2014年03月19日

30年来の友人来訪


30年来の友人が訪ねて来てくれました


彼は海外小会社
(以前わざとこう書きました)
社長というポジションで日々色々と苦労をしているようですが
その苦労を逆にチャレンジと捉えて楽しんでいる様子に心を打たれました






異文化に身を置いた時


「まじで?」
と驚き


「あり得ない!?」
と不信を抱き


「そんなの無理!」
と反発をする



あるいわ・・・



「まじで?」
の驚きから


「なぜだろう?」
と好奇心を持ち


「とりあえずやってみっか!」
と一度は現地に染まってみる




あなたはどちらのパターンですか?


最終的にはどちらも

「じゃー俺はこうしようっと!」

と自分らしい行動に出れれば素晴らしいのだと思います



"環境の変化に適応する力"

がないと生き残れないと言われますが


現代社会では
まず

"笑顔でコミュニケーション"

心を開いて
笑顔で
交流できることが一番大事なのではと思います


その友人は
就任一年もたたない内に
社内の女子会に単独参加する荒技をやってのけたそうです


究極の適応能力?

いや・・・ただの・・・



こういう遊び心こそ
グローバル化に必要な重要な要素なのでしょう



その昔落ち込んでいた部下のために
度肝を抜く誕生会を実施した不動産















同じカテゴリー()の記事
21世紀へ
21世紀へ(2018-02-11 23:01)

気味が悪い体験
気味が悪い体験(2018-02-08 22:49)

物事を正しく行う?
物事を正しく行う?(2018-02-02 23:00)

虫の知らせ
虫の知らせ(2017-08-04 22:34)

一番嫌いなもの
一番嫌いなもの(2017-07-17 21:33)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:51│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。