2013年02月28日

ベルリンの壁


お客さま同行現場視察のためNYCに出張して来ました。

オフィスツアーの合間に突然ベルリンの壁を発見!





ベルリンの壁を使ったアートが展示してあったのです。




1961年から1989年までと記載があります。


ある方がFacebookにて人種差別について想いを表現していらっしゃいました。

正直で心に深く響くコメントでした。


ベルリンではこの27年間人々はどんな思い出暮らしていたのでしょうか?

そして27年の封印を解いたときどんな想いが巡らされたのでしょうか?



私には想像もつきません。


平和ボケ不動産
  
タグ :人生模様


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:10Comments(2)アメリカ

2013年02月25日

勇気 = やる気



先週、パートナー会社であるNAI Hiffman
Broker Meeting(いわゆる営業会議)が行なわれた

場所は、オフィスの近くにあるMarriott Resort Hotel




昨年末に入社した新C.O.O. John Pichiottiがリードし
C.E.O. Dave Petersonから
社方針と昨年度の営業Top10表彰
新Vice President4名昇格発表
(2名30代、2名20代)

本社Marketing Team担当からは
本年度の新たなMarketing Champaign・Marketing Toolの解説


このNAI Hiffmanの特徴は

1)社長以下本社スタッフは全て裏方であり主役はあくまでもBroker=営業である
2)お客様の最大利益が全てのワークフローを生むという発想
3)組織の拡大を図りながらも家族経営の精神を維持している



1)営業が主役であるという意味は

社長以下スタッフ全員の行動が営業支援活動に連動している
例えば、データー分析を行いお客様向けにリポートを作成する際も
ブローカーに出来るだけ負担のかからない様に情報収集を依頼する
営業時間削減 = ビジネス機会喪失という発想


2)利益が最優先

お客様とそれに関連する全ての組織の最大利益が
全ての原動力になることに意識を集中している
利益とは必ずしも金銭的なものだけではないことは言うまでもない


3)組織の成長

一般的には
規模拡大に伴い社内政治が発生したり
一人一人への感謝の念や良い悪いの評価意思が薄れて来る
しかし
いわゆる企業病を発作させないように最善の神経を使っている
決して情に流されず冷静に善悪を判断して行動している


基本には、"You should treat a people how you want to be treated."
日本的に、「先輩にいじめられたから後輩をいじめる」のとは全く正反対

"Be a man!"
ですな・・・


John Pichiottiの最後のメッセージはこのビデオ




勿論アメリカ人でも
熱い奴・冷めた奴・とぼけた奴
色々いるが

会議の後のレセプション(いわゆる呑み会)では
表彰を受けた連中を褒め称え
もらえなかった連中を励まし
今年の成功を物語る
全てが前向き
Positive


そして大好きな連中は
二次会に流れ
三次会に流れ
午前様

アメリカ人でもそういう連中がいる


プロ意識が高く
それでいて人間臭く

こういう優秀な連中に囲まれて仕事ができていることに
心から感謝し
私もいつか表彰をする側になりたいと胸を熱くした


理想を目指して不動産
  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 00:10Comments(1)アメリカ

2013年02月21日

コンプレックスとは?



日本では「コンプレックス」という言葉は「劣等感」として使われますが、英語では"Complex"とは単なる感覚や意識のことです。

日本で使われる「劣等感」という意味の場合は、"Inferiority Complex"と言います。

ちなみに、「優越感」は"Superiority Complex"です。これは解りやすいですね。


このTEDをご覧下さい。

私はこのAimeeさんを存じ上げず、題名からも内容が想像着かず、しばらく「何の事?」と鑑賞しておりましたが、最後には胸が痛くなる程込み上げるものがありましたので是非皆様とシェアーしようと思いました。




昨今、娘の中学校でも、
「自分を嫌い」「自分を傷つける」
精神障害の子供が増えて来ています。

人間誰しも隣の芝生は青く見えるのは仕方がないことです。

夜ベットの中で、
「世界で一番幸せな人間だな」
と思って目を閉じる人が何人いることでしょうか?


私はサラリーマンを辞め自分で会社を起こして以来、
「全ての物事は視点によって大きく異なるんだな〜」
痛感しています。


完璧な人なんていません。

完璧な国なんてありません。

完璧な仕事なんてありません。


だから、人生が楽しいのではないかと感じるようになりました。



"Be Positive"


毎日これしかない不動産





  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 03:43Comments(1)

2013年02月14日

バレンタインデー



アメリカ人は面白い事を考えます。

弊社パートナーのNAI Hiffman Marketing Teamは、Valentine's Day Weekに、Social Media Marketing Champagne Weekとして社内にSocial Mediaの有効な活用方法、リスクマネジメント、期待する成果目標などを提示。





ソーシャルメディア音痴のおじさん層に活用を促すキャンペーを開始しました。


実際にこういうパンフレットも作成して・・・





各人の机にチラシまで配って・・・




またそのチラシの裏にこんなものが・・・





で、、、やっぱりこういうイメージで締めくくる・・・





何でもアイディアですね!



WHITE CUBE LLCも、さらに効率的に発信していかないと


実はチョコ嫌い不動産
(餡子ものお待ちしていま〜〜〜す!)
  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:34Comments(0)アメリカ

2013年02月10日

銃 ~ Gun ~




アメリカでは銃による犯罪が後を絶ちません。

なぜか?


銃が簡単に手に入るからでしょうか?

映画やテレビで常に撃ち合いを放映しているからでしょうか?

殺意はどこからくるのでしょうか?



アメリカライフル協会は、「銃が人を殺すのではなく、人が殺すのである」と言及します。



先月29日にシカゴ市内南部いわゆるSouth Sideで
15歳の少女の命が銃によって奪われました

Obama大統領のシカゴにある自宅から2キロも離れていないところ。

大統領婦人Micheal Obamaさんの地元。

先週松田鋼季選手の試合を見に行ったSouth Holandよりも安全とされている地域。



彼女の名前は、Hadyia Pendleton。

高校のブラスバンドに参加して先月の大統領就任式で演奏をして来たばかり。

公園にいたところを車から撃たれたそうです。

なぜ彼女がギャングによって打たれたのか?

ギャング撲滅活動に参加していたからでしょうか?


昨日の葬儀にMicheal ObamaさんやRahm Emanuelシカゴ市長などが参列されたそうです。

公式なコメントやスピーチなど一切せずに遺族と対面し同席してきたという報道。

各記事に写真も掲載されていません。


このアメリから銃を排除することは不可能でしょう。

ドラッグを排除することも不可能でしょう。


この二つを排除できない限り、この国ではこの手の犯罪が絶えないのでしょう。


15歳で命を奪われたHadyia Pendletonさん
心よりご冥福をお祈り致します。




NYの国連本部の前にある有名なオブジェです。




アメリカが自ら実行しないと世界には広がらない。

今までアメリカのタブーに挑戦し続けて来たObamaさん
今回もマジ期待してますよ!



アメリカに渡って以来来月で19年を迎えます。

しかし一度も危険な目には遭遇していない。



平和ボケ不動産

  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:09Comments(2)アメリカ

2013年02月10日

日本はどう見えるの?




最近続きますが、今回もブログ読者からのコメントをブログで紹介します。
現在ジャカルタに駐在する高校時代からの親友から、こんなEmailが来ましたので本人の了解を得て皆様に紹介します。

色々と異なる環境から母国を見た時、パラダイムはグルグル変わって行くものですね。
もの凄く興味深かったので、是非みなさんにもご一読頂き、ご意見も頂きたいと思います。


- 記 -


ブログみてて・・ちょっとおもうところが
アメリカは確かに先進国だよな  
日本もリーダー論 世界を引っ張るpresidentとその妻もスーパーなんだろうし、森田さんも ジョブズも 幸之助さんのような人たちが生まれる環境なんだろうね。
新興国 途上国 表現が難しいな、、、においてはどうなんだろ?
その世界で生きている人が、実質的にはかなりの数であり、経済もその人たちに依存していることが事実   
車もバイクもiphoneもそれらの国の人たちに売り付けているんだよ。
給料5万円の人が、7万円のiphone買って、15万円のバイクを買って、150万円の家を買うんだよ。インドネシアでは。
以前TEDでスウェーデンの人口学者が言ってたけど、先進国の人たちは、新興国の人たちを正しい道に導く義務があるんだそうです。
そりゃそうだ 地球のあらゆる秩序を守るには、教育が必要だよな。教育して人口の爆発を抑えないと、経済どころか地球がパンクする だと。
俺が教育などと 偉そうな たまたま日本に生まれて、なんとかかんとかやって来たけど・・・この国(インドネシア)の人達と、人間として何が違うのか? 教育を受けるチャンスが日本にはたくさんあった 格差の非常に少ない ありがたい 平和な国だった ということだけなんだけど 違いは
そこで疑問なんだけど 日本に何が欠けてると思う? 何が?? 
リーダー? カリスマ? イノベータ?  でも世界一平和な国なんでしょ いろんな意味で。
格差と平和・豊か・安全・教育・jobなどの総合値は反比例 これもTEDでやってたけど、日本と北欧はダントツにいいみたいじゃない?
なんだろね 日本の物足りなさ? 非豊かさ? を感じるのは?

外に出てわかった  本当に日本はよくできた国だ と思うよ。この国はやることないと寝るしかない らしいです。酒飲まないから、だから子供・人口が多い とも言われてます。そのとおりなんでしょね ある意味。  
日本では戦後のゴタゴタにはいろいろな登場人物がいたんだろうけど、その孫たちもそこそこやってるんじゃない? 
だって 平和だもん 日本は。  

悪いね  ダラダラ書きで。 何が言いたいのやら? 
新興国にて半年経過し、イロイロ感じる今日この頃です。
短い言葉 文書で伝えることを学ばなければ・・と思っている最近です。

一回来てみてよ。新興国に来てみてよ。 (何が新興しているのやら?新興させられているのでは?) 
なんか変だよ  向上心 とか モチベーション とか 夢 とかがあまり持てない国 みたいです。
這い上がることもできないし 金持ちは金持ち 貧乏は貧乏 抜け出せない不公平社会 
最後にメッカに行く ことが唯一の目的のような  もうちょっとローカルと深く付き合ってみます。 


じゃ~ね bye!


実は、彼を訪問しようといろいろと画策をしていたのですが、現地訪問はしばらく先になりそうです・・・



バリ島だけには行った事がある不動産


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 10:22Comments(2)やるぞ日本!

2013年02月07日

Chicago Steam Basketball Team



日本にお住まいの皆さんは多分ご存じないと思いますが、
シカゴ在住の方でChicago SteamというBasket Ball Team
ご存知の方いらっしゃいますか?

NBAの下部組織、ABA所属のチームです。


先週末、先般ご紹介した日本大学の後輩松田鋼季選手が所属するChicago Steamのゲームを、
日本大学交友会有志と日本人バスケットボールクラブ"Chicago Blues"の皆さんと
一緒に応援しに行って来ました。



アフリカンアメリカンカルチャーのど真ん中
Deep South Side ChicagoのCommunity College
South Suburban Collegeが本拠地。

正直、キャンパスの外は昼までも歩けません・・・
夜は車でも通ることさえお勧めできない地域です。


そんな思いっきりDeepな社会に飛び込み
松田鋼季選手は将来NBA選手を夢見て日々奮闘しているのです。









3qtrではChicago Steamの余裕のリードも、
終盤強烈な追い上げで残り1分9秒で100対100のタイに。




残り26秒で、103対103のタイ!




最後の1分間のプレーは両チームとも凄まじい攻防で
最終的にChicago Steamは惜しくも敗戦してしまいました。





松田鋼季選手、当日は残念ながら出場機会には恵まれませんでしたが、このChicago Steam、マイナーリーグとは言えものすごい迫力。
相当高いレベル。元NBAのプレーヤーも数名所属しているぐらいですから・・・


こんな中で将来の夢を追って挑戦し続ける松田鋼季選手を日本人の誇りと思い
是非応援し続けて行きたいと思います。

是非、皆さんも応援して下さい!


こういう地道な努力こそ、マスメディアが取り上げてくれないものですかね???








松田鋼季選手を囲んで、一枚!



松田選手はスポンサーを募集中です☆



夢見て走れ不動産



  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:20Comments(0)プロフェッショナル