2014年01月12日

薬物使用



Pic by WSJ

本日のWall Street Journal Online版一面にAlex Rodriguez 2014年シーズン出場停止の記事


ご本人は未だに薬物の使用を否定しており
提訴の意向のようですがこれからどうなるのでしょうか?
ただ単に弁護士費用が凄くなるだけのような気がしますが・・・

A-RODが薬物を使用したかどうかには余り興味はありませんが
世界中のアスリートがどれだけ使用しているのか
実態は計り知れないでしょう

アメリカでは高校生でも新学年が始まる際
高校体育協会から全ての競技者とその親に対して
薬物使用に関する資料が配られ
使用しないという同意書に署名させられます

初めてその書類を見た際
その書類そのものの主旨が理解できませんでした

どのようなスポーツ選手でも
"これを呑めば体が大きくなる"
"これを使えば筋力が増す"
と聞けば一瞬は心が動くものだと思います


マスメディアではそれを使用した選手ばかり取り上げますが
私はそれを提供した側にも同等の罪があると思います


ドーピング(Doping)とは違いますが
アメリカでは相当な量のマリファナが使用されています
私の息子の通う高校でアンケートを行なったところ
87%が一度でも口にしたことがあるという結果でした

中には面白半分で回答している生徒もいるでしょうが
かなりの比率です

自分で試したことがなくても
アメリカの高校に通っていれば
それがどんなもので
どんな臭がして
どんな効果があるかは
だいたい知っています

子供とそんな話をすると
"マリファナよりもアルコールの方が体に与えるが大きい"
と学校で教わるなどと・・・


人間は弱い者です
"ヤバい"
と分かっていながらついつい


このアメリカのもう一つの特徴は
"過ちを起こしたら認めて謝れば許す"
ところです


貴方は薬物に対してどう思われますか?


今年は健康お宅不動産




同じカテゴリー(スポーツ)の記事
オリンピック
オリンピック(2018-02-27 23:12)

Ichiro・一郎・Suzuki
Ichiro・一郎・Suzuki(2017-04-19 21:36)

草野球MVP
草野球MVP(2016-10-05 20:35)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:37│Comments(0)スポーツ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。