2015年04月12日

大崎の大ママ


100歳以上の人口が6万人に達する勢いの日本
なんとその内87%が女性だそうで

こんな国で祖母の100歳誕生日は珍しいことではないのかもしれません


しかし私にとっては
祖母坂東はなの100歳誕生日はこの上ない永年の楽しみでした


ちょうど百年前第一次世界大戦が勃発した1915年
大正4年4月25日に生を受け

芝区白金三光町で育ち

三田高等女子学校卒業後

17歳で私の祖父である坂東浜吉に嫁ぎました


直ぐに長女(私の母)が誕生
当時としては少な目ですが3人の子供に恵まれ

41歳の時に初孫が誕生し
それ以来ずーとおばーちゃん(我が家では大ママと呼びます)を59年も続けて来たのです


55歳で未亡人となり

60過ぎから始めたゲートボールにはまり

90歳までコーチをやり
曾孫とお手洗いに小走りするほど頑丈で

大病もなく

一度もボケず

しっかりとした美しい笑顔でいつも我々を迎えてくれた大崎の大ママ


99年11ヶ月9日目
その美しい笑顔のまま永眠されました


後二週間ちょっとで100歳を迎えることができた
ここまで元気で頑張って来たのですから
100歳をお祝いをしようと思います


今思えばアメリカからサプライズ登場する企画ではなく
事前に日にちを伝えておけば本人のモチベーションも上がったのかな
・・・と後悔をしながら


いつも穏やかで美しい笑顔の大崎大ママに敬意を払い
身内ネタで恐縮ですが
ブログに掲載をさせて頂きました



大崎大ママの100年の人生はどんなものだったか
いつかあの世でお会いした時に聞いてみよう不動産


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:28Comments(0)

2015年04月09日

教科書に記載すべき事実


市丸利之助海軍中将からルーズベルト大統領に宛てた手紙

中学の同級生がFacebookにアップしてくれたので
初めてこの事実を知りました

真下ありがとう!



まさにこれが事実だとしたら
こういうことこそ教科書に掲載し教育の題材として使用すべきだと思います

You Tube版を御覧ください




私がここで申し上げたいのは

ここで市村利之助さんが述べている内容が事実であるか否かではなく


硫黄島の戦いに際し

当時市村利之助海軍少将が敵国アメリカ大統領宛に
日本語と英語での二通の手紙を用意し
それが思惑通り敵国アメリカ側に渡り
この手紙がアメリカの新聞に掲載され
今も海軍兵学校に展示されているということが
事実であれば
(私自身はこの新聞も読んでいませんし
海軍兵学校にも確認に行っていないので
この記載の事実確認はできていません)


それこそ事実確認の努力をしてでも
文科省は教科書に掲載すべきだと思います


生徒や学生に対して

こういう考えを持ち
こういう行動に出た日本軍人が存在したということを
教科書を通じて教える必要があると思うからです


もう一度確認のために申し上げます


第二次大戦や日本軍の行動に賛同しているのではなく
市丸利之助さんの行動

日本人士官が敵国の大統領宛に手紙を書き
自らの意見を主張をした

こういう行為をみんなで議論して学ぶべきであると思います


私は個人的に市丸利之助さんを日本人の誇りと思います


右翼でも左翼でもなく日本人の真ん中不動産

  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:44Comments(0)やるぞ日本!

2015年04月04日

国境の街


普段は皆様の想像を掻き立てようと
あえて写真を使わずにブログを掲載していますが
これこそ写真でしか説明できないので、、、


仕事でLaredo Texasを訪問して来ました

皆さんどこにあるか分からないでしょうから写真でご紹介します
青い点のところです



貨物が渡る橋は物凄く厳重な警備で厳格な管理が行われています






上から見るとこんな感じです

ぼだ



ところがどっこい
その橋から少し離れるとこんな景色




川の向こうがメキシコです
人もよく見えるし話すら出来そうな距離

それこそ投げても
蹴っても
打っても届きそうな距離


ここでは
不法入国者を
"Wet"
と呼ぶそうです



しかしこれを見ると一目瞭然


アメリカとメキシコは
不法入国者は
"少しはまーいいっか"

でも
"密輸品は絶対許さねー!"

ってな感じですかね?


国境の見えない日本ではなかなかイメージ出来ない感覚ではありませんか?



この街
どこに行ってもどんなお店でも
皆スパニッシュで当たり前のように話しています
ここでは英語は聞こえません



でも・・・
英語で話しかけられて良かった不動産



  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 11:11Comments(0)アメリカ