2014年09月10日

失敗!



相撲取りのインタビューでお決まりの言葉

"自分の相撲を取るだけです"



錦織圭さん

"自分の相撲"
が取れなかったようですね




"興奮して寝られなかった"
とか



大一番で興奮を抑えて平常心を保つということは
非常に難しいことです



ここぞという時に自分の持っているものを100%出せる人はそうそういません


ですから世に言う

"持ってる"


ではなくて


"出せる"

人にならないとチャンピオンにはなれないということです



"最後まで自分のテニスができず悔しい"

ということは次が大変に楽しみです



敗戦して

"自分のテニスができたので悔いはありません"

だったら次はかなり遠くなってしまいますから



まだ24歳

失敗
を経験したからこそ
次は高く飛べるのです


どうせ経験するなら出来るだけ
デカイ失敗

の方がいい


失敗がデカければデカいほど
人間デカくなれる



子供でも部下でも失敗を未然に防がず

見て見るふりして失敗をさせてあげましょう


Try & Error

とはいいますが


Try & Success

とは言わないところに重要な理由があるのだと思います



誇れるのは失敗の数だけ不動産


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:47Comments(0)プロフェッショナル