出てどういうポジションについて・・・"

なんて言われたらもう勝手に人間像を作ってしまいますね



実はそれ以上に

見た目

で相手を判断してしまう傾向が強くはないですか?


最近見た目で相手を判断している光景を連続で目撃してしまったので

学生時代面白い経験をしたことを思い出しました


叔父と一緒にある銀行に行った時
叔父は引っ越しの最中に抜け出して銀行に行ったので
まるでXXX?みたいな格好で入店して行きました



初め窓口の女性とその上司の男性の対応は
"はっ?なんだあんた?"
みたいな感じで対応をしていたのですが


職業欄を記入したら
突然態度が激変!!!


二人で銀行を出た時どれだけ大笑いしたことでしょう


しかし身なりは大事ですよね〜〜〜



Suit & Tie

が嫌でサラリーマンを辞めたはずでしたが

アメリカの不動産業界は比較的
Suit & Tie
の場面が多いのです

一応6月1日から8月31日まではノーネクタイという暗黙のルールがありますが
真夏でもSuit & Tieはあります

身なりを整え
見た目を良くすることと同時に

相手への敬意表現
だとアメリカ人はいいます


お客様から
"うちへ来るときはネクタイは外して下さい"
と言われるケースも多く


お客様の社風でネクタイをするか否かを選択するようにしています


確かに会議室でみなさんビジネスカジュアルでいるところに
スーツ姿で入って行くと浮きますしね


ここで
アメリカのBusiness Casual
で日本クールビズと異なる点を・・・


アメリカ人はBusiness Casualの際ポロシャツを着ます
それも自社のロゴ入りのポロシャツを良く着ます


ただしBusinessで着用するポロシャツはクリーニングに出します
ですからしっかりとアイロンがかかっています


勿論そうしない人もいますが
ある程度のレベル人はクリーニングに出しています


コットンパンツも同様です


清潔感が一番大事なんだと思います

これも相手への敬意表現の内なのです





もう日本はクールビズの真っ最中

こちらから行くと
どの企業がどういうポリシーをお持ちか分からないので



今月まずは

真夏日でも

Suit & Tieで参ろうかと思っていますが・・・ジ・ゴ・ク


汗だるま不動産














タグ :人の心

同じカテゴリー()の記事
21世紀へ
21世紀へ(2018-02-11 23:01)

気味が悪い体験
気味が悪い体験(2018-02-08 22:49)

物事を正しく行う?
物事を正しく行う?(2018-02-02 23:00)

虫の知らせ
虫の知らせ(2017-08-04 22:34)

一番嫌いなもの
一番嫌いなもの(2017-07-17 21:33)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:38│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。