2019年01月29日

日本人って? アメリカ人って?


naomi O

大坂ナオミさんスーパーおめでとうございます!

きっと我々の想像を遥かに超え

本当にとてつもない偉業達成なんだと思います


その一方で

大坂ナオミさんを巡り

「日本人としてしっくり来ない」

とか

「アメリカ人でしかない」

とか

日米両方のマスメディアで物議を醸し出しています


私は一人一人の意見なので

どんな解釈があってもおかしくないと思いますが


ナオミさんご本人が日本籍を選択して世界大会に出場している以上

日本の大坂ナオミさんなんです

と思います



記者会見で

Identity

について質問をしている記者がいました


まるで世論を肩代わりするように遠回しに訳の分からない質問をし

ナオミさんも何を聞かれているのいかわからず

『それって質問ですか?」


もしも質問したいことがあれば

はっきりと思うことを質問すれば良いのです

そういう勇気すらない人間は手を挙げないで欲しいですね


ナオミさんも

「自分は自分でしかない」

とおっしゃっていて

それが人それぞれの期待する人物像とマッチしていようがいまいが関係ないのですよね


日本テニス協会が高校生のナオミさんの才能を見抜き応援をしたと読みました

素晴らしいことです


しかし日本国内で彼女がトレーニングをしてあのレベルまで達成出来る環境があるのか?

そういう視点で考えれば


錦織さんも

ナオミさんも

同じ環境で成長して来たことは事実です

違うのは

14歳までか3歳までかだけです



昨晩CNNにTrump大統領対抗馬の新星が登場しました

https://www.cnn.com/2019/01/29/politics/donald-trump-nancy-pelosi-2020-power/index.html

カリフォルニア州上院議員

Kamala Harrisさん

この方も異文化間の両親から誕生した素晴らしい才能を持った方です

お母様はインド人

お父様はジャマイカ人


大統領に立候補するからには

アメリカ人

でなければいけませんが

きっと多角的な視点を持つ素敵な方なんだと想像します

そして自分勝手で政府機能を停止させてしまうような大統領を倒して欲しいですね



これからは

さらに様々な価値観

もっともっと多様性に富んだ社会に期待する不動産

  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:10Comments(0)アメリカプロフェッショナル

2019年01月17日

シカゴオヘア新空港


オヘア空港を一新するらいしいです

どんな風に?

こんな風に、、、

https://www.chicagobusiness.com/opinion/our-take-designs-new-ohare-terminal?utm_source=cred-thursday-alert-dealmaker&utm_medium=email&utm_campaign=20190117&utm_content=article4-image

皆さんはどのデザインがお好きですか?


Santiago Calatravaに一票・・・不動産  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:00Comments(0)不動産(商・工業)シカゴ

2019年01月11日

日本のパスポートが世界一に!





本日CNNニュースです

https://edition.cnn.com/travel/article/henley-index-world-best-passport-2019-intl/index.html?sr=LINECNN022718undefined1052AMStory


日本のパスポートが世界一に返り咲き!



以下2019年のトップランキングです






日本のパスポートって世界190ヶ国もVISA無しで行けるですね

これは物凄く素晴らしい事ですよ!




ちなみにワーストランキングは以下です





こういう国に生まれた人は本当に可哀想ですね



先日ある方がこうおっしゃていました


「日本人に生まれて良かった!

なんて子供の頃考えもしなかったけど

でも今はそう実感するな〜」


皆さんはどうですか?

実感しますか?


常に幸せいっぱい不動産  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 19:46Comments(0)頑張れ日本!

2019年01月07日

スポーツ全国大会


昨年ある特別な縁があり

生まれて初めて春の選抜高校野球観戦のため甲子園に行きました

甲子園球場は想像を遥かに越え

圧倒的な雰囲気のある貫禄の球場であり

溌剌としたプレーの伝統ある高校野球に心から感動しました


花園は訪問したことはありますが

高校ラグビー全国大会には

出場したこともありませんし

観戦にも行ったことがありません


きっと野球同様の感動があるのでしょう



第98回大会を迎える伝統ある全国高校ラグビー大会

今年の大会をTV観戦していて

日本全体のラグビーを強化するためには

100年前とは異なるアプローチが必要なのではないかと感じました


先ず都道府県対抗形式廃止はどうでしょう?

県対抗は国体で行い

全国大会は純粋に地域に関係なく強いチームが出場して競争するのが良いと思います



強豪校が多い大阪の出場枠は三校

学校数の多い東京の枠は二校

という特例も導入しましたが



各県で参加校の数が違うだけではなく

競技人口や競技レベルが大きく差が出てきました


県外・海外からの留学制度も普及し

強化しているチームとそうでないチームとの差は大きく開いてきています

全国大会の一回戦や二回戦で100点ゲームが発生しているのは事実です



全国大会は地域別の不運や偶然に左右されず

強いチームが出場して戦う方が日本全体の強化に繋がると私は多います



Eddie Jonesさんが言う

「選手がより成長するにはどれだけHigh Intense Gameを経験するか」

これは代表はもちろん大学や高校でも同様だと思います



現在の県予選だけでは

High Intense Game

は上位チームとの戦いだけになってしまいます


各地で強い思いはあることでしょう

しかし

日本代表が強くなるためには

高校・大学から代表強化へ向け一眼となるべき時かと思います


Rugby World Cup Japan 日本 2019

この成功も大事ですが

それ以上にこのワールドカップを起点に

来年以降のラグビー人気をどうやって高めていくか?

それは全国のラグビー関係者が一丸となって代表の強化に協力することだと思います



大学各地のリーグも同様です

対抗戦・リーグ戦はおろか

関西リーグとか九州リーグなんていう括りは

時差もない狭い日本では意味をなさない時代になりました

全てを一つのリーグにして

アメリカのカレッジフットボールのようにポイント制度を導入して全国ランキングを作成し

そのランク内で対戦をしていくことで

High Intense Gameを増やすことが出来るようになります



リーグ戦では見ませんが

対抗戦で多発している下位チームとの100点ゲームは

時間とエネルギーの無駄です



選手寿命が短いラグビーは時間は限られているので

極力無駄を省いて

High Intense Game

を増加させることを願います


そして日本を1日も早く・そして長く

Tier One Team

にしましょう!


花園大会を観戦していて

U18でこんなに才能溢れる選手が多くいる日本

Tier One

にならない手はありませんよね



高校ラグビーの感動と感激から将来を強く感じる不動産













  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 02:43Comments(0)スポーツ頑張れ日本!

2019年01月03日

2019年仕事初め

皆さま新年明けましておめでとうございます


2019年ワールドカップイヤー

ラグビー屋のみなさんはバリバリ盛り上がる一年


どこまで一般ピーのみなさんに火をつけられるか?

ラグビー屋全員の使命ですね



アメリカで迎える新年

今年で24回目


アメリカには新年を祝う習慣はありません

流石に1月1日は祝日ですが

みんな普通に2日から出勤します


日本人である私は

未だに三ヶ日くらいはゆっくりしたいと思い

未だに違和感がなくもないですが

昨日2日仕事初め

いつも通り出勤でした




お客様との重要会議の準備で緊張気味?



日本人は必ず丁寧に新年の挨拶を交わしますが


アメリカ人は別に!? って感じで

Happy New Year!

挨拶する人もしない人もいます


去年がどうだったとか

今年どうしようとか

言う人もいなくはないですが

ちょっと余所行き的な会話になります


私は日本人ですから必ず

どこで誰にでも

Happy New Year!

と挨拶します



ここで豆知識

アメリカ人は

Happy New Year!

挨拶されたら何と返事するでしょう?


もちろん

Happy new year !

と返す人がほとんどですが


基本は

先ず


Thank you !


っで

Happy new year to you too!


ですかね



日本人で


明けましておめでとうございます


と言われて


有難うございます


と応えたら

はっ?

ですね


今年も皆さんにお話のネタを振り撒きますので

何卒宜しくお願い申し上げます



皆さまのご無事とご多幸をお祈りしております


今年は違うぞ! と去年も言ってた不動産  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:22Comments(0)アメリカ

2019年01月01日

クリスマスプレゼント


アメリカではクリスマスがお正月みたいなもので

全てのスケジュールが24日までに完了するようなイメージです

26日以降年末まで休暇の人もいれば

暦通り勤務している人もいます


我が家はキリスト教ではないのでクリスマスを祝うわけではありませんが毎年プレゼント交換はします

今年は息子が初任給でこんなクリスマスプレゼントをくれました



実はつい最近日本の親友の家でGoogle Homeを使っているのを体験して凄く興味があったのでビッタシのタイミングでした

凄い時代になったものです

音声で全ての操作が可能であり

ウェッブ検索も音声で行うことができます

詳しく調べてみると

使うたびに学習していくそうです

ユーザーのデータベースが積み上がって行くのでしょう



先日Mentorのお一人からEdward Snowdenの本をいただきました

「監視大国 日本を語る」


大量監視に関する専門的な見解が書かれています

「監視プログラムは法秩序だけでなく文化までも変えてしまう」

「利用の是非は国民的議論で決定すべきで政府だけで決めていいものではない」


国民一人一人のプライバシーを守るためには

情報の提供を断つことしかありませんが今の社会それは極めて難しい

最近のSmart PhoneやPCのアプリは必ず位置情報やアカウント情報をリンクさせて来ます

サービス提供側の主張は利用者に便利が良いからという理由ですが

実際は利用者の行動情報は大量・個人監視プログラムに有効なデーターとなるわけです


息子からのプレゼントGoogle Homeを使い始めたばかりですが

我が家の興味や行動パターン情報を逐一入力しているようで

よく考えてみれば君が悪いですね


そしてこれがもしも勝手に会話を盗聴できるとしたら・・・

それこそなにもかも丸裸です


弊社は全てのファイルをクラウドで管理するようにしていますが

個人的には未だにアナログのノートやPlanner - 特にここ10年ある企業のものを使用してきました

実は今年その企業が複数社で合併してしまったので来年からもう手に入らなくなってしまいました

まーいい機会なので自分で作るしかないかな?っと思っています


国会で野党が議論を仕掛けてきた一連の不正?改ざん?隠蔽?問題より遥かに大事な

複数国家が連携した大規模監視プログラム

Snowden氏が暴露したにも関わらず話題にならないのはなぜでしょうか?

何か強い力が働いていますよね?



自分でどうにもならないことは別として

来年は色々な面で少しずつ新しいことにチャレンジしようと思います


2018年みなさまには「アメリカにおいでよ」ご愛読いただき有難うございました

来年も引き続きよろしくお願いします!

2019年

皆さまにとって輝かしく・幸せに満ちた一年でありますように

心よりお祈り申し上げます



2019年三つ新たなチャレンジ不動産















  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 03:40Comments(0)アメリカ気をつけて!