2012年06月17日

永遠の一年生



日本大学保健体育審議会ラグビー部の後輩、四年時の一年生。自称「永遠の一年生」何末健司君が、6月13日天に召されました。
この全く信じられない訃報を聞いたのが、丁度Los Angeles空港から羽田に向けて発つ直前でした。

余りにも驚きで、彼の死を本当に信じることはできず、ゲートで搭乗を待つ間ひたすら涙が止まらなかった。
学生の時から120KGあった彼は、見た目も性格も愛くるしく、皆の人気者で強烈なNice Guy。

このブログで紹介する内容かどうか迷いましたが、何末健司君から学んだことをシャアーさせて頂こうと思い掲載することにしました。

ー 男はタフで無ければ行きていけない
ー 男は優しくなければ生きる資格が無い
ー 家族を愛し、仲間を愛する、熱き心

そして、皆様、健康には十分気を配って下さい。


来週、訪阪時に焼香して来ます。

まだ、受け入れることができない・・・不信不動産



  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 07:54Comments(2)

2012年06月11日

異なる視点

「人によって、本当に視点が違うんだよ。」

シカゴ在住、粋なオネー様から、前回のポジティブ思考に対するこういうコメントを頂きました。



From a friend's wall. So true that even a same status can be perceived in many different ways.
米語で、「不満足な状態」「完璧でない状態」「改善の余地がある状態」をglass half fullとよく表現します。しかし、同じa glass half fullでも、考え方によって人それぞれって言う話。いかがでしょう?皆様はどう捉えられますか?

POINTS OF VIEW

パラダイムにも大きく左右されますしね。


今日からLA不動産  
タグ :原理原則


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 19:29Comments(0)

2012年06月09日

ポジティブ思考!



アメリカのマスメディアの発表で、日本のマスメディアは世界で一番物事を悲観的に書くそうです。ちなみに、二番目はアルゼンチン。

つまり、日本のマスメディアがこの写真を見ても、水はコップの半分しか入っておらず、半分空っぽという捉え方になるのでしょう。

侍ブルー、日本代表が二戦連続で圧勝し、特に今まで勝った事のないヨルダンから6点も取ったのに、TVの解説番組では、日本サッカー界の重鎮達がよって集って「ザック批判/協会批判」をしている様子をYou Tubeで見ました。

なぜ素直に喜べないのか? 残念ですよね。
評論家として、解説をしたいのであれば、もっと論理的な分析をするべきで、感情的な「誰を使うべきだ! 誰を外せ!」発言は居酒屋で管巻くおっさんに任せておいた方が楽しい。

今の侍ブルーは、選手も指導者もまだグラスが一杯になっているなんて思っていない。それこそ、この写真のように新たな水がどんどん増え続けている過程だと捉えている。そして本田や香川のように、そのグラスが一杯になりかけたら、またグラスを大きくすることに取り組んでいくと思う。

先日、元同僚と電話で話をしたら、「大春さんの様に、スーパーポジティブな人と働く機会はまずありませんよ!」とコメントをもらいました。自分では、そうかな?あいつと一緒に奮闘していた頃は、自分的には結構ネガティブ思考だった様な・・・


最近、不動産ビジネスだけでなく、ビジネス全般に関するコンサルタント依頼が増えて来ている現状、まず私が心がけていることは・・・

1 お客様に"ポジティブ思考"の姿勢を持って頂ける様に働きかけること。
2 一方で、自分は客観的にリスクも含めて論理的思考でいること。
3 そして何よりも、お互いに目標を明確に共有すること。

今の侍ブルーは、実は本気でWorld Cup優勝を最終目標にしていて、目の前の課題を一つ一つ克服して行っている様に見えるのは、スーパーポジティブな私だけでしょうか?

下手に、ベスト8とかベスト4とか言わないところが、怪しいですよね・・・


「有言実行」が美徳と言われていますが、でももっと格好良いのは、日頃の一つ一つの行動から目標の大きさがひしひしと伝わるような感じ。まさに、昨日の侍ブルーのように。


しかし、本田の謙虚な発言や、長友/香川の冷静な分析、そして、なんと言っても長谷部キャプテンの「日本中が一体となって戦っていたと感じた」の一言こそ、今の有言不発政治の日本を救ったのではと実感。 

"You guys are cool!"



実は、以外にネガティブ不動産




  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:07Comments(1)コミュニケーション

2012年06月08日

東北支援活動

先週末から、公私共に(自営業には公私の境目はないのですが・・・)盛りだくさんで、しばらく間が空いてしまいました。

ところで、写真ご覧下さい。


復興の狼煙プロジェクトからの写真です。

ラグビー界に35年!?もいながら、、、聖地釜石を今月初めて訪問します。


来週14日から26日まで日本に出張です。

以前ご紹介致しましたように、イリノイ州政府セミナーの講師として、18日東京商工会議所、20日大阪商工会議所にてシカゴの不動産動向と事業所開設/管理の話を致します。

参加費無料ですので、是非皆様おいで下さい!


そして、22日宮城県石巻市、23日宮城県女川町、24日岩手県釜石市を訪問し、シカゴ商工会議所主催の復興支援イベントに参加して参ります。


アメリカ人の友人がこう教えてくれました。「余裕があるから人を助けるんじゃない。自分がおなか一杯で余ったらから人に分け与えるのではない。自分のパンを半分にちぎってお互いに飢えを凌ぐのが当たり前だろう。自分の心が動いたら素直に身体も動かすんだよ。」って。


移動が多く、日程に余裕がないので、みなみな様にお会い出来ませんがご勘弁ください。


行ってきます!


実は、ちぎるパンがだんだん小さくなってきた不動産  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:07Comments(0)やるぞ日本!