2013年11月17日

時は鐘鳴り!?


みなさんは
「時間」
に対してどういう観念をお持ちですが?

"Time is Money = 時は金なり"
と昔から言いますが
時間とお金を連動していると実感することはありますか?


先日Facebookで以下の投稿を読みました。


「未来のために」


人気ラーメン屋にアルバイトに入ったA君は、戦争のようなランチタイムの混雑も終わり、店長に洗い物の仕事を命じられた。

お客も少なくなって時間的に余裕があったので、ゆっくりと丁寧に洗い物をこなしていたら、突然、店長の罵声が飛んできた!

「チンタラやってるんじゃない!
 全力かつ大急ぎで洗え!」

しばらくしてA君は、休憩のときに店長からこんな説明を聞いた。

「忙しさの状況にあわせて仕事をするんじゃない。

そんな高等判断をアルバイトに求めていない。

君に要求したいことはただひとつ。

いつも全身全霊で目の前の仕事に集中すること。

さっきの君の皿洗いは、他ごとを考えながらやっているようで、何一つ真剣さが伝わってこなかった」

A君は店長に謝りながらも、
思いきって質問してみた。

「店長、もし全力で皿洗いして洗うものがなくなったとき、
かえってヒマになるのじゃありませんか?

僕だけヒマになるのがいやだったので、無意識に時間調整したのかもしれません」

すると店長は意外な言葉を返してきた。

「君をヒマにしないのが私の仕事だ。
もし本当にヒマになれば、休憩という指示を出す。

大切なことは、ダラダラした仕事ぶりを体にしみこませないことなんだ。

しみこんじゃうと、本当に忙しくなったとき、最高速に戻すのが大変なんだ。

だから普段から最高速で仕事をして、少しでもたくさんの仕事をこなすことが君自身の未来のためなんだ」



たしかにその通りですね。

いったんダラダラしてしまうと、それに体が慣れてしまいますから。

慣れてしまうと、元に戻すのが大変ですからね。




私はこう思います

どんな時でもテキパキと仕事をして
もし時間に余裕ができたら
少しボケーッとしてみる



ぼーっとする時間って大事だと思います


身体的トレーニング基本サイクル
運動>栄養>休息


労働基本サイクルだとこんな感じでしょうか?
仕事>余暇>休息


昔習志野自衛隊にお世話になった際教わった
三分の一論理
この言葉は今でも頭に残っています

「8時間労働、8時間余暇、8時間睡眠」


“そんなの無理だよ”
とつぶやいた方

“どうしたら8時間労働で終了できるか?”
“どうしたら8時間遊べるか?”
”どうしたら8時間寝られるか?”

真剣に取り組んでみてはいかがでしょうか?

とは言っても
時と場所だけはお考え下さい





週末を含めると?⅓不動産



  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 09:06Comments(0)

2013年11月11日

これでいいのか?


赤塚不二夫さんの名言は沢山あります
一般的にはとてもとても不思議に見えた赤塚不二夫さんですが
実は強烈に
まとも過ぎる
と世の中からは変に見えるのかもしれません


『バカっていうのは自分がハダカになることだ。
世の中の常識を無視して、
純粋な自分だけのものの見方や生き方を
押し通すことなんだよ。
バカだからこそ語れる真実っていっぱいあるんだ』



この名言を思い出させてくれた人物をひょんなところで発見しました


全く毛色は違いますが
作家の真山仁さん
凄くまともな考えをもって行動している人だと感じ
真山さんのサイトを拝見したら益々納得
そして偶然にも同じ年であることを発見


真山仁さんの発言
ご覧になってみて下さい


取材が土台
取材が原動力
現場の声を聞いて
“これでいいのか?”
と強く問いかけている人です

現場主義のお手本のような方です
どんなに便利な時代になっても現場からしか得られないものがある


赤塚不二夫さんの最大の名言

と言える世の中にするために・・・


毎日“これでいいのか?”と問いかける不動産



  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:23Comments(0)コミュニケーション

2013年11月09日

インタビュー


試合後のインタビュー

アメリカと日本とは全く正反対のような気がします

アメリカのインタビューは選手のそのままの気持ちを引き出そうとする
日本のはお決まりのフレーズを引き出そうとする

いずれにしてもどんな状況でも
自分が思う様に応えればいいだけです


それでもマナーというものがありますが・・・
もしもこの石川遼さんのコメントが本当だとしたら心の底からがっかりします

ここにある「アメリカはカップ1m以内は平です、、、」とは残念ながら大嘘です
私はMedinahで何度もラウンドしていますが平らなグリーン???
どういう意味かわかりません
みなさんもTVを見れば分かります


その一方で日本のアマチュアから直接MLBに挑戦した田沢純一さんの記事をご覧下さい


どんな選手でもみな自然体がいい
作られたものではなくそのものをみんな期待していると思います


どんなに作ってもみんな見透かしています




みなさんやっぱりこのノリでいかないとですね・・・




どうやって表現するかではなく
何を表現するかです


みんなもっともっとアメリカにおいでよ!

みなさん大歓迎不動産


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:21Comments(1)プロフェッショナル

2013年11月05日

田中将大投手連投



東北のみなさん
楽天ファンのみなさん

素晴らしい優勝
皆さんが一丸となった
素晴らしいシーズンでした

おめでとうございます
おめでとうございます
おめでとうございます!

テロのあったボストンで
Red Soxがワールドシリーズで優勝し
東北楽天イーグルスが日本一になる
偶然ではないことはみんな感じているでしょう

来年MLBに移籍すると言われている
田中将大投手の連投が日米で話題になっています

あの場面
本人の強い意志
星野監督でなくてもどんな監督でもいったでしょう

あの場面田中将大さんしかあり得ない
誰がなんと言ってもあのシナリオは絶対です!

しかしそう考えればそう考える程
土曜日の160球はやり過ぎでした
日曜日のことも考えて100球ちょいで本人を説得し
最終戦の登板に繋げる方がよかったと思います

この連投で何もなければいいですが
勢いで行なったことが
後で大きく身体的な影響を及ぼす場合もある

田中将大さんは将来のある大事な世界的な人財ですから
十分に気を付けないとです


しかし医学的に分析をして投球回数を厳しく制限しているアメリカでも
過去にランディージャクソンの連投もありました
周りの期待に気合いで答える男気は世界中どこでもあります

だってみんな
人間ですから

昨日親友がシカゴを訪問
彼もビジネスで相当苦労をしていますが
ここは周囲の期待と自分の気合いで乗り切ってほしいです

みなさん最後はこんな笑顔で終われますように


今年も笑顔で一年を終えられそうな不動産






  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:36Comments(0)スポーツ