2011年03月25日

東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ



もの凄くすばらしい企画です。サッカーファミリーは、代表チームもJリーグだけでなく世界も巻き込んで他国のリーグや選手まで一丸となって、日本を励まし元気を届けようと真剣に活動している。
元々代表試合の予定がキャンセルされたとは言え、この短期間にこれだけの企画を実施するには相当な力が必要です。サッカー界は、その力が有りその力がまとまる。国際A級マッチではないので、海外チームへ理解をもとめなければならないが、あっという間に全員揃ってしまう。

これぞ、本当にスポーツが社会にできることではないかと思います。


その一方で、、、



こちらのリーグ関係者からのコメントには??????しか浮かびません。いやセリーグということではなく、一部の球団関係者のコメントと申し上げた方が正確かもしれません。

「開幕の日程は御上が決める事か」
「パリーグの言いなりなってたまるか」
「選手にそこまでの覚悟あるならやってやるか」

これって、現在の日本が置かれてい状況下で、いやちがうな、どんな状況下でも発言する内容ではありません。
それこそ、「何様ですか?」って聞きたいな。いやこれも違うな。「何様」であっても許せる発言ではないな。

蓮舫節電啓発担当相のコメントに、「お上と言うよりも、ファンや選手の声をしっかり聞いた結果で、新井会長の努力は素晴らしかった」とあります。
リーグや球団経営者ではなくて、選手会の努力でですか!?

野球界は、相撲界と同様、何か本分を誤解されていませんか?
いや、野球界ではなく、一球団かもしれませんが。


自分たちが、今こうして活動できているのは誰のおかげなのか。
野球がここまで繁栄したのは何故か?
ここまでしか繁栄しなかったのは何故か?


よく考えて頂きたいです。


将来を担う子供たちが、サッカーと野球とどちらを応援したくなるか、将来どちらが繁栄しどちらが衰退するか一目瞭然です。

昨日お食事をご一緒した方がおっしゃいました。「人情がある人と付き合いなさい」と。「人情を分からない人は駄目だよ」って。

「人情」が分かっているサッカー界に感謝して、心から応援を致します。

ところで、ラグビー界はどうしているんだろう?
東北はラグビーが盛んな地域でもあります。釜石の選手は皆無事と連絡を受けましたが、ラグビー界も日本の元気に貢献して欲しいものです。


しかし、「節電啓発担当相」って凄い名前ですね。
誰が考えて、誰が承認するんだろう。


義援金啓発担当不動産(ちょっと偉そうですかね!?)

  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:48Comments(9)スポーツ

2011年03月18日

原子力発電所 危機管理発想の違い

被災地の皆さん、そして日本中の皆さん、大変に不安な日々をお過ごしだと思います。

連日、災害対策の為に活動している方々は、食事をし睡眠を取っているのでしょうか?
枝野さんは全く寝ていないと聞きます。そういう方も多くいるのでしょうね。

昨日、アメリカ国籍をお持ちの日本人の友人と緊急事態時の危機管理に関して話をしました。
もしも、本件がアメリカで起きたら、

1)大統領を始め要人は完璧安全な所へ移動する。
2)原発問題が発生した初期の時点で、最悪の事を想定して対応する。
3)軍隊が中心となり、被災地安全再優先に活動する。

と言った感じでしょうか?

大統領専用機"Air Force One" は3機常備され、常に一機は上空飛行をしているそうです。
ヘリでの移動も常に3機で行なわれ、どの機に大統領が搭乗しているか分からないように運営されている。

日本で、もしも首相が安全な所に避難をして、そこから指揮をとった場合どうなることでしょう?
アメリカのそれとは明らかに異なります。


来週名古屋でイリノイ州政府商務省主催のセミナーが予定通り行なわれるので、日本に出張します。
東京にどれだけ滞在するか、考慮中です。


この状況下で、政府発表の情報をどこまで信用するか。
限られた情報源から、自分がどう判断するか。

週末に決めたいと思います。


試されている不動産

  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:13Comments(5)緊急事態

2011年03月15日

東日本地震/津波災害への支援

皆様、このサイトをご覧になりましたか?

物資支援、資金援助、ボランティア活動など以外にも、このような形で精神的な支援というのももの凄く有効ですね。

http://prayforjapan.jp/tweet.html

日本人の心って素晴らしい!と思います。

アメリカ人の中には、暴動や略奪が起きない日本を褒めている人もいます。我々日本人にしてみれば、そんなもの日本では想像した事もないと言いました。

私も見習って、何か出来ないか、考えます。


今こそ、元気不動産!


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:58Comments(5)頑張れ日本!

2011年03月13日

東日本地震/津波災害

来る来るとは分かってはいながら、実際に起こってみると想像を絶する自然災害。多くの方の命を失い、今なお多くの方が孤立して救援を待ち、多くの方が不安と恐怖に心を震させている。

亡くなった方のご冥福を心から祈り、一人でも多くの方が助かることを心から願います。

宇宙と行ったり来たりできる時代になったのに、衛星写真で世界中が見渡せる技術があるのに、何故孤立して助けを求めている人達を、直ぐに皆さんを救出できないでしょうか? 取材のヘリがそこまで行っているのならば、何故、一人でも多くの方を救出しないのでしょうか?

情報も大事だけど、人命はもっと大事だと思います。

今日は15度程度まで気温が上がると言っていますが、二晩も呑まず喰わずだったら身体も弱っているだろうに、早く助けて上げて下さい。


世界中から救助の方がどんどん来日され、現場に向かった行く姿を見て感謝します。自分たちも何かできないか考えています。

地元ケーブルテレビComCastは、無料でNHK Newsを24時間配信しています。有り難いことです。

皆様の安全をお祈り致します。


無力不動産  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 08:02Comments(4)

2011年03月09日

NAI Hiffman “二年連続一位”



先日お話をしたかと思いますが、弊社の戦略的パートナーであるNAI Hiffman社が、二年連続でChicago地区Property Management部門でNo.1を勝ち取りました。添付にもあるように、社長のDave Petersonは、以下のように言っています。

"Our plan has NEVER been about being the biggest or becoming number one. Our goal has been and continues to be performing with more passion and excellence than our competition."


「目の色が違うね。」と言われ、「いやー、カラーコンタクトに代えたんです。」(おっといけねーオヤジギャグを失礼・・・)ではなくて、、、「いやー、大好きなだけですよ」っとお応えしたいですね。

日本には昔から良い言葉があります。「好きこそものの上手成れ」
一方で日本には嫌な言葉もあります。「下手の横好き」

どうであれ、「好き」ってことが大事ですね。


好きで始めた不動産






  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 07:18Comments(2)ビジネスアイディア

2011年03月07日

矢野顕子さん チャリティーコンサート in Chicago


新作『音楽堂』をリリースする矢野顕子さん

昨晩Chicagoの北、EvanstonにあるNorthwestern大学のコンサートホールにて、シカゴ日本商工会議所基金主催、矢野顕子さんとScoop of Somebodyのチャリティーコンサートが行われました。May Jさんも飛び入りし、そのシーンはNHKで放映されるそうです。

コンサートなんて何年ぶり!?
高校の時に行った、“Silver Convention”以来!? しかし、Get up and Boogie! 凄い曲名ですよね・・・
竹内まりあのピーチパイコンサートにも桜でいったような・・・

とにかく、昨日は久々のコンサートに非常に興味をもって会場に足を運びました。

まず、Scoop of Somebodyの歌声。最近カラオケにも近づいていないので、コンサートが凄く新鮮でSOSのピアノと歌声に心地よい気分でした。途中でSOSにMay Jさんが飛び入りし、デュエットを一曲披露。曲名は"Endless Love"。
なかなかいい感じで、気分の良い曲が多くありました。

そして、休憩挟んで矢野顕子さんの登場です。

正直、ちょっと変わったおばさんかな!?くらいにしか思って、どんな感じかな・・・って。
それがどうでしょう! 登場からあっという間に引き込まれてしまいました。
凄過ぎる。

「同じピアノを弾いて、同じ舞台なのに、SOSとは音が全く違う・・・」横にいた息子の言葉です。


言葉にするとしたら、、、

「J-POP!? とんでもねぇー、芸術的な音楽に感動!!!」

こんか感じかな!?

矢野さんの芸術性溢れる才能と感性、そして円熟した舞台運びに感動。


イビチャ オシム氏が、言いました「努力をしているという感覚が無くなった時、真のプロと言える」と。

まさに、矢野さんは、きっと若いときからこういう感覚だったのではないかなと思います。

SOSはMusician、矢野顕子さんはArtist。


歌、ピアノ、語り、全て次元が違っていたな〜。
勿論、矢野さんとSOSの年期が違うということもありますが、もっと根本的に違う所が有る様な感じがしました。
特に、ピアノのに乗り移っている感じ、弾いているのではなくて、一体となっている感じ。

たまたまYou Tubeで見つけました。面白いのでご覧下さい。




矢野顕子さんのおじいさんはロシア人と日本人のハーフだったとか。May Jさんのお母さんもハーフだそうです。
やはり、色々な要素が混在し合うと、新たな物が生まれるのだと実感。


昨晩以来、すっかり矢野顕子ファン。
行って良かった。


才能+修練+喜び=極める



まだまだ努力という意識が消えてないな・・・


修行不動産


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 00:02Comments(4)プロフェッショナル

2011年03月06日

本気ですか?



「ある政治家が、05〜08年の四年間、外国籍の人から合計20万円の政治献金を受け、政治資金規正法違反を犯した以上、故意であろうがなかろうが閣僚は辞めざるを得ないだろう。」と新聞紙上にあります。

これを読んで“本気ですか?”って率直に感じました。

− 本人が故意で受け取ったのか?
− 故意でなくても閣僚は辞めろ?
− 五万円を数回に渡って受け取った?

− まず、こういう事実を一生懸命調べている人がいるという事実。
− 鬼の首を取ったように、騒ぎ立てる政治家がいるという事実。
− 故意にしてもそうでないにしても、こういう事実を残した政治家がいるという事実。
− そして、このニュースが注目の関心事になっている事実。

みなさん、本気ですか?と問いかけたいですね。

本当になんだか全部、がっかり不動産


  
タグ :日本の将来


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 03:35Comments(7)プロフェッショナル

2011年03月01日

ラグビーワールドカップ 代表候補発表

昨日日本ラグビー協会から、本年度ワールドカップ日本代表候補41名が発表されました。

私の母校、日本大学からは東芝の大野選手と近鉄のタウファ統悦選手の二人が選出されました。
大野選手は、体育会ラグビー部OBではなく、工学部のラグビー部出身という変わり種。
タウファ統悦選手は、体育会ラグビー部82年の歴史の中で唯一の外国人キャプテンを勤めた逸材。


彼の特集をご覧下さい。


Puss TV - Watch Video

私は、統悦選手がトンガから留学来たばかりの時、グランドで会って話をしました。その時は、日本語は話せなかったので、英語で話をしてみました。それがまたどうでしょう、高校まで英語教育を受けていたということで、私なんかよりずーーーと素晴らしく流暢な英語を話していました。(汗)


彼の勤勉さ、人柄の良さは、こちらのブログで紹介されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/jimyken105/4119217.html


そして、特集でも彼の人柄が浮き彫りに、、、


Puss TV - Watch Video


日本大学というと、ラグビーよりもアメフトが有名であり、チームスポーツよりも相撲やゴルフ、レスリング、水泳と言った個人種目が有名ですが、彼のように本学からも良い人材をラグビー界に提供しています。
昨年選出されたSquadには、本学のOBが5名含まれていました。(っで、なんで、、、二人に、、、)


彼を知るみんなが言います。「統悦は、日本人以上に日本人だ!」っと。(どういう意味だ!?と深く考えないでください)
是非、統悦選手には15人に残ってもらって、ワールドカップで活躍をして貰いたい。

彼を一選手として尊敬し、彼を後輩として誇りに思います。


しかし日本ラグビー協会、何故、カーワンだと監督ではなくヘッドコーチになるのでしょうかね?
ザックは監督と呼ばれているのに・・・


感得不行き届き不動産


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 12:43Comments(1)スポーツ