2015年06月06日

藪中三十二さん




みなさんは
本物中の本物にお会いになった経験はありますか?


昨日藪中三十二さんがシカゴにおいでになりました


藪中三十二さんは
1998年から4年間シカゴ総領事としてご活躍され
当地で最も印象に残る総領事として知られている方です


ご帰国後はアジア大洋州局長として
北朝鮮と拉致問題で交渉代表として大活躍され
事務次官にまでご就任された方です


現在は大学教授として
またご自分で寺子屋を設立され
学生と議論をすることに情熱を注がれているということです



「日本の学生には常日頃から3つのことを薦めています」

「一つは、Speak Up

「二つ目は、With logic

「三つ目は、Outstanding performance



「日本の学生はもっともっと発言しろ」

「そして発言する時には論理的に話せ」

「最終的には飛び抜けた行動を起こせ」


「私はこれをなぜあえて英語で指導しています
なぜならこれを日本語で表現してしまうと

口数が多く
理屈っぽい
目立ちたがり屋


と否定的な表現になってしまうからです」

と笑っておっしゃっていました



息子の敬瑚が

「三十二さんの哲学はなんですか?」

と質問すると



「今まで人に言われて行動したことはない
常に自分で決めて行ってきた
そしてやると決めたら徹底的にやる
例え相手がアメリカだとしても絶対に負けない
常に日本国にとって何がいい事かを考えて行動して来た」


こうお答えになりました


政局や外交の深い考察も
事実を基にした論理的分析と
人間の深い部分にある感情も踏まえて
日本国の現状と将来を考察された講演は
どこの誰よりも説得力のあるものでした


こういう現場の最先端で国のために大活躍された方を
是非是非日本史の教科書に載せて欲しいと思います



筋金入りの日本人にお会いして

心の底から気分が良い不動産







同じカテゴリー()の記事
ズル込み
ズル込み(2018-06-17 12:19)

21世紀へ
21世紀へ(2018-02-11 23:01)

気味が悪い体験
気味が悪い体験(2018-02-08 22:49)

物事を正しく行う?
物事を正しく行う?(2018-02-02 23:00)

虫の知らせ
虫の知らせ(2017-08-04 22:34)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:34│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。