2018年03月05日

敗軍の将兵を語らず

先週のマッチですが

Six Nations 第三節

予想を大きく反して

ScottsがEnglandを破りました

それも前半は結構差が開きました


正直初戦Walesとの戦いとはまるで違うチームのよう


Eddieさんもおそらく

かなり驚いたことでしょう



しかし予想外の敗戦後インタビューで

どう出るか楽しみでしたが


いつも変わらず素晴らしいコメントでした


https://youtu.be/MVBMmH5mOb8


先ず対戦相手のScotlandのパフォーマンスを褒め

自軍の非は全て自分にあるとはっきり言ってます


“We were not good enough.”


この潔さ

素晴らしかったです



契約金は75万ポンドのEddieさん

相当自信があるのでしょう



ちなみにオリンピック金メダル報奨金が

500万円の国では理解出来ないでしょうが


Englandラグビー代表選手は

一試合出場の報酬は22千ポンド

これにプラスして戦績に応じたボーナスが出るそうです



ラグビーを普及させるには代表チームが勝つことが一番


鶏が先か卵が先かではなく

勝利が先です


オリンピアン達が口を揃えて言いますね

「私たちが勝たないと竸技が忘れられてしまう」


しかし勝つためには

資金が絶対に必要なんです


なんかお役に立てないか不動産

  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 06:47Comments(0)プロフェッショナル