2015年01月31日

シカゴカブス日本人球団職員



先日シカゴ古株仲間と
この大変興味深い方を囲み
シカゴ一の広東料理を楽しみました




Nao Masamoto
Major League Video Coordinator
CHICAGO CUBS


このBusiness Card (名刺)を頂いたのは
34連勝という偉業を達成された田中将大投手が
交流試合CHICAGO CUBSの本拠地Wrigley Fieldで登板した5月20日
それも試合前の練習中グランド内でした



シカゴ在住の親友から
「マー君見に行こうぜ!」
という話にが飛び込んで来て


「ヤンキースの試合前練習から見に行こうよ」

CUBSの試合は何度か観に行ったことがありましたが
試合前の練習から行ったことはなかったので
マー君やイチロウさんも勿論ですが
今シーズン限りで引退するDerek Jeterの姿も見られると
張り切って早めに球場へ


Batting cagesの真後ろでJeterと30CMの距離に急接近して大興奮している息子をよそに
私はCUBS Dugout横でNAOさんに初めてお会いしました

*ちなみにCUBSのHome Benchは三塁側です



固有の長い歴史を持つ日本からみれば
アメリカには文化がないと良く言われます

歴史の浅いアメリカにおいては
この"Baseball"が強い文化の一つです



MLB全ての試合七回の途中で必ず歌われる歌
"Take me out to the ball game"


Take me out to the ball game,
Take me out with the crowd;
Just buy me some peanuts and Cracker Jack,
I don't care if I never get back.
Let me root, root, root for the home team,
If they don't win, it's a shame.
For it's one, two, three strikes, you're out,
At the old ball game.

*皆さんも観戦時には是非ご一緒に!



ここにありますように
"The Ball Game"
とは"Baseball"のことであり
今絶大なる人気のある"Football"ではありません

つまり"Baseball"はアメリカ人の文化のど真ん中なんです



その文化の真っ只中
それも145年の歴史を誇るこのCHICAGO CUBSに
8年も勤務している日本人
NAOさん

日本人にとってもアメリカ人にとっても
とても魅力的な人物です



NAOさんは日本生まれ
日本の高校卒業後
The University of Massachusetts Bostonへ進学
そこで4年間"Baseball"に打ち込み
二年間キャプテンを務めたそうです


Profileはこちら・・・
http://blog3.mapleleafjournal.com/?eid=25



その後IntershipでMinor Leagueから経験を積み
今ではMajor Leagueで勤務をしています



アメリカ文化のルーツである
"Baseball"
その頂点にある
Major Baseball League = MLB


皆さんも御存知の通り
そこで選手としてプレーし続けることの
難しさ・偉大さ
はダルビッシュさんが工藤さんとのインタビューで切実にお話していましたが


そこで働き続けることも
選手同等いやそれ以上に困難なことであるかもしれません

選手は複数契約かもしれませんが
職員は常に一年契約だそうです



こういう日本人がいるということが嬉しくて
またこういう日本人を誇りに思い

そして何よりも
単年度契約で勤務しているのにも関わらず
それはそれはとても楽しそうでした


10人十色の人生があって当たり前
でもその中でやりたことをとことんやっている人はどれだけいるでしょう?


やりたいことを思いっきりやっている
NAOさんのような人こそ
若い人が話をすべき相手だと思いました


セミナーや講演を企画している皆様へ
是非NAOさんの講演を拡散してください



実は私も来週
アメリカラグビー協会の方とお話する機会があります

何か新たなことができればいいな〜




やっぱりスポーツだよ不動産




  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:52Comments(0)

2015年01月26日

なぜか涙が、、、


普段余り見ないYou Tube

現在オーストラリアで奮闘している
錦織圭さんの
インタビューを探していたところ
なぜかこの感動的なビデオに出会いしました


お時間あれば御覧ください



なぜでしょう
彼の歌を聞いているだけで
涙が湧き出て、、、


人間とはどんな才能を持って生まれてくるのでしょう?
そしてその能力はどういう環境が育むのでしょうか?

十数年の人生経験から
ここまで心に触れる歌を歌えるのか


この後いくつかTeenagerの歌を聞きました
どれもなぜか涙が流れます
なぜでしょう?


そしてそこに出てくる才能豊かな子どもたちは皆
英才教育という大人が考える環境からかけ離れているに見えます


我々大人が子供達とどう接し
どう向き合って行くのがいいのか?
何か勘違いして来たことに気が付きそうです



そして
才能ある純粋な子供達を
ビジネスという名の魔物が
変貌させ過ぎないことを祈ります


日曜の朝から
とても透き通った感覚不動産

  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 00:13Comments(0)

2015年01月07日

松山英樹さんの決断


「黒田博樹さんの決断」
の投稿に3000近いヒットがありました

ありがとうございました


それ以外の投稿はいつも通りの数でしたが、、、


今回は先日発表された
「松山英樹さんの決断」
について



松山英樹さん素晴らしい!
よくぞPGA専念の意思表示をしてくださいました


3年前にこのブログで石川遼さんに
この決断をして欲しいな〜
と書きましたが


石川遼さんは未だに中途半端な状況で
非常に残念です



今回松山英樹さんは
日本ゴルフツアー機構のシード権を放棄して
選手登録も抹消


素晴らしい判断です


私がこう言うと日本のみなさんは
"アメリカかぶれは何でもかんでもアメリカ第一主義だからね"
とおっしゃるでしょう


残念ながらこの国はスポーツでもビジネスでも世界一なんです


常に最高の場を求めて世界からトップを目指す人が集まり
強烈な競争社会のなかで切磋琢磨しているのです


錦織圭さんの大成長を見ても明らかです


この松山英樹さんの決断を受けて
日本ゴルフツアー機構はどういう対応をしてくるのか?

非常に興味深いですね


そして強い意思を持った松山英樹さんには
思う存分活躍をして頂きたいですね


そのためにアメリカの日本人コミュニティーは総出で応援をしないといけません
日本人の結束力を見せる最高の機会です


是非Mastersで優勝してもらいたい
US Openで優勝してもらいたい
PGA Championshipで優勝してもらいたい



Jack Nicklausがこんなコメントを言っていました

"I think his size is larger than most of your Japanese players.
He has the ability to be able to play golf courses well within himself
and doesn't have to push for distance and strength."


日本人で始めてメジャー大会で優勝する素質のある選手という意味です


石川さんは体ができていないとJackは言っています



そして
その素質を全面に出して
日本人で始めて
PGAに骨を埋め
メジャーで勝つためには


世界のトップキャディー
世界のトップコーチ

と組むべきだと思います



是非圭さんを参考に



今年は松山さんを応援に行くと決めた不動産







  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:04Comments(0)アメリカ

2015年01月05日

映画:Interstellar



Interstellarをご覧になりましたか?





"オヤジこの映画は凄い!"

昨日強烈な誘いにより久々に映画館に行ってきました


いつも感じるのですが
ハリウッドは単なるSFチックな映画を制作するのではなく


そこには大きなテーマがあり
そして必ず強いメッセージが込められています


この映画でとても印象的なセリフ

"We'll find a way, we always have..."


"We not gonna make it!"
"Yes, we are!"


"It's impossible!"
"We need to do it!"


とてもとてもPossitiveなセリフの数々



今の日本に一番必要なセリフではないでしょうか?


中東とアメリカの間で
政治的に繰り広げられている原油価格操作


一般庶民にはありがたいガソリン価格下落も

良く良く考えてみれば日常消耗品の価格が
短期間に50%以上も上下することは許されることではありません


政治的にも
ビジネス的にも

余りにも国民=消費者をコケにしています



"You can't just think about your family
You have to think bigger than that"


というセリフに現れているように

つまらない外交政策よりも
もっと人類の将来を見据えて
限りある資源の活用方法を考えるべきはずです


まずは食べ物を大切に不動産






  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 00:10Comments(0)

2015年01月02日

英語学習


シカゴは1月2日を迎えました

皆様新年明けましておめでとうございます


元旦からPCを触る気にならず
失礼ながら新年のご挨拶が2日になりました


今年の新年早々興味深い光景を目にし刺激を受けたので
素直に反応してみました


なんと18歳の長男敬瑚が元旦からいきなり漢字の勉強を始めたのです

Huntington Beachで産まれChicago郊外で育った割には
何とか日本語も訛りなく読み書きもできるレベルの彼が



今年8月からアメリカの大学に通っていますが
まだ*学部を決めていない息子から
年末将来の考えを聞く機会がありました

*アメリカの大学は日本の様に学部を受けるのではなく
まず入学して学部は後から決めることもできます


18歳にしては純粋過ぎる考えを持ち
大きな夢を抱いている話を聞き

頭ごなしに
"現実を見ろ!"
なんて言うのもなんですから

"大きな建物を建てるには強い土台を作らないとな"

という話の展開から3つの基礎を提案しました

1− 健全な心と体
2− 社会で生き抜くための言語力
3− 世の中動きを表す数的論理


その現れの一つが漢字の勉強だったようです

三日坊主でもやらないよりはやった方がいい



息子のその姿を見て
ふと
さて自分の今年はどうするべかな、、、と


そこでなんとなく思い付いたのが
"英語を違う角度からもっと掘り下げてみよう"
という発想でした


そこでます思い浮かんだ言葉が
"Organize"

アメリカでは仕事が出来る奴は
"She or he is very well organized"
と言われます


なんとなく性格的に
わざと几帳面に見せないようにして来た部分もある私にとって
実は常時一番意識していることなのです


Organizeを辞書で引くと

1.
arrange into a structured whole; order.
"organize lessons in a planned way"
synonyms: (put in) order, arrange, sort (out), assemble, marshal, put straight, group, classify, collocate, categorize, catalog, codify, systematize, systemize; More
coordinate the activities of (a person or group of people) efficiently.
"organize and lead a group of people"
synonyms: make arrangements for, arrange, coordinate, sort out, put together, fix up, set up, orchestrate, take care of, see to/about, deal with, manage, conduct, administrate, mobilize; More
form (a number of people) into a labor union, political group, etc.
"an attempt to organize unskilled workers"
form (a labor union, political group, etc.).
archaic
arrange or form into a living being or tissue.
"the soul doth organize the body"
2.
make arrangements or preparations for (an event or activity); coordinate.
"the union organized a 24-hour general strike"
take responsibility for providing or arranging.
"he is sometimes asked to stay behind, organizing transportation"


日本語にすると

整理整頓する
創設する
組織する
選別する
まとめる

なんて表現になるようですが


この言葉の元になった言葉は
"Organ"
つまり内蔵です


そこから経緯を考えてみると

人間の内蔵は
生きていくために不可欠なものが
きちんと収まっていて
見事に機能を補完し合い
調和している状態です


まさにプロの仕事そのものではありませんか!


地球から出て宇宙に何かの答えを探しに行く人間
実はいろいろな原理原則が自分の体の中にもありました


年末年始の各種宴会でも
ブラック企業の話題が多くでました


内蔵疾患を抱えていない社員が多い企業こそが
理想なのではないかな?

なんだか訳の分からない表現で一年を始めるのもなんですが

息子の漢字学習から話が飛びまくり
今年は内蔵を意識した一年を送ろうと感じた正月でした


皆様本年もよろしくお願い申し上げます。


"Let's get organized !" 不動産









  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:29Comments(2)アメリカ