2013年01月22日

オバマ大統領就任式



本日、1月21日、オバマ大統領二期目就任式が行なわれました。
日本ではオバマ大統領の演説は全て放送されたのでしょうか?

解説者による解釈ではなく、ご自分で訳して理解してみて下さい。
全てなくても良いです、分かる所だけでいいです、試してみて下さい。
凄く分かり易く、書かれています。

こちらをクリック > オバマ大統領就任演説




私は、締めの言葉に感動しています。

You and I, as citizens, have the power to set this country’s course.
You and I, as citizens, have the obligation to shape the debates of our time – not only with the votes we cast, but with the voices we lift in defense of our most ancient values and enduring ideals.


どこかの国家元首は、自分が国民の一人とは思っていないのではないか?と感じてしまう言動が多く見られます。
どこかの国家元首は、台本だけに目を落とし相手の目を見て話すことができません。


アメリカを美化しているのではありません。

しかし12分間のスピーチを台本(台本投映板二枚ありましたが、、、)を見ずに、国民一人一人に目を向けてあれだけ情熱を持って演説できる国家元首のいる国を羨ましいと思います。

こういう人物がリーダーである国が目の前にあるのです。


こういう人材を育成できる国を作りたいな〜と思うのは私だけでしょうか?


コメントをお待ちします。



愛国不動産




同じカテゴリー(アメリカ)の記事
日米学生スポーツ
日米学生スポーツ(2018-01-09 23:26)

謹賀新年
謹賀新年(2018-01-04 23:04)

感謝祭 - Thanksgiving
感謝祭 - Thanksgiving(2017-11-23 22:31)

奨学金制度
奨学金制度(2017-10-17 22:32)

シカゴカブス
シカゴカブス(2017-10-13 22:21)

Amazon アマゾン
Amazon アマゾン(2017-10-09 23:21)


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 04:59│Comments(6)アメリカ
この記事へのコメント
春さん

オバマ大統領2期目 世界のリーダーとして期待しています。

日本ではアルジェリア人質事件があり、オバマ大統領就任式典に関しては軽く触れられた程度です。

日本は安倍内閣になり、少しずつ変化の兆しが出てきています。こちらにも期待しています。
Posted by UNI-CON INC.UNI-CON INC. at 2013年01月22日 22:19
台本に目を落とし続けスピーチや会見を終える人に殺意を覚えます。幼い頃からそういうトレーニングを受けてこなかったと言ってしまえばそれまでですが、人に何かを伝える事の意味を考えたらまず最初に止める作法ではないでしょうか。
つまり伝えたいと思ってるわけではないんでしょうね。読めと言われた事を上手く読む事が仕事です。
スピーチ能力のみに関して言えば、日本で人前に出て喋る人達はアメリカの小学生に劣るのではないでしょうか。
Posted by 木村理彦 at 2013年01月22日 23:35
鷹さん:

アルジェリアの事件は、どんなことがあっても許せない。
親戚に日揮関係者がいるので、非常に身近いに感じています。
しかし、これに対する対処法を真剣に考えないと。

そうですね、オバマさんには大きな期待が寄せられていますね。
それを笑顔で対応する彼の優秀さ以上に、それをしっかりと支えカレ以上に努力しているミッシェルさんが凄い過ぎる。

彼女の生い立ちから考えると、「人間に不可能はない」ということをまさに実践しています。

この二人は、世界最強の"Motivater"ですよね。

学習不動産
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2013年01月23日 21:29
木村さん

まさに、読めと言われて読んでいる人達に、何を言っても無駄です。
「何言っているですか、、、XX大学XX学部卒ですよ!!!」って、意味不明な返信があるのが落ちです。

そういう人を選ばない世の中にしないとです。

まずは、投票に行かないと・・・


棄権不動産
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2013年01月23日 21:34
数ヶ月前、グローバル人材についての考察でやり取りさせていただいたテキサスの清崎です。その後も、コメントこそ残しませんが、いつもブログの更新を楽しみにしております。今回、日本のリーダーに関する大春さんの問題定義に関して、非常に興味を待ちましたので、ぜひもう少しお聞かせいただきたいなと思っております。

大春さんは、アメリカに根を張られて、おそらくこれからもご家族共々アメリカにおられるのだと思いますが、それならどうして日本のリーダーや日本の国づくりに関心をもたれておられるのでしょうか。日本が底辺国に成り下がろうが、ご自身とご家族の実質的な生活には影響はあまりないと思われます。いったい日本を思いやるモチベーションはどこから来ているのかなと、素朴しかしながら深い関心を持っております。

これは、批判や攻撃ではなく、図々しいながら、ぜひメンター的なご意見を伺えればなと思っています。と言いますのも、私もアメリカ生活を含め海外生活10年近くなります。日本人や日本企業から、常に「清崎さんのようなグローバル人材が日本を救う、、、、」を何百回と聞きました。ここ数年、私なりに日本のグローバル化に何か貢献は出来ないかと活動を起こしていますが、全く打っても響かない。たまに、「この人は何を言ってるんだろう」という邪険な反応。結局相手が本気で求めてもいないことをしても親切の押し付け、自己満足でしかないのだとあきらめ気味です。

この場は私の持論を述べる場ではないので、この辺にいたしますが、いつも大春さんがグローバルな視点と日本への愛着という微妙で難しいバランスを保たれていることにとても関心をもっております。長々と書いてしまいましたが、ぜひ、ご意見を伺えればと思います。
Posted by 清崎 from テキサス at 2013年01月28日 01:19
清崎 さま

熱烈なコメントありがとうございます。

まず、「アメリカにおいでよ!」をご愛読頂きありがとうございます。また、今回のテーマに関して興味をもって頂き嬉いです。

余りにも素晴らしいコメントなので、次回の本文で回答をさせて頂きたいと思います。

「アメリカにおいでよ」では、コミュニティーを形成したいと思っています。清崎さんのようなコメントをどんどん頂いて、色々な角度の意見を出して議論出来る「コミュニティー」としたいと思っていますので、清崎さんの持論大歓迎です!

凄く嬉しい不動産
Posted by 大春 敬/Tak O'Haru大春 敬/Tak O'Haru at 2013年01月28日 21:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。