2017年10月17日

奨学金制度




グローバル化

グローバル人材

グローバル企業


新聞紙面専門誌等で必ず目にする言葉です


昨晩日本の自民党安倍総裁の選挙放送を拝聴しました


高校教育の無償化を推奨し

これからの若い人材の教育育成を強調されていましたが


ただ単純にアメリカの制度を模倣するだけでは危険だと思いました


アメリカでは小学中学高校まで無償で教育が受けられます

しかしそれは公立学校に限定され

アメリカでも私立は有料です


アメリカの公立学校はすべて地域の不動産税によってまかなわれています


ですからどの地域にあっても

その地域の不動産税を支払っていれば

地元の公立高校に入学できます

アメリカには公立高校の入学試験はありません


中学生の学力テストがあり

高校入学後各教科別に学力レベルに合わせた授業が行われます



またすべて地域の不動産税によってまかなわれているということは

地域によって教育予算が大きく異なり

高級住宅街にある公立中学や高校の教育レベルはどんどん上がり

その逆の地域の教育レベルはどんどん下がっていくと言う実態があります


でもアメリカはそーゆー方針の国なのです

格差をつける国策なのです


ただしオバマ大統領夫人ミッシェルさんのように

貧困地域出身者であっても

成績が優秀であれば

無償で世界最高レベルの大学教育を受けることもできます

奨学金制度の裾野がものすごく広く分厚く存在しています


日本もグローバル化を訴えるならば

高校教育を無償にすることも大事ですが

大学教育への奨学金制度を充実させる方が

重要なのではないかと思います


特に海外留学に適応する奨学金制度を

もっともっと充実して欲しいと願うばかりです


格差社会を推奨しているのではありません


アメリカの様に

格差を乗り越える制度を充実させる

学生一人ひとりが自ら選択出来る制度を

国が促進することを願います



完璧な制度などありません

どの仕組みも良し悪しが有ります



大事なことは選挙のためではなく

国の将来のために

考えて

実施してもらいたいです



世界で一番格差のない国を作れた日本人

もっともっといい国が創れるはずです



落ちこぼれ出身不動産  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:32Comments(0)アメリカ

2017年10月13日

シカゴカブス



ナショナルリーグプレーオフ第5戦

両チーム総力をかけた戦い

シカゴカブスが勝利を収めました


これで3年連続ナショナルリーグチャンピオンシップファイナル進出です


昨日は近所の友人宅で仲間と観戦

とられてとって

とってとられての接戦に

一喜一憂大盛り上がり


しかし野球とBaseballは違う

アメリカではどんな場面でも初級から積極的にガンガン振ってくる

そしてピッチャーも初級からガンガン攻めてくる


野球だったら一球目は待てとか

まずはボール玉を投げてみろ

みたいな心理戦が展開されてると思います


私が1番好きな選手

Javier Baez

彼の満振りは有名です


昨日もとてつもない玉を空振りして三振してました


Madon監督いわく


Javierの最大の長所は

全打席悪いことを一切覚えていないこと


日本的に言えば反省しない男と言うことになるでしょうが

それはそれで素晴らしい特徴かと思います


このポストシーズンまだ1本も人が出ていませんが

最後まで満振りを続けてもらいたいと思います


昨日もその満振りから

振り逃げ暴投で逆転したわけですから


昨日話題に出ましたが

つい先般までシカゴに在住されていたお友達の息子さんが

秋の大会で優勝され

来年の春の選抜高校野球に出場すると言う大ニュースが流れました


満振りとは言いませんが

彼にも是非120%で思いっきりプレイして
ほしい


失敗しない人間なんて絶対いない

後悔のないよう

迷いなく

思いっきりいってほしいと思います


Go KomaToma!
Go Cubs!


リーグ戦グループ優勝決定戦
一つのパスを今でも悔やむ不動産  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:21Comments(0)アメリカ

2017年10月10日

本格派ストレッチ



先日生まれて初めて本格的なスポーツストレッチを受けました


自分の体が硬い事は百も承知でしたが

一応週末のラグビー遊びや

定期的?なジム通いで

55歳にしては結構イケてるかなって言う期待を抱いて挑戦


ところがところがところが

ギッチョンチョン



今回ストレッチを担当してくださった

若くはつらつと元気いっぱいの日体大系トレーナーに

先ずは各部位の柔軟性チェックをしてもらうと

「硬いっす! 」

の連発



その後肩上半身背中お尻足ふくらはぎ足首に至るまで


ガンガンに

引っ張って押して回して伸ばしてもらい



全身伸び伸びっぽくスーパー気持ち良かったです


今まで

怪我が多かったのも

ドライバーが飛ばないのも

全て身体の硬さのせいだと痛感



健康的でカッコいいトレーナーのおかげで

改めてストレッチに目覚めました


それ以来朝晩ストレッチするも

まだまだ

「硬いっす!」



身体も頭も柔軟性大幅欠如不動産
  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:17Comments(0)プロフェッショナル

2017年10月09日

Amazon アマゾン


一ヶ月前にAmazonが本社移転の発表をしました


シアトルのとっては強烈なインパクトです


気になる候補地は?


Chicagoは第二候補だとか


Boeingに続きAmazonも

SeattleからChicago移転となると


Seattleか訴えられそー?



でもAmazonは絶対Chicagoに来るべきです!

何故?

こんなに便利で

こんなに美しく

そしてなんと言っても生活コスパが全米でも最高レベル!


シカゴ良いと一度はおいで♪


どちらしろ直接インパクトは全く無い不動産  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:21Comments(0)アメリカ

2017年10月07日

健康診断



持つべきものは「友」と昔からよく言いますが

それを実感することが最近ありました


昨年は中学野球部チームメイトで最大の信頼を置く四番バッター

主治医安藤医師に健康診断をしてもらい

* この形容詞は四番バッターにかかるのではなく主治医にかかっていますのでご注意を


今年は安藤医師からの推薦で同じ中学の同級生酒井篤医師に健康診断をお願いしました

今回訪れた八丁堀3丁目クリニックの酒井医院長との再会は

もしかすると中学卒業以来だっかかもしれません



先ずネットで診察予約を入れました

その返信が

「大春様、八丁堀3丁目クリニックの酒井です。 って言うか、大春久しぶり!」

この辺から中学時代にグルグル巻き戻しされ

クリニックで会った時

アメリカ人張りの

”Big Hug”

で出迎えてくれたのにはビックリ仰天



こうまで歓待されると

物凄く嬉しい気持ちが溢れてきます


中学卒業以来ぶりに会った酒井篤が

大変立派な医師の酒井篤が

丁寧に診察をしてくれました


昨年安藤聡一郎医師に診察をしてもらった時も同様でしたが

友人に診てもらうと

微塵の疑いもなく

全てを信じられるので良いものですね〜


この懐かしくも

現在イカシタおっさんになっている姿をみて

言葉では表現できない

なんとも言えなくいい気分になる感覚


人生っていいですね〜


少し望郷の念不動産  
タグ :人心


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:28Comments(0)仲間