2013年04月25日

粋でなかった計らい、、、





私は「粋ではない計らい」をしてしまった。

ある方が掛け替えのない友人を亡くされ
悲しみ深く心静かにされているある朝
何も気にせずいつも通りの大きな声でガンガン話してしまった。

人は日々
どんな気持ちで朝を迎えているか分からない。

これからは少し様子を見る事にしよう
、、、と思った。



昨晩日本からお客様がいらして
シカゴに赴任して来たばかりのイケテル先輩を紹介することに。

自分で言い出しておいて
レストランに一番最後に到着。

遅刻ではなかったが
結局私が紹介する前に自己紹介終了していました。


いったい何をやっているんだろうおれは?


と考えながら会食後用をたしていたら
壁の向こうから


”春ちゃん
いい人紹介してくれてありがとう

良い付き合いだね
楽しいね

生涯の付き合いだよ
よろしくね!”


って、、、


最後にお客様からの
「粋な一言」
で救われた気持ちになり

快く9時半に寝てしまった・・・




こんな日もある不動産



  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:50Comments(0)

2013年04月23日

自慢話



世の中には色々な内容の自慢話をする人がいます。

色々な表現で自慢話をする人がいます。


素直であれば自慢話は
喜びを分かち合うことになると思う

相手にはどうってことないことでも
自分が嬉しいことを分かち合える友となら


聞いた方が
「それは良かったね!」
って言える話し方であればいいんだと思う


私の自慢話

日本でお会いしたある方から

「大春に投資してみたいな・・・」

って言われた時嬉しかった。


っでいざ言われて考えてみると・・・

以前から暖めていた投資企画を精度良く練り上げてみると・・・

納得行く内容のもの出て来ない・・・


結局

「自慢出来ない話」

になってしまいました。。。




これくらいの自慢がいいのかも・・・


変な不動産屋


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:43Comments(0)ネットワーク・人脈

2013年04月22日

彼の地へ




外地に住む日本人の役得(?正確な表現ではないかな・・・)として
訪日するといろいろなお土産を頂戴します。

今回も頂いた方への敬意を表して
皆様にご紹介したいものを。

昨年「シカゴデー in 東北」でご一緒した方から頂いた
感激的な一冊

東北大震災復興支援詩集
「彼の地へ」
高橋桂子さん著書

いくつも感動する詩集が掲載されています

その中から一つをご紹介します。

今だけではなく
十年後を考えろ
明日だけではなく
百年後を考えろ

一時なら
嘘で欺くこともできる
一時なら
金で味方も増えるだろう
一時なら
力にまかせて好きにできる
一時なら
悪政だって栄えるだろう

しかし
長くは続かない
永遠の流れに
残るものはない
時は厳正に
真価を質すのだ

目の前の一瞬を
人は生きる
でもそれは永遠の一部である


福島県田村郡三春町の桜の写真と共に
この力強い詩が紹介されています





きちっと将来を見つめながら
目の前の課題に取り組む

主体性をもって・・・


遠近両用不動産

(実は意外にに老眼は進んでないんです・・・)



  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:40Comments(0)やるぞ日本!

2013年04月18日

HAYABUSA



先日小惑星探査機“はやぶさ”のプロジェクトリーダーをお勤めになった
川口淳一郎さんがシカゴにおいでになり
素晴らしい講演をして下さいました。

折角川口淳一郎さんが遠路遥々シカゴまでおいで下さるので
またとない機会と思い脳天気長男とその友人を連れて行って参りました。

早速このなれなれしさ、、、



“はやぶさ”自身のお話も素晴らしかったのですが
駄洒落を連発する川口教授からにじみ出て来るお人柄
その一方でブレない物事の考え方
夢を越えた人生感がガンガン伝わって来ました。


こんな素晴らしい日本人がいるんですよね。



「はやぶさから通信が途絶えた時も良く諦めずに継続されましたね」

というコメントを良く言われるそうですが

「諦められるはずがないじゃないですか!」

という語気の強さに心が響きました。

川口教授にはお伝えしませんでしたが
長男敬瑚いわく
アメリカの高校の授業でも"はやぶさ”のことは習ったそうです。

授業でも成し遂げた成果よりも
それに挑戦をしたことを強調したそうです。


息子の通う高校の先生やサッカーのコーチ達は
生徒が夢のような目標を掲げても

「お前には無理」とは絶対に言わないし
「お前なら行ける」とも絶対に言わない

他人が人の夢を諦めさせる権利はない
結果等誰に分からないのだから


逆に結果を推測したり保証することもしない
最後まで蓋を開けなければ分からないのだから



アメリカで以外に知られていない話

マイケルジョーダンは高校1年の時
バスケットボール部のトライアウトに合格しなかったんです。



「“人類初”に挑戦しているのに、前例など語る意味が無い」

「勉強とは全て過去のことを学ぶこと」

「遊びなさい、徹底的に遊びなさい」


こんな川口教授の言葉が未だに耳に強く残っています。



言わずと知れて
「遊びなさい」というところだけ繰り返す
我が息子・・・



昔遊び過ぎたツケで苦労している不動産


※先日会った友人からもらった“はやぶさスタッフの手紙”
あまりに感動したので添付します。。。



  続きを読む


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:00Comments(0)教育

2013年04月13日

ガラパゴス企業



昨日は、日本で良い意味で驚いた企業のお話をしました。

オーナー会社でもない数千人単位の社員を抱える一部上場企業にも関わらず
柔軟な発想と透明なリーダーシップに驚きました。


今日は反面
「おいおいおいおいおいおいおいおいおいおい??????」
って企業のお話


それこそ誰もが知る巨大企業
マスコミにも年中顔を見せるカリスマ経営者
そんな企業の事業会社の社長に就任された先輩と会食

その場で出た先輩の悩みを聞いて・・・
唖然!


「未だに会社外からEメールにアクセスできないんだよ・・・」

「ええええええええ??????」


よく考えてみたら
そう言えば前職でもそうだったな
携帯に転送はされていただけど
直接Eメールサーバーにアクセスできなかったな


しかしEメールの根本的な仕組みが間違っている
世界中の人がどこからでもアクセスして
普通に通信しているのに
今時会社に出社しないとEメールが使えないなんて・・・


「え? それって当たり前じゃない?」
「うちもそうですが、何か?」

なんて言っている方
本当にガラパゴスですよ・・・


意外にハイテク不動産


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:29Comments(0)ビジネスアイディア

2013年04月12日

革新的な企業



一ヶ月ぶりのブログになるでしょうか?

おかげさまで大変に多くのやることがあり
毎日めまぐるしい日々でございます。


3月は日本へ二週間程出張。
今年も名古屋でイリノイ州政府主催のセミナーで講師としてシカゴを紹介して参りました。

今回の日本出張では、良い意味でも多くの「驚き」を発見して来ました。


驚きその1

日本でも社長が全社員に定期的に発信をしている会社に出会いました。
この会社は二週間に一度社長から全社員にメッセージを送るそうです。
全社朝礼のような形でVideo Conference Systemを使用して。

それも会社の重要課題を何回も繰り返し言葉を変えて伝えるそうです。

昔日大ラグビー部のコーチをしていた時に
「コーチングとは一つの要素をいくつもの方法で繰り返し教えることができること」
とAll Blacks OBに教わりました。

まさにそれを実践しているそうです。

繰り返す事の大事さ
それでいて飽きさせない大事さ

素晴らしい!


またその企業は
新事業探索を組織横断型で行なっているそうです。

つまり現職をもちながら
自分の30%の時間を
新規事業探索に使う。

これぞまさに私が理想と思っていた新規事業開発方式です。

多くの企業は新規事業開発のための部署を作り
その部門だけが担当します。

孤立した部門だと
なかなか会社のエースをそこに投入できない
既存事業活動を行なっている部隊と隔たりができる。

こんな問題点が浮き出て来ます。


この企業はしっかり成長しているようです。
オフィスにもお邪魔しましたが
人口密度は高かったですが
なかなか革新的なオフィスでした。


日本でお会い出来なかった方がには大変失礼なことを致しました。

次回は是非!


モモの木不動産
  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 12:55Comments(0)ネットワーク・人脈