2014年12月29日

黒田博樹さんの決断


先日発表になりました
黒田博樹さん広島カープ復帰のニュース

カープファンにはこの上ない喜びでしょうが
MLB関係者には強烈な印象を残した
歴史に残る決断と言えるでしょう


アメリカ人にも当然義理人情はあります
特にビジネスでの人付き合いでは
個人に対して敬意を表することは
組織を尊重する日本人以上かもしれません


世界中のプロフェッショナルスポーツで
お金ではなく義理人情のために
数倍以上のオファーを蹴った事例は
恐らくこれからもないのではないかと思われます


”黒田の男気に惚れた!”

なんて軽くコメントをする業界人がいますが
そんな簡単な話ではないと
マスメディアももっと主張すべきだと思います



プロスポーツの世界にいる人たちは
一般サラリーマンとは異次元の報酬を手にしていますので
金額的な質問をされてもピンと来ないとは思いますが
十数億円という金額の差をみなさんはどうお考えになりますか?


プロの世界は
その一人ひとりの将来的価値や功績に対して報酬を支払います
NY Yankeesの場合
田中さんが契約金以上の価値生むと確信して投資を決断しました

黒田さんはMLBで過去5年間連続二桁勝利という実績を基に
一年間ローテンションを守りきれるという価値を認められ
20億円という投資をいくつかの球団が決断しました


ここでは日本で有りがちな他の選手との比較評価ではなく
一人一人がビジネスとして成り立つか成り立たないかという
絶対評価で報酬を決定する仕組みです


この事実を言い換えれば
MLBという組織は
黒田さんの実力から20億円という価値を引き出せる
環境整備をしているリーグであり


NBPという組織は
黒田さんに4億円の価値しか生むことができない
リーグであるということです


正に自分自身のパフォーマンスや人間性が売り物であるプロ選手が
自らの価値を低減する環境に敢えて自ら身を置く
アメリカ人でなくても世界中の人が理解に苦しむ決断です


他のビジネスに置き換えてみてください

市場が異なるからと言って同じ機能の製品やサービスの価値を
5分の1に下げてビジネスをすることはあり得ないことでしょう



そしてもう一つ想像以上に重く大きな価値は
MLB Service Timeという尺度です


ダルビッシュさんがインタビューで強く主張していましたが
MLBに在籍をした年数そのものがアメリカではもの凄く尊敬され
高い評価を受けるのです


これはMLBだけでなく
PGAでもNFLでも同様です

それだけ生存競争が厳しく
義理人情だけで生きていける世界ではないということ
真剣に評価しているのでしょう


まさに40代ピッチャーで来季MLB最高額のオファーを受けた黒田選手が
言葉では言い表せないほど貴重な環境から
広島へ戻るという決断


球団責任者が
「カープにとっては大きな出費だが、、、」
なんてコメントをしていますが

とんでもない勘違い発言です


「4億円しか払えずに誠に申し訳ない」
と言って頂きたい



黒田さんご自身もこう表現しています

「たくさんの時間を熟考に費やしました
悩みぬいた末、野球人生の最後の決断として、、、」


改めて
黒田博樹という男
ダテにMLBで5年連続200イニング投げ切って来た投手ではありません


この凄さを
"男気"
なんて軽い表現で終わらせないで頂きたい


しかしこの黒田さん
いったいどんな人なんでしょうね?


是非一度一杯やってみたい不動産



  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:05Comments(0)スポーツ

2014年12月24日

季節毎の習慣



師走も後残すところ一週間となりました

最近ではFacebookなどで
自分の一年を新聞紙面で表現したり
遊び心満点の楽しいツールがありますが
一年を締めくくるという習慣は日本もアメリカも変わりません

この季節アメリカでも連日そこら中で
パーティーの嵐です

流石にアメリカでは忘年会とは言いませんね
"Leave the annual memories behind"
とは言わないですしね


ではなんと呼ぶのか?
アメリカでは
Holiday Party
と言います

この国にはChritian以外の人も多くいますので
必ずしも
Merry Christmas
といわけには行きません


ですから
Holiday Party
という無難な言い方を使います


挨拶でも
"Happy Holidays!"
と言っておけば無難なのです


この時期FacebookなどでChristmas Partyや
家族でのChristmas Dinnerの写真が掲載されます

何故か?
日本では24日のイブに行うものとされていますが

Christmasは25日です
世界中でChristmasを祝う人たちは
25日に会食をします

24日は特別な日でもなんでもありません


サンタは前日入りするのが通例ですから
イブは宴会やってる場合ではなくて
早く寝ないといけないのです!


どうしてこのような
誤解
が生まれたのか?


恐らくですが
商業的にある産業が盛り上げたのだと思われますが
どんな理由でも
家族や仲間や愛する人達と美味しいものを食べて
美味しいお酒を飲んで
楽しい時間を過ごすというのは人生の喜びです


こんな季節に愛する人と離れ離れで
一緒に祝えない人たちは可愛そうですね


仕事も大事ですが
この季節を苦しいとは思わずに
街に出て仲間と一杯やってはいかがでしょうか?


私はキリスト教ではないのでChristmasを祝いませんが

世界の皆さんへ私のお気に入りのメッセージをお贈ります

“Christmas waves a magic wand over this world and behold
everything is softer and more beautiful. ”


今年はNew Orleansでクリスマス不動産





  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:45Comments(0)アメリカ

2014年12月07日

日米ゴルフ環境は違う!?



私はそろそろ人生の約2/5をアメリカで過ごすことになりそうです


以前は何かとアメリカ贔屓の発言が多かったかと自分でも思います
が、、、ここ数年は、、、


日本の良さ
アメリカの良さ

違いを素直に見つめて楽しんでいます



例えばゴルフの場合


日本では早朝から夕方まで
一日かけた一大イベントであったゴルフ


交通事情は別問題として

スルーで回れるコースが増え
日本でも半日+程度で気楽にゴルフに行けるようになりましたね

とても画期的で本当に素晴らしいことです


勿論従来通り昼食を間にはさみ
しっかりと一日かけてプレーする名門コースもある
それはそれで一日ゆったりと楽しむことができる極上のゴルフです


こういう多様性が出来てきたことは
日本のゴルフ発展にとって素晴らしいことです



逆にアメリカでは18ホールスルーで回るのが当たり前ですが

実はアメリカでもFront9を終え
ホットドックやサンドイッチなど軽食を食べて休憩して
Back9を回ることもあるんです



また日本のゴルフで一番の楽しみであるプレー後のお風呂

アメリカではバスタブはありませんが
メンバーコースでは必ず行き届いたシャワー室やサウナがあります



そこで、、、


日本にありアメリカは絶対にない事情 

〜その1〜



日本のゴルフ場のお風呂場で
女性の係の方が脱衣所で作業をしていらっしゃるのを見かけます

年配とは言え女性
男性ロッカールームに入ることはアメリカでは絶対にあり得ないことです


アメリカのメンバーコースでも
更衣室に係りの方が勤務していますが
男性ロッカーには絶対に男性の係です


それにアメリカの場合はロッカーが脱衣所ですから
みんなロッカーからバスタオルを腰に巻いてシャワーを浴びに行きますが




日本にありアメリカは絶対にない事情 

〜その2〜



アメリカのメンバーコースには受付がありません
アメリカではビジターがお金を支払うことはできないので
すべてメンバーの口座を使用することになります


例えば食堂のメニューも
ビジター用には価格の記載がありません



アメリカにあり日本では絶対にない事情 

〜その1〜



アメリカでメンバーコースに入会すると
配偶者や18歳以下の子供もグリーンフィーは無料です
カートに乗れば費用はかかりますが
歩けば家族が無料でプレーを楽しむことができるということです

キャディーを必ず付けなければならないコースはまれで
ほとんどが自分たちだけでラウンドできます



アメリカにあり日本では絶対にない事情

〜その2〜



Monthly Due/月会費

アメリカではシーズンに何回ラウンドしても一切プレーフィーかかりませんが
行こうが行くまいが月額費用を支払います

ゴルフ場はそれによって固定費を回収します

メンバーにしてみれば毎月固定額かかるのならば
できるだけ自分のコースでプレーしようということになるわけです




上記の通り
日米ゴルフ事情の違いをほんの少しご紹介しましたが


ゴルフ場経営そのものや
メンバーの利用理由が根本的に異なりますが


一打一打に大き過ぎる希望を持ち
マイホール一喜一憂するのはどの国民も同じです


どんな形であれ
ゴルフはとてもとても楽しいゲームです


ここシカゴは年間約7ヶ月程度しかないシーズン

来春が待ち遠しい不動産



















  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:36Comments(0)文化

2014年12月02日

'Hands Up, Don't shoot'



久々の写真アップです




主義主張

St. Louis郊外Mike Brawnさん射殺事件に対する警察官不起訴の陪審員決定を受けて


Ram'sの選手が

'Hands Up, Don't Shoot'

のポーズで試合に入場しました



批判ではなく
自分たちの主義主張をする

周囲もその主義主張を認める


私は支持します


必ず両者にはそれぞれの言い分がある

だからしっかりと主義主張をするべきだと思います


批判しあっている場合ではなく
日本も隣国に対して
しっかりと主義主張する時だと思います



軸をしっかり不動産

  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:23Comments(0)

2014年12月01日

Maori All Blacks 〜絶大なる存在意義〜


正式名称
United States of America

これを合州国ではなく
合衆国と表記するのが正しいそうです

衆人を和合する共和制国家という意味だとか、、、



現在人種差別問題で話題の中心になっている
Missouri州

人種別比率
White 83.7%
African American 11.7%

ちなみに全米人口比率
White 77.7%
African American 13.2%


白人比率が高い州であることが分かります

今回重要なことは
Darren Wilson元警察官の業務上の判断は正しい
と司法が判断したことです


Wilson氏は相手が何人であっても
あの状況では発砲するとインタビューに応えています

残念ながらそれは誰もに証明はできないでしょう



ただし

命の危険を確認した上で判断し発砲したのか
そうでなかったのかは
審議の余地は十分にあると思います



人種差別の無い国・地域は無い


私の経験上唯一
"合衆"
しているな〜と感じたのは
New Zealand


人衆融合の代表的な例として

先月来日し日本代表と好ゲームを繰り広げた
"Maori All Blacks"
があります



"差別意識"
ではなく
"敬意の表れ"
であるからこそ

Mario族だけのチームを結成し
世界を相手に戦わせているのでしょう


アメリカや日本で
いや世界のあらゆる国の中で
"何々族代表チーム"
を結成することが出来るでしょうか?


人には好き嫌いがあります
食べ物であっても
音楽であっても
人間であっても
ですからそれが人種にあっても不自然ではないでしょう


しかしどんな理由があっても
人の命を奪う権利
は誰にもありません


そしてもう一つの真理は
誰一人として自分で人種を選ぶことはできないということ


つまり、、、人類皆兄弟不動産










  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 09:36Comments(0)スポーツ