2015年06月02日

今井雅之さん


今井雅之さんの記者会見を拝見して

人の命には限りがあるものだと改めて実感しました


天に召された今井雅之さん
今どんな思いでいるでしょう


2008年冬だったと思います

今井雅之さんがシカゴにおいでになり
"The Winds Of God"
の舞台をご披露頂きました


筋の通った迫力の演技もさることながら

舞台終了後

このアメリカで
アメリカ人を相手に
堂々と英語でおっしゃいました

世界史上最大のテロ行為は広島と長崎への原爆投下である


舞台終了後の懇親会で今井雅之さんとお会いして

"政治家も言えない誰よりも強烈なメッセージでした!"
とガッチリ握手

鋭い笑顔で
"ありがとうございます"

同学年であったこともあり話が盛り上がったことを記憶しています



アメリカ生まれのアメリカ育ちの息子がいつも言います

アメリカは自分たちの正義を貫くが
自分たちの過ちを絶対に認めない


中学・高校・大学の歴史の授業では
広島・長崎の原爆に関してたった一行しか出て来ない


限りなく触れないようにしている事実
素直に過ちであったと認めるべき事実


こんな国民に対して
真正面から声を大にして訴え続けた今井雅之さん

同世代であるだけに衝撃的な幕でした


今井雅之さんに代わって
アメリカ人に訴え続けなければ不動産




同じカテゴリー()の記事
21世紀へ
21世紀へ(2018-02-11 23:01)

気味が悪い体験
気味が悪い体験(2018-02-08 22:49)

物事を正しく行う?
物事を正しく行う?(2018-02-02 23:00)

虫の知らせ
虫の知らせ(2017-08-04 22:34)

一番嫌いなもの
一番嫌いなもの(2017-07-17 21:33)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:41│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。