2014年09月07日

やるね、錦織圭さん!



14歳から渡米して10年後
いよいよグランドスラム大会の決勝へ進出した
錦織圭さん


英語は未だにかなりブロークンですが
言っていることがメガトン級に素晴らしい



US Todayの記事から

"I hope more kids start playing tennis," he said.
"U.S. has a lot of respect for the sports, but not as much in Japan.
I hope I can make a little bit difference."




明日月曜日世界のTOPに挑戦する
錦織圭さん

そんなに興奮している時にこういう言葉が出るという事は
よほど常々感じて来たことなのでしょう


"日本人初の偉業"
大騒ぎするだけでなく

この才能に満ちあふれた日本人が
どうやって世界のTOPまで成長してきたか

日本の教育者全員が真剣に見つめ直す絶好の機会
逃さず気がついて欲しい


9日月曜日は
まず決勝でプレーしていることを実感し
心から楽しんで欲しいですね


明日は休業しないと不動産








同じカテゴリー(プロフェッショナル)の記事
お尻
お尻(2018-04-29 08:47)

敗軍の将兵を語らず
敗軍の将兵を語らず(2018-03-05 06:47)

オリンピック
オリンピック(2018-02-27 23:12)

21世紀へ
21世紀へ(2018-02-11 23:01)

本格派ストレッチ
本格派ストレッチ(2017-10-10 22:17)

Hideki Matsuyama
Hideki Matsuyama(2017-08-07 08:00)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:27│Comments(2)プロフェッショナル
この記事へのコメント
大春さん

日本男子にとっては快挙です! サッカーでも、バレーボールでも、テニスしかり、世界の舞台で日本女子は活躍していますが、男子はなかなか出てこない。英語は ブロークンでも堂々と英語でインタビューに応じているところは嬉しいですね。彼を中学生のときにフロリダに送ったのは、元ソニー社長の盛田さんのテニススカラシップがあったからです。その後も何人かの若者が盛田スカラシップで頑張っているはず。第二、第三の錦織が出てほしいですね。
Posted by Hiro Terasaki at 2014年09月11日 08:01
寺崎 さん

コメントありがとうございます!

おっしゃる通り、日本女子選手は世界で十分に勝負して来ていますね。何故日本人男子と女子の差がこれほどまでに開いているのでしょうね。

伊達さんは昔アメリカでの優勝インタビューで、「私はテニス選手なので練習が忙しく英語を勉強する時間などありません」と言い切っていらっしゃいました。それも凄いですけど。

しかし、14歳からアメリカに留学しているのに、錦織さんの英語は余りにもブロークンではないですか? 

宮里藍さんの方が上手です。


盛田昭夫さんは、私が最も尊敬する方の一人です。21世紀へという著書も愛読しております。

日本のお金持ちの方にお願いしたい、"もっと日本の若者に投資を"と。

そして日本の若者に言いたい、"アメリカにおいでよ!"と。


寺崎さん、またコメントをお待ちしております。


日本応援団不動産
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2014年09月12日 20:35
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。