2012年05月30日

お詫びを言う時



前回の「お礼を言う時」で、大変反響を頂いたので、今回は「お詫びを言う時」を。。。

「ごめんなさい」
「申し訳ありません」
「お詫び致します」
「お許しください」
「ご容赦ください」

五右衛門だったら、「かたじけない」でしょうか。


いろいろなお詫びの言葉や場面がありますが、心の底から詫びている場合と、ある企業経営陣の謝罪会見のように、どう見ても「なんで俺が社長の時にこんなことが起きるんだよ、まったくついてね〜」と全身で表現している謝罪もあったりしますよね。


アメリカ人は謝らない人種と言われていますが、確かに自分に非がなければ謝りません。自分が不利になるような時も、非があっても謝らない人もいます。非を認めるということへの重さを常に感じているのだと思います。日本の美徳である潔さなんてものは存在しません。

例えば、交通事故を起こした時等、絶対に謝るなともいいます。日本では、自分に非が無い事を誰もが知っていても、とりあえず謝ることもあるくらいです。

先日、打ち込まれて敗戦投手になったダルビッシュ選手が、監督に「打たれたからと言って謝るな」と言われたという記事で話題になりましたが、その辺はアメリカ文化と日本の文化とは全く異なるところだと思います。

【アメリカの場合】
ー 自分がベストを尽くして打たれた時に謝る必要はない。
ー 誰でも完璧はないのだから、一年間を通してどういう成績かが問題である。
ー もっというと、謝っても謝らなくても、成績が期待値に届かなければ首です。
ー 振り返らず、前を向いた表現がよりよいのではないでしょうか?

日本の様に、潔く気持ちとしてここは詫びておこうなんてもんは、アメリカのプロスポーツには存在しません。もちろん、怠慢プレーをしてミスを犯したことを自覚していれば、アメリカでも謝らなければならないことだと思いますが、これも、謝る謝らないではなく、プロですから実績のみ評価される世界です。

最近思います。
軽々しく謝ることは、人間として、プロフェッショナルとして、気を付けなければいけないことなのだと。

皆様はどう思われますか?


ちなみに、米語では、"Sorry"というのは、「残念」という意味を強く含んでいることお忘れないように。


ベストは尽くしても結果が出ない時には謝罪不動産

  
タグ :人生の機微


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 13:15Comments(0)コミュニケーション

2012年05月27日

お礼を言う時



みなさんは日常、どんな時に、どんな人に、どんか形で、お礼を言っていますか?
お礼を表現する言葉も様々で、その表現によって深さや重さが違ったりしますよね。

「ありがとう」  一番当たり前な表現だけど、意外と照れくさく思っていませんか?
「サンキュー」  音的には"3・9"って感じ。世界で一番外来語を使う国は日本だと思います。
「どうも」    日本人の大好きな短縮型
「わるいね・わりーね」   日本人独特の気の使い方
「すまんな・すみません」  お礼を言うところで、謝ってどうする?

日常的にはこんな感じでしょうか?

「礼を言うよ」 なんて上から目線で畏まって言われても有り難味はないですよね。


アメリカ人は、“Thank You”を多用します。常に、どんなことにも笑顔で"Thank You"と言います。Emailの文末で今一番多い表現は、"Thanks"だと思います。私も"Thank You"を一番意識しています。

しかし、アメリカ人は、お礼を言うところと、そうでないところの区別も各人明確であります。それぞれの意識の中に明確な指針があるように思えます。むやみやたらに"Thank You"というのではなく、心の中から言う言葉である証ではないかと実感します。

アメリカかぶれしていると思われ勝ちですが、日本で、ウェイトレスの人に「ありがとう」と言うと一瞬驚いて、凄く嬉しそうな笑顔を見せてくれることが多いです。一度、虎ノ門のキオスクで「ありがとうございます」と言ったら、きょとんとして、「そんなこと言う人、最近いないよ」って言われたことも。。。

私も仕事中、お客様に「ありがとう」と言われるのが一番嬉しい。

今日から、日本中、一日にありがとうを100回言う法令を実施したらどうでしょう。
国中が明るくなり、景気も良くなるんじゃないかと思うくらいです。


我が家では、いつからか、一日が終り就寝する前に、子供達が「今日も一日ありがとう」と言ってベットに入ります。
自分が自分の親に言って来なかったことを、何故か何時の日からか、自分の子供が自分に言ってくれる。


「ありがとう」と何回言えるか。
「ありがとう」と何回言われるか。

FacebookでもShareしましが、娘から父へのありがとうのBig Hug、ご覧下さい。



ここまでできるか?不動産



  
タグ :人生の機微


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:36Comments(0)教育

2012年05月26日

イリノイ州企業進出/投資セミナー 6月18日、20日

毎年恒例のイリノイ州政府東京事務所主催、企業進出/投資セミナーのお知らせです。

6月18日 @東京商工会議所



6月20日 @大阪商工会議所




申込書




法律/会計/金融/不動産に関し、現地から生の情報をお届け致します。
参加ご希望の方は、イリノイ州政府東京事務所か、弊社までご連絡ください。

info@whitecubellc.com

皆様のお越しをここよりお待ちしております。



WHITE CUBE LLC
大春 敬

  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 05:41Comments(0)新規進出

2012年05月23日

東京ジャイアンツ Tシャツ

昨日、パートナーの一人から、Emailが来ました。

“What is your favorite Japanese Baseball Club?”

「ヤクルトスワローズだけど、なぜ???」と応えたら・・・

“I saw cool tshirts for the following:”

Tokyo Giants
Hanshin Tigers
Hiroshima Carp
Nankai
Osaka

なんやそれ? どこで? と聞いたら、なんと、このサイトで販売をしているのでした。

Carbon 2 Cobalt


各球団の許可を取っているのでしょうかね???

他にも、キューバリーグのTシャツ



メキシカンリーグのものも



デザイン一つで、凄く魅力的な商品になりますね。
私も、ジャイアンツ以外(生まれた時からアンチ巨人)のは、全て欲しくなりますね・・・

でも、価格は一枚$48。
アイディア一つで、ここまで付加価値を付けられるとは・・・見習わないと・・・


欲しくなった方いらっしゃいますか???



ほんとに?ヤクルトファンだった・・・不動産

  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 03:30Comments(0)ビジネスアイディア

2012年05月18日

輸出倍増計画



オバマ政策の柱の一つに、「輸出倍増計画」があります。輸出倍増と聞くと、日本人の感覚だと、「アメリカで今更工場を建設して生産拠点として活用できるかな?」と思いがちですが、サービス産業の輸出、、、つまり「観光産業」も外貨を稼ぐという意味では輸出産業ととらえられると言うことです。

興味深いSlateの記事

そのためには、アメリカはもっともっと外国人が訪問し易い様に公共交通機関のインフラを整えないといけないと。公共投資に繋がる話です。

一報、日本はどうでしょう?
過去にいくつかのキャンペーンを行なってはいますが、外国から日本を訪問する立場の私か感じるのは以下の点です。


良い点、悪い点を比較してみましょう。
米語では、良い点、悪い点を比較する時に、、、“Pros and Cons"と言います。

Pros

日本: 公共交通機関の整備は世界でトップクラスです。どこに行っても、交通機関で困る事はない。金額もそれほど高くない。
    良い例がこのJapan Rail Pass。海外からの来訪客は38000円でJR一週間乗り放題! 新幹線も乗り放題!
    安全! 何しろ安全。

米国: ホテルは一部屋単位の価格であり、人数が変わっても関係ない。家族四人が泊まっても一人でも同じ価格です。
    スタバ/マック/パネラ/ホテル内など、結構ありとあらゆるところでフリーワイファイが使えます。



Cons

日本: ネットアクセスは最悪。スタバでもマックでもフリーワイファイが当たり前のアメリカとは比較になりません。
    ホテルは一人当たりの金額。人数が増えれば金額も上がる。
    携帯電話。プリペイドはあるが、通話金額が高過ぎる。

米国: 真剣に危険。殺人事件は日常茶飯事。
    NYC/Boston/Chicago以外は、基本的にレンタカーがないと行動出来ない。
    


意外な一面を、、、虎ノ門銀座線キオスクのおばはんと話をした時、なんとおばはんアメリカ人には英語で対応していました。とーても国際的・・・


インフラやネット環境もそうですが、肝心要の国や国民自身に魅力がなければ、誰も来てくれませんよね。


輸入超過国日本、今こそサービス業の輸出を見直す時です。



アメリカ人に日本を、日本人にアメリカをプロモートする不動産  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 13:17Comments(1)ビジネスアイディア

2012年05月16日

Respect 〜敬意〜


Photo by USA Today

とても、心に響く美しい光景だと私は思いました。

5月15日、サルコジ前フランス大統領とカーラ婦人が公邸を去る時の写真でしょう。
どれだけ長いレッドカーペットであったか分かりませんが、制服で身を固めた執事が両扉を開けて待っている。
粋な計らいであると同時に、清い"Respect"を感じます。

日本の首相が官邸を出る時に、このような計らいがあるのでしょうか?
まー9ヶ月に一度、こうもやっていられないかもしれませんが・・・

昨日面談したお客様とのお話でも、昨晩日本からご出張でいらした知人との会食時でも、"Respect"という重要な点に話が行き着きました。
昨日のブログで書いた内容も、選手に対する"Respect"の問題であると私は実感します。


日本人は、政府/官僚/企業だけでなく、一人一人が相手に対する"Respect"を再認識する必要を強く感じます。
身分や肩書きに対するのではなく、一人一人の人間と向き合った"Respect"です。

"Respect"は、時に、報酬以上の喜びと価値を生みます。


昨日お会いした全ての方に敬意を表する不動産  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:30Comments(0)

2012年05月15日

スポーツビジネス



横浜ベイスターズの新オーナーDeNAが、今まで球界にはなかった試み始めたそうですね。それは、それで、とても素晴らしい。
このNumberの記事を読んで、いくつか思うところがあります。

ー ルールはルールなのか?
ー 何のために?
ー 心意気って?

1日 対ヤクルト ●0対7  50人 19万3000円 >> 全員返金、分かり易い。
3日 対ヤクルト ○3対1  49人 8万3000円 >> 一人以外皆返金、なぜ???
4日 対中日  △3対3  48人 8万6500円 >> 引き分けで、二人以外皆返金、依然として???
5日 対中日  ○12対1 28人 4万6000円 >> ここまでやっても、半数以上返金???
6日 対中日  ○4対2  38人 6万1500円 >> ここまで来ると、面白味はなくなった。

この結果をみると、このチケットを購入された方の過半数が、とりあえず、、、「負ければただだし、勝っても半額で見れる」という意識でいらしているのではないかと思うのは私だけではないはずです。

そうなると、企画側の「遊び心」は、全く通じなかったという証。
ルールはルールですから、勿論、5日に返金を要求した28名の方も非難される理由はないのですが、この結果によりこういう企画が他チームへ普及することはないでしょう。

あ〜〜〜あ、つまんないな・・・(独り言)


随分と昔、Chicago BullsとWHITE Soxのオナーである、Jerry Reinsdorfさんによる「Sports Business Management」という講演が、非常に興味深い内容であったことを今でも覚えています。

彼のコメントで今でも脳裏に焼き付いているのが・・・

☆ 皆さんは日頃から、全ての競合が市場から姿を消して、自社が市場を独占出来ないかと考えていることでしょう。しかし、スポーツビジネスは、競合にいてもらわないと試合ができない。そして、その競合も適度に強くない(BullsやSoxより強いと困るけど・・・)と盛り上がらない。

☆ 皆さんは優れたビジネスマンを相手に論理的な交渉をしているが、私のようにお金の価値すら解らず将来の見えない高校生と、長期的な数億円の交渉することを想像できますか?

丁度この時期、Michael Jordanがバスケット界から去りSoxのマイナーでプレーをしているころでした。(相当昔の話ですよね・・・)
超一流選手がBullsに所属していたにも関わらず、MJが去った後は思う様に勝てない時期でした。


そこで講演後、私がJerryに質問しました。

「ジェリー、強くて赤字の球団と弱くて黒字の球団だったら、どちらを選ぶ?」

その応えはなんと・・・

" I am Jewish, I hate to lose money."

こう一言です。。。


横浜ベイスターズが今後どんな道を歩んで行くか興味深いですが、日本の球界も「利益」を意識してみて欲しいですね。

利益を生むためには、面白くして観客を集める努力をするしかない。
そのためにも、魅力ある競合他社が必要なのです。


この狭いシカゴ不動産業界にも続々と競合他社が参入してきています。
益々、「違い」をお見せ出来るチャンスです・・・


ちっちゃな頃からアンチ巨人不動産


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:40Comments(0)ビジネスアイディア

2012年05月14日

母の日 ~ Mother's Day ~



皆様、母の日は、どのように過ごされましたでしょうか?


アメリカでは、MLBの選手達がピンクを身につけて、、、バットまでピンクかよ? 黒田さん?


母を思う気持ちをピンクで表現する当たりはアメリカです。


今朝、いつも通り娘を学校まで送った際、美しい光景を目にしました。

障害を持つお子さんを送りに来ていたお母さんが、学校の前で先生にお子さんを預けると軽く手を振って車の中へ。ちょっと素っ気ないな・・・と印象を持ちましたが、その車が中々動き出さない。出るのかな?出ないのかな?と良く中を見ていると、運転席にいるお母さんは、先生と笑顔で会話しながら一歩一歩ゆっくりと校舎に入って行くお子さんの姿を、最後まで笑顔で見守っていらっしゃいました。

快晴の朝なのに、ワイパーを使わなければ運転できない程に・・・
微笑ましくも心熱くなる朝でした。


Facebook上で多くの人がShareしていますが、ここでもう一度感動のYou Tubeを。




人生で一番嬉しいのが「感動」ですよね。


涙腺弱過ぎ不動産  
タグ :人生の機微


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:45Comments(2)

2012年05月12日

親日家

今週、シカゴでアラバマ州政府の関係者とランチミーティング。アラバマ州は、昨今自動車産業を中心に企業誘致を積極的に進めており、日本/ドイツの大手が続々と進出している州です。

アラバマ州からお出でになり今回お会いしたお二人は、大変な親日家であり日本を良く理解していらっしゃいます。
とても素晴らしいお人柄であり、日米の交流/発展のために尽力されている、素晴らしい人達です。


そんな方々とのランチミーティングですから、勿論お昼は日本食レストランへ。

今回訪問したのは、最近注目の“Slurping Turtle.” レストラン“TAKASHI"のオーナー、柳橋タカシさんが新しくオープンした、備長炭串焼きとラーメンが売りのお店です。

社団法人北部アラバマ州経済産業開発協会理事長/CEOのTate Godfreyさん、Georgia生まれの彼は醤油ラーメンを注文。




ハンツビル市商工会議所経済開発局長のEthan Hadleyさんが注文したのは、なんと天ざる。



刺身やチャーシューのアペタイザーの後、お二人はとても上手に“Slurping” ( 音を立ててすするという意味)して、完食。
特にEthanさんは、日本に15年住んでいらしたので、それはそれは日本人そのものの感動的な“すすり方”でした。

日本人が具沢山の分厚いアメリカンサンドイッチをこぼさずに食べれない様に、アメリカ人で麺類を音をたててすすって食べれる人は皆無に近い。


Slurping Turtleも大繁盛



未だに学校では、「第二次大戦敵国日本」と教えているアメリカですが、民衆はそんな政治的に操られた昔ことを顧みるよりも、今、美味しい寿司とラーメンを楽しむ時代となっているのです。

アメリカと日本は、どんな角度から見ても、切っても切れない強烈に相互依存し合った家族のような仲なのです。政治家も国民も、その現実を直視して、このお二人の様に、この大事な二国間関係をより強固にする活動を支援したいと思います。


アメリカに来た理由の一つ、「両国民の誤解を解きたい」。

民間外交不動産




  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:09Comments(0)ネットワーク・人脈

2012年05月08日

めちゃめちゃな話〜第二弾〜


これが、Jodの義理父が所有するBahamas諸島に浮かぶ島です。

「こんな島にズーといたら、逆に不安にならないかな?」って思う程、何もないですよね・・・
勿論、携帯電話は繋がらない。

一度は行ってみたい。今度Jodと大きなDealを決めよう!


それでは、くろいちゃんのリクエストにお応えして、めちゃめちゃな話〜第二弾〜をお届けします。

パートナー会社のNAI Hiffmanのオフィスに行くと、本当に色々な人がいます。
全般的に、非常に紳士的でナイスガイに溢れ、女性陣もとても感じの良い人ばかり。アメリカの職場にしては珍しい!?かもかもです。


その中で、前から一人凄く気になっているナイスガイがいました。

いつもビシッとネクタイをして、個室に座って、机の上は常に何も置いていない。どんな時でもPCの画面に向かっている。
「こいつは何をやっているんだ?」っていつも思っていたけれど、中々彼のオフィスに入って、「何してるの?」とは聞けないし・・・

先週の送別会で、やっと話す機会を得、色々な会話をしている中、ハチャメチャに凄いビジネスモデルの話を始めました。


“なぜこの業界に入ったの?”

「大学を出て教師になろうと思ってたんだけど、不動産を買うのが夢で人に相談したら、不動産買うならまず売ってみて業界を知ってからの方がいいんじゃないかという助言から、それならって思ってさ。」

“っで、Hiffmanに入って何年?”

「12年たったかな。会社と人に恵まれて、本当に順調だよ。」

“っで、自分の不動産を持つ夢の方はどうなった?”

「これからの話はプライベートだから内緒だよ。別に、会社のビジネスと自分のビジネスはしっかり分けているし、会社には一切迷惑をかけていないので、別に話されてもいいけどみんなには余り言ってないから。」

こう切り出した彼、以下ちょっと業務的に箇条書きにします。

+ 12年前は、持ち家一軒のみ。現在は、住宅不動産30軒、商業不動産15軒所有。
+ フルタイムの社員二人が、常に物件の管理を全て行なっている。
+ 家族の時間+会社のビジネスの時間+自分のビジネスの時間意外は全く時間を使わない。例えば、ゴルフはしない、テレビも見ない、スポーツ観戦にも行かない。但し、家族とはどこへでも行く。

しかし、いくらゴルフを止め、テレビを見なくても、12年間でこれだけの物件を無借金で所有はできません。特に、住宅不動産はキャッシュで投資をしないと良い利回りが生まれません。彼は、平均5.5% の利回りを生んでいるそうです。

彼の総資産を計算しても、自分には関係がないので意味がありませんが、彼の目利きというところに非常に興味があります。


ポイントは、、、

+ いかにマーケットを熟知するか。
+ 管理を行なう以上、焦らず地域的戦略もしっかり抑える。
+ キャッシュが全て。

そして、なんと言っても、不動産が好きで好きでしょうがないことでしょう。
「好きこそものの上手なれ!」の典型です。

今こそ不動産を買う最高のタイミングだと。共同投資家を見つけたら、もっと早いスピードで拡大できると自信に満ちあふれた笑顔。
嫌みの無い、爽やかな奴です。


好きだけどまだ上手になれていないよな〜不動産











  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:14Comments(1)ビジネスアイディア

2012年05月04日

送別会


昨晩、弊社の戦略的アライアンスパートナーNAI HiffmanのMarketing Director Julia Sutherland の送別会が行なわれました。

NAI Hiffman C.E.O. のDave Petersonから、送別の言葉とみんなからの贈り物を。


アメリカでは、この様に会社が個人の送別会を行なうことは珍しいのですが、Juliaの場合は、NAI Hiffmanから上部組織で全世界NetworkまとめるNAI GlobalのMarketing Directorへキャリアアップするので、特別な配慮がされたという感じではあります。
それよりもなによりも、彼女の人柄や組織への貢献度を讃えられたことの方が大きいかな。


昨晩は、パティオの着いたプライベートルームを貸し切ったので、お決まりの立ったままの呑み会ではなく、ちょっとリゾートぽい雰囲気の中、夕方5時から11時半まで延々と。勿論、最後まで残るメンバーはいつも同じですが・・・

アメリカ人でも同じなのが、女性も男性も長く残る奴が「良い奴」で、先に帰る奴は「根性無し」みたいな本音があります。

最後まで残っている良い奴ら・・・


後ろでは、店の片付けが始まってるってのに・・・お構いなし・・・



しかし、世の中面白いですね。

【昨日聞いためちゃめちゃな話その1】

オフィスチームに所属する若手ブローカーJod Henryの話。

「来週超大手の投資グループの接待旅行で、バハマまで行くんだ。」
「バハマか、いいね。どこに泊まるんだい?」
「実はさ、、、俺の義理の父親がさ、Bahamaの南部に自分の島をもってんだよ。そこに行くんだ。」
「?????」

島には滑走路があり、セスナで行き来する。
家も3軒あるそうです。

隣の島々までも凄く近く、Michael JordanやJack Sparrowが隣人だそうです。

Private Island...本当に存在するんですね。



っえ?その義理父は何者かって?

道路工事関連事業を創業し、一代財産を成したそうです。


座っているのがJod...



明日は、もう一つの【めちゃめちゃな話】をお届けします。


夜の街でも自分の島を持てない不動産  
タグ :人生の機微


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:35Comments(2)仲間

2012年05月02日

おかげさまで4周年!



本日5月1日、WHITE CUBE LLC 創立4周年記念日です。

「俺になら出来る」
「さて、どうすればいいんだ」
「いや、この景気じゃやばいかな」
「またお仕事頂きました」
「さて、この先どうするかな」

眠れない夜や、食べ物が喉を通らない日こそなく、毎日健康で過ごして来れたのも、愛情を無制限に注いでくれる人、心の底から応援してくれている人、そしてやはりなんと言ってもお客様のおかげです。

仕事を受注する難しさ、有り難さ、失う辛さを骨身に沁みて参りました。



ー 責任を取るとは
ー 人を信じるとは
ー 感謝をするとは

解らないから、ワクワクするのです。


「夢」は、道のりが長ければ長い程、楽しむ時間が長いというもの。


有り難い人生。
自分を信じる不動産。







  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 07:58Comments(6)プロフェッショナル