2018年06月17日

ズル込み

久々の真夏日

シカゴの郊外で土曜日朝から

ズル込みされました


久々に天気が良い週末

CostCoのガソリンスタンドが大行列


これから高校ラグビークラブチームの試合観戦のため

遠方に行くのでガソリンを入れようと並んでいたところ

後からゆっくりと間をすり抜けて

少し古めのレクサスが追い抜いて行きました


なぜ?

諦めたの?

なんのことはない

ズル込みだったのです


急いでるわけでもなく

世の中にはくだらないことで得したと

勘違いする人間がいるのだなぁと

どんな奴が降りてくるのかと余裕で見ていました

がなんと降りてきた人は相当なお年寄りの男性でした


みんなが行儀よく我慢強く並んでいるのにもかかわらず

わざわざこのような

ズル込みをするお年寄りは

今まで一体どんな人生を送ってきたのでしょう


車に降りて行って説教でもしてやろうかと思いましたが

逆にその人の人生が興味深くなり

こういう人は毎日どこでも周りの隙を見つけて

ズルをしているんだろうなぁと想像してました


私がアメリカに赴任してきた1994年頃は

どこの地方でもアメリカ人の運転マナーは良く

心に余裕のあるものでした

ところが特にここ10年くらい

情けなく悲しい位せこい運転をする人

せっかちな運転をする人

荒い運転をする人が増えたように思います


これは時代の背景なのか

ITテクノロジーのせいで

みんながせっかちになってきたのか

忍耐強くなくなってきたのか

心に余裕がなくなってきたのか


何でもかんでも周辺環境のせいにしてはいけませんが

やはり人間は習慣が人格を作ると思います


日ごろからより

正しい習慣に基づいて生活をし

いつまでも心清く正しく生きていきたいものだなと

ズル込み爺さんのお陰で

土曜日の朝から考えさせられました


ズル込み爺さんに感謝する不動産
  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 12:19Comments(0)アメリカ

2018年06月05日

コーチング


実はこの春シーズン

アメリカ高校生クラブラグビーのコーチを

手伝うことになりました


そこでUSA Rugbyよる

Level 200の資格を取得するため

週末9時間の講習を受けて来ました


20代に母校のコーチをやりましたが

本格的なコーチングの指導を受けたことはなく

当時は自分の成功体験を選手に伝えただけでした


今回論理的に構造的なプロセスを用いて

多くの要素を実技を交えて

コーチングを教わって来ました


14名で受講したコーチングセッションで

何度も繰り返し質疑応答が行われます

これはスポーツコーチングだけでなく

ビジネスでも非常に重要だと再認識しました


その質問は

理解度の確認

新しいアイディア

自分自身や相手への評価


つまり

“Oepn - Ended Questions”

でなければいけません


「はい」

「いいえ」

だけ答える質問ではなく


必ず選手の言葉で

コーチの言葉で


理解したことを繰り返し

疑問点を明確にし

新しい意見を聞く

自分の評価し

相手の評価もする


「何が良かったか?」

「何が上手く行かなかったか?」

「明確な点は?」

「不明確な点は?」

「次にやる時はどう工夫するか?」


これを選手とコーチと相互通行で話し合うことを

何度も繰り返し強調されます



当日指導員に対しても

評価者が付いていました


つまり指導しながらも

そこでコーチングが行われています



日本ではスポーツコーチングのあり方が

社会的問題発展しています


「パワハラ・セクハラ」

これはスポーツの世界だけでなく

職場でも

一般社会でも

日々直面している問題だと思います


皆さんも是非

“Open-Ended Questions”

を実践してみてください


スポーツだけでなく

職場でも

家庭でも

友達同士でも


相手の意見を聞いて

自分の次のアクションに活かす


コーチであろうが選手であろうが

上司であろうが部下であろうが

親であろうが子であろうが


それぞれの目標を明確にし

それをどう達成するか話し合い

節目毎にお互いに理解度を確認し合い

次のアクションに活かす

全て同じことですよね


「初歩コースとは言え馬鹿にしちゃ〜いけやせんぜい」


これからは必ず

“Open-Ended Questions”

と決めた不動産




  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 19:52Comments(0)アメリカスポーツ教育