2013年10月29日

ワールドシリーズ第4戦5戦



WS第四戦は接戦をものにし第五戦はRed Soxが快勝

第四戦では粋な計らいで田口さんが紹介されました


決してスター選手ではなかった田口さん
しかし地元ファンには今でも根強い人気があるそうです

昨日RSが快勝したわけですが
第四戦の内容に関してESPNの解説者達がやたらと
Weirdを連発しております



特に両監督の投手采配に関して凄く
Weird
だと・・・

しかし勝負の世界は全て結果です
どんなに
Weird
でも勝ったもんは勝ったもんです

連日Ortizが打ちまくり
連夜上原浩治投手が締めくくる

もうこの勢いは止まらないでしょう

面白いもので
これで地元Bostonに帰って優勝を決める

最高のシナリオになりました

Chicago在住の私としてはRSファンではありませんが
上原さん
田沢さん
にWS優勝をして頂きたい


来年田中さんがCubsに来ることを祈っております


実は中学時代野球部キャプテン不動産
  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:14Comments(0)アメリカ

2013年10月25日

上原浩治投手



まずはBoston Red Soxファンの皆様
(日本人でどれだけファンがいるかな!?)
アメリカンリーグ優勝おめでとうございます!

そしてなにをおいても
上原浩治選手MVP受章
おめでとうございます!

爆発的に感動的に松井秀喜さんがワールドシリーズでMVP受章した2009年
上原浩治さんは肘の腱を断裂しました

それから4年後
見事にリーグ優勝とプレーオフMVPです

上原選手の言葉
「あーこれで野球人生も終わったな・・・」

なんのなんの終わったどころか
リーグ最高選手に選ばれたのです!!!


このブログで敗者復活戦の話をしましたが
上原さんもまさに敗者復活戦でここまで上り詰めて来た
Rangers 時代にあれだけ打ち込まれたのに
Red Soxは38歳の上原さんを今年起用しました

見る目があると言えばそれまでですが
その期待に答えた38歳が立派です

昨日WS第2戦をテレビ観戦
初戦楽勝のRed Soxも
昨日は守備の乱れで逆転負け

そんな展開でも
田沢さんと上原さんが登板しました

お二人とも凄く立派な投球でしたね

WSに日本人投手が二人も投げているんです
日本人の誇りです

大谷翔平選手は今どう感じているのでしょうか?
それを知りたいです

日ハムの根拠の無いプレゼンに動かされて
自分の意思を曲げたことを後悔していなでしょうか?

日本の野球業界には規制が多過ぎます
若い貴重な人財育成のため
もっともっと開かれた業界になることを期待しています

日本発の人財であると同時に
世界人類の財産であるということも忘れないで欲しい・・・

今や世界は全て繋がっています
やりたいことを思う存分やらせて上げられない業界
があることが全く理解出来ません


息子と一緒に試合前の練習をさせる球団
ユニフォームまで用意しちゃう球団
こういう遊び心が最高です

髭も生やしてはいけない球団に
こういう発想はありますかな?


今日のWS第三戦
田沢さんと上原さんの登場を楽しみにしています


やりたい事ばかりやっている不動産


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:42Comments(0)プロフェッショナル

2013年10月19日

ブランド戦略???





BurberryのCEOであるAngela Ahrendtsさんが
Appleに入社
Senior Vice President of Retail and Online Stores
に就任します

日本でニュースになっているのかどうかわかりませんが

規模は別として
世界的に有名企業のCEOが
他社のSVPに就任する
ビジネス界ではなかなか珍しい動きでしょう


日本の常識・世界の非常識

ファンション業界からエレクトロニクス業界への転身?
別に驚くことではありません
どんな世界でも
経営者は経営者
リーダーはリーダー

報酬面では前職(推定26億円)よりも高額なることは間違いありません
報酬が下がる転職をする人はいません

一番興味深いのは事業全ての責任者であるCEOから
一時的とは言え販売・マーケティングという限定された責任であるSVP職に就く事
勿論この先にはTim Cookの後継者としての機会が用意されているのでしょうが・・・


Angelaさんのインタビューをご覧ください


事前に準備をしていたでしょうが
素晴らしいポイントをついてます

特にのっけから微妙な質問ではじまりますが
それを素晴らしい表現でかわしています


ところがちょっと、、、ん!?
って感じなのがこのTedでのプレゼンです
ちょっと長いですが始めの3分で分かります



これだけのレベルのリーダーが
カンペをみながら
口の中が乾き
同じ言葉を繰り返す
"Bear with me"
をあれだけ使っては聞いているひとががっかりします

ちょっと意外でした


それではこのAngelaさんの魅力はどこにあるのか?
非常に興味深い・・・

来春以降が楽しみです


ブランド戦略という言葉がありますが
ブランドは戦略ではないと思う不動産

  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:43Comments(0)プロフェッショナル

2013年10月14日

マーケティング 〜ブランド編〜




ネット上で面白いブランドのビジネスがあったので連絡してみました

その名も
DOMO

一瞬“ん?”と思う感じですが
これは間違いなく日本語の“どうも”だと思い
セールの方との電話で開口一番
「何故? どうも? なの?」

日本に5−6年滞在経験がある創設者のアメリカ人が
すべてのお客様に
「どうもありがとう!」
と言って欲しいから命名したとか

"DOMO"
私がアメリカ人に一番はじめに教えるマジックワードです

「どうも、どうも、どうも!」
と三回くらい言えば

「おっ!? こいつ日本語分かるな?」
ってな感じにはなりますでしょう


日本にいる皆さんは信じられないでしょうが
アメリカ人の中では

SONY
TOYOTA
Panasonic

などはアメリカの企業だと思っている人も少なくない
SONYは分かりそうですがTOYOTAって英語はないっしょ!?

勿論LexusやInfinityなんかはかなりの人がアメリカ企業と思い込んでいます

それからもっと意外なのは
Hyundai
が日本製だと思っている人が多い

テレビコマーシャルでも
“ヒュンダイ”
と発音せずに
“ハンデイ”
と発音しています

凄く意図を感じます

そして"H"のロゴも
右斜めからだんだん垂直に近くなっているという冗談すら出ています・・・


"ブランド"

世界のブランド価値一位の座を
コカコーラからアップルが奪った昨今
時代は確実に変化して来ています


♬昔の名前で出ています♪

悪くない響きですよね


しかし
「この紋所が目に入らぬか!」
では生存できない時代なのではないでしょうか?


あなたにとって
“ブランド”
とはなんですか?


バカボンのパパに強烈なブランド力を感じる不動産


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:31Comments(0)ビジネスアイディア

2013年10月06日

補欠ってなんだ?



友達のFBで補欠選手の「最後の試合」
You Tube見ました



自分も補欠が長かったので熱くなるな・・・こういうの・・・


アメリカでは日本で言う補欠選手はいません
グランドではなくスタンドで応援する部員はいません

高校でも大学でも全てのクラブには毎年トライアウトがあって
全員は入部できない

そのかわりにイリノイ州の高校の場合

Varsity Team(一軍)
Junior Varsity Team(二軍)
一二軍に入れなかった選手は
一年生はFreshman Team
二年生はSophomore Team
の四チームに別れて活動します

もちろんそれぞれのチームにコーチがいて
それをHead Coachが統括する

それぞれのチームでそれぞれの大会があり
選手の働きが良ければ上のチームに上がれますし
勿論悪いと下のチームに落とされます

またアメリカはシーズンスポーツですから
一年中同じ部活を行なう事はありません
ただ面白いのが我々の住む地域の高校は
一軍二軍の選手は体育の授業で部活を行なっています


それぞれのシーズンは

フットボール、サッカーは秋のスポーツ
バスケット、ホッケーは冬のスポーツ
ベースボールは春のスポーツ

ですからアメリカでは二つの別のスポーツでドラフトで指名されることがあるのです

それぞれのレベルでそれぞれの活躍の場があっていいと思います
一人で二つの部のレギュラー選手でもいいと思います
世の中は全て競争原理で動いているから

私の真の主張は
多くの選手に多くの機会を与え
多くの可能性を見いだしたい

といことです



敗者復活戦ありの社会にしたい

敗者復活不動産


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:15Comments(0)スポーツ

2013年10月04日

大八木校長やってくれました!



大八木敦史さん
よくぞやってくれました!

私の同期生
(彼の方が老けてますが・・・)
(高校大学と一度も対戦したことはありませんが・・・)
日本を大きく変える一歩を踏み出してくれましたことに
強烈に猛烈に感動し
深く深く感謝します!!!

甲子園を目指さない硬式野球部

ここでマスコミや世論に注意を促したい

決して「甲子園」を否定しているのではないということ
世の中色々な選択肢があっていい
いやあるべきだということを実践してくれたことに敬意を表します

アメリカが全てでないのは当たり前ですが
アメリカの良いところは
機会を平等に与えるところです

人種差別は世界中どこでもあります
日本だって根強くあります
EUなど強固にあります

でもアメリカはどんな人にも機会を与えます

日本は各団体が既得権益を守る為に
理屈に通らないルールを作ります

前にもこのブログに書きましたが
憲法で制定されている
「職業選択の自由」
の権利を守る為に
今回のような試みはどんどん行ってほしい

大八木校長のように
いつかは私も・・・


凄く心の底から嬉しい不動産


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:03Comments(0)スポーツ

2013年10月01日

アメリカ連邦政府期間閉鎖




皆様ニュースでお聞き及びかとは存じますが
1996年以来初めて
本日より連邦政府機関が閉鎖します

安全保障
郵便
空港
など日常生活に関する機関は運営されるようですが
その職員達は再会されるまで給与が支給されません

ここまでする必要があるのか?
日本では考えられないことでしょう

人々の生活を考えると
共和党のだだコネには賛同できません

オバマケアーの目的はどこにあるのか
そこを考えてほしいですね

しかし日本政府はどんな赤字予算でも
どんな会計実績でも気にせず
みなさん毎日霞ヶ関で遅くまで働いていらっしゃいますね

誰が国の借金の責任を取るのか
全く誰も意識をしていないままなのに・・・



全ての政府は国民の幸せのためにあるはずなのに・・・




政治とは程遠い不動産

  
タグ :アメリカ


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:37Comments(0)アメリカ