2018年07月09日

Fundraising Event - 資金調達?


この週末今シーズンお手伝いをしている

Illinois U19/U17 Rugby Team "Tornados"

Fundraising Event

が行われました


日本ではまず見ない光景だとおもいますが

資金に乏しいクラブチームはもちろんのこと

アメリカではMiddleschoolでもHighschoolでも「部活」の活動資金を集めるために色々なイベントをします


よくあるのが学校の駐車場を利用しての”Car Wash”や”CookieやChocolates”の販売

単に寄付を集めるのではなく

何かの”Value”を提供して代償をいただく方法が多いです


TornadosのFunraising Eventは

Rugby 7's Tournamentでした


Chicago Blazer Rugby ClubのFieldとClub Houseを借りて

Highschool Dividisionで16チームが集合し4つのブロックに分けて総当たり予選を行い

Topチームだけが準決勝 → 決勝と闘います


今年はEnglandからConsettという遠征チームが参加し

アメリカ人の選手には素晴らしい刺激となり

結局本場イギリスのチームが優勝したのです


我がTornadosはブロック優勝しSemi-Finalに進みましたが

このConsettに破れベスト4で終了


今回は試合の話よりもFundraisingのお話を中心にします


こういうイベントでどうやって資金を集めるのか?

1  参加チームはイベントのエントリーフィーを支払う − グランド使用料やレフリー費用などに当てます

2  駐車料金を集めます − 選手もコーチもそこに来る人はすべて払います 

3  食べ物飲み物を販売します − 食べ物は現地でホットドッグとハンバーガーを焼いたりスナックなど


すべて選手の父兄やコーチの家族がボランティアでイベントをサポートします

最終的にどれくらい収支があるのかは私は知りませんが

少なくとも来シーズンに向けてのジャージや用具ぐらいは購入できるのではないかと思います 


スポーツクラブを運営するには資金が必要です

資金難を理由にするのは逃げであり集めれば良いのです

是非みなさんも参考にされてください



ちなみに、、、、Fundraisingを辞書で引くと資金調達とありますが

なんとなく意味合いが違う感じがする不動産




  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 19:58Comments(0)アメリカ教育文化