2019年05月13日

スポーツビジネス


ちょうど1週間前大変に貴重な機会をいただき

スポーツビジネスの第一人者

Jerry Reinsdorfさんとそのご一家と会食にお招きいただきました


Chicagoには数多くのプロフェッショナルスポーツチームがコミュニティーと一体となっていますが

Jerryさんは2005年井口選手が活躍してワールドシリーズで優勝したChicago White Sox

そしてChicagoと言えばあの有名なMichael Jordanが所属したChicago Bullsの代表オーナーです


83歳になる今も聡明で

よく食べ・よく呑む

お箸もマナーも上手に日本酒を堪能されていました


実は私はJerryさんにお会いするのは2回目

12年前にシカゴ日米協会主催”Sports Business Keynote Speach”に参加しJerryさんにとても感銘を受けた記憶が強く残っています


「みなさんは日々のビジネスでCompetitors(競合)を排除し独占したいと思っていることでしょう。しかし、スポーツビジネスはCompetitionが存在しなと成り立たないビジネスなんです。」



生意気な話ですが

今まさにそう実感しています

やはりどんなビジネスもCompetitionが存在しないと健全ではないです



 スピーチの中ではスポーツ選手の報酬の高騰に関して強く発言さていらいしたので


「儲からないチャンピオンチームと儲かる弱小チームのどちらを選びますか?」


最後に思い切って質問した私に


"I'm a business man, hate to lose money!"

と笑顔でお答えになりました


野球というBaseballに似たスポーツが盛んな国とは発想が違いますね



伊藤直樹総領事に心から感謝している不動産

  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:30Comments(0)アメリカ