2016年05月30日

不調からの脱出



何事も不調に陥った時

良かった時を思い出し戻そうとする

原因を追求する前に

「こんなはずじゃない」

と自分の成功体験に基づいて「過去」に戻そうとする


ところがそう簡単には元に戻らない



思った通りいや思い込んだ通りに後戻りしないと

人に相談する

相談とは新たな発見を求めるよりも

自分の考えに同意してくれる人を探していることが多い



不調の時こそ

外から自分を見つめ直し

全く異なる視点から

新たな手法を試してみると

新たな発見に出会える・・・かも



新たな発見を待ちわびている不動産


  
タグ :挑戦


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:41Comments(0)教育

2016年05月24日

旧友は?

旧友を暖める?

ではなく


旧交を温め合う?


が正しいのですね



私は

「旧友は暖まる」と表現したい




連日真夏日だというのに

さらに「暖まって」いる不動産  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 08:38Comments(0)コンサルティング

2016年05月11日

セミナーラッシュ!

本日帝国ホテルにてテネシー州投資セミナー開催

竜爺校長先生ことJetro眞銅理事とBill Haslam知事にお会いして来ます

楽しみですね~


来週はイリノイ州投資セミナー開催

17日 大阪商工会議所
18日 名古屋商工会議所
20日 東京八重洲

毎年恒例WHITE CUBEも登壇しますので是非是非おいで下さい!


あがり症不動産
  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 06:39Comments(0)コンサルティング

2016年05月07日

影法師

影法師を読み終わった時


何故百田尚樹さんはこの題材で書こうと思ったのか凄く興味を持った


結末を読んだ後で書き始めを再び読みたくなる構成

映画の様

御見事



ふと思った


この題材こそ今の日本国に一番必要な要素なのかもしれないと


もしかして百田尚樹さんは自ら演じているのか?



世の中には奥深い人がいて欲しい



本人に会ってみたい不動産
  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:36Comments(0)

2016年05月05日

身分制度


今百田尚樹の影法師を読んでいる



男同士の友情を描いた時代劇を楽しんでいるが

つくづく「身分制度の時代に産まれなくてヨカッタ」と思う


どんなに優秀でも身分の枠をを超えることはまずない

恋愛など当然御法度

友人同士も身分によって付き合い方に制限がある

それって厳しいな~



いや待てよ?


昔ほどではないにしても

今も実感する時がないか?


いやあるな〜

上から目線を感じる時が



相手の立場を確認してから自分の立ち位置を決める人もいるな〜




天は人の上に人造らず人の下に人を造らず



色々な立場を経験しないと見えないことがある



先生とは絶対に呼ばれない不動産
  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:25Comments(0)

2016年05月04日

誤解


生きていると色々な場面で誤解をします


誤解を招く言動によるものよりも

自分が勝手に思い込んでしまうことの方が多いかも


偶然の成功体験から「これぞ答えだ」と信じてしまうこともあります



昨日2つの誤解が解けました

一つは前者

もう一つは後者



前者はお客様にご指摘をいただき解けました

大変にご迷惑をおかけしました



後者は若き専門家に指導を受け今までのパラダイムを根底から変換されました



結局自分の目で見える範囲など極めて狭いことを痛感



深く反省不動産
  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:18Comments(0)気をつけて!

2016年05月01日

定期人事移動

世界を見回して唯一日本にだけある習慣は沢山あります

その一つが定期人事移動という制度

他の国の企業にはありません



企業が競争力を高めながらも

社員の満足度を上げて行かなければ生き残れない時代が来ています


それを達成するには

投資対効果を良く考え定期人事移動制度を廃止するべきでないかな?って思います



当然人材育成・エリート教育・適材適所の移動はありです




変わるかな?

変わらないかな?



心から期待する不動産
  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:12Comments(0)文化