2010年06月30日

サッカー日本代表 強烈に心に残るエンディング!



120分の勇敢な戦い、正々堂々した振る舞い、一点も入れさせなかった鉄壁な守り。

トーナメントは、優勝しない限りいつかは退散しないといけません。そういう意味では、ゲームには負けないで大会を終了することを、誇りに思うべきです。

PKは水物とは言え、パラグアイのPKには明確な戦略があった様に見えました。始めのキッカーが左下ギリギリ、二番手が右下ギリギリ、その後は正面系統でキーパーの動きを見据えて・・・
あの辺が、サッカーしか無い国とサッカーもある国との違いでしょうか? 
あるいは、彼らのハングリー精神ですかね?

国民の40%が貧困層であるパラグアイ共和国、選手の中にも貧困層出身者がいたと思います。彼らにとってこの試合に勝ってベスト8に行くのと行かないのでは、日本人選手のそれとは雲泥の差があるでしょう。

今日、お客様からお聞きしましたが、マラドーナ監督は、”明日の試合にプレッシャーがかかるか?”という記者団の質問に、”プレッシャーとは明日食べる物がない時に感じることで、サッカーの試合ではそんなものはない。”と。
彼の生い立ちから考えると、凄く説得力のある重い言葉です。

駒野選手に話題が行きがちかもしれませんが、今日の試合はPKだけやったわけではありません。90分+30分=合計120分も戦ったあとのPKはジャンケンみたいなものですから、勝負そのものは開始一分から始まっています。フィールドにいた選手も控えの選手も監督もコーチも、皆同等の責任があるということです。

勿論、駒野選手は一生忘れられない出来事ですし自分で乗り越えなければならない経験になったでしょうが、松井選手も本田選手も同じように責任を感じていることでしょう。いや、チーム全員が自責の念に駆られるものだと思います。


これで、日本でも言い訳や中傷なしに、世界のトップレベルと勝負ができるということを学びました。
日本民族が誇りに思える結束も生まれました。
非常に大きな収穫です。

我々もビジネスの舞台で、世界の民を唸らせる活動をして行きましょう!

最後に、これからは、”侍ブルー”と英語を使うのではなくて、”侍青”と日本語でお願いします!


もうここまで来ると、サッカー評論家不動産  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 09:05Comments(3)

2010年06月29日

いよいよ パラグアイ戦!

今から3時間後に歴史的な試合が始まります。

選手、監督、コーチ陣、関係者、サポーター、国民、日本人であれば誰でも、この試合に強い願いを込めているのではないでしょうか?

アメリカに住んでいると、日本人は群れる割には結束力の弱い民族だと感じます。他の民族は、しっかりと同民族を支えます。
アメリカで、日本人だけが群れる印象が強いのですが、アイリッシュやユダヤ人とは比に成りません。それは、宗教が背景に有るからです。

パラグアイは、現在でも15歳から49歳の間徴兵制度が適応されているそうです。歴史的にブラジルとアルゼンチンと戦って来て、国をぼろぼろにしてきた背景があるので、少ない勢力の軍隊を国民全体が支える制度をとっているようです。
この辺は、”ラテンってなんやねん”の永石さんがめちゃめちゃ詳しいです。

宗教的な結束力もなく徴兵制度のような富国強兵策もない日本民族が、アジアのプライドをかけてどんな試合をするか、ものすごく興味がありますね。



そんな緊張の一戦で、ドイツ対イングランド戦のこのような誤審が無い事を祈ります。明らかな誤審は、素晴らしい緊張感を一瞬にして吹き飛ばしてしまいます。誤審は、選手だけでなく誤審をした審判も後味の悪い結果になります。

しかし、今回のワールドカップ全体の盛り上がりを感じてどうですか?
スポーツは素晴らしすぎる!
不景気で停滞している日本国民を、短期間にここまで興奮させることができるのですから。
そして、一瞬にして世界のメディアの注目を集め、世界中に日本を知らしめる事ができるのですから。
日本の首相が交代しても、世界の人々は全く注目していないのに・・・

日本国は、もっとスポーツに対して敬意を払い、もっと貴重な存在として大事に扱い、もっとお金を使うべきです!
選手にお金を上げろということではなく、全体の環境レベルを世界に少しでも近づけろと叫びたい。


実は、この辺が私が不動産業界に参入した理由の一つです。


ワールドカップの盛り上がりでしばらくビジネスネタから離れていましたが、実は、6月も二社のお客様ご成約。おかげさまで10ヶ月連続契約成立記録更新中。

意外にやるでしょ!?不動産


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:43Comments(1)

2010年06月28日

パラグアイ戦



これがパラグアイの国旗であるとご存知ですか?



パラグアイ共和国の所在地はご存知ですか?
以下の地図をご覧下さい。



ブラジル/アルゼンチン/ボリビアに囲まれた国です。
ブラジル、アルゼンチンには行った事がありますが(ボリビアにも行く予定が友人の葬儀で中止した経緯があります)、パラグアイには行った事はありません。


人口が640万人、GDP世界100位の小さな国です。



サッカーチームの強化と人口やGDPは関係がないと言っても、やはりこういう国との勝負でも泥臭く地道にプレーを重ねて、勝利する事を信じています。

先週南アから帰国した、日経ビジネスオンラインでも人気の解説者森本美行氏も、”岡田監督は予想以上にものすごく緻密な人、パラグアイのビデオも凄い数見ているので、十分に戦略は立てているよ。”断言していました。

火曜日の戦いが非常に楽しみです。


火曜日に日本が勝ち、その後、健闘したパラグアイ選手に感動し、パラグアイという国に行ってみたくなるような気がします。
World Cupを見ていると、参加各国に行ってみたくなりますね。

旅人にしては少し太り気味!?
山下清不動産




  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 12:55Comments(4)マネジメント

2010年06月25日

ワールドカップ デンマーク戦 大勝利!!!

ご覧頂きましたでしょうか?!

日本代表は、本当に強かった。内容の解説はしませんが、チームが自分を信じて仲間を信じて、勝利を信じた素晴らしい戦いでした。

この試合こそ、本田さんが強烈に活きた場でした。

一点目よりも三点目の方が格好良かった。

悲観的な日本の文化をぶち破る強烈な試合でした。
彼らに勲章を与えるベキです。

あとは気合と運でしょう。今のままだと、決勝までいってもおかしくない。

完全にサッカーファン

  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 07:34Comments(2)新規進出

2010年06月24日

日本代表 デンマーク戦



いよいよですね。
皆さん本日のデンマーク戦、相当期待と不安が渦巻いていることでしょうね。
日本では夜中、シカゴでは午後1時半のキックオフです。勿論観戦します!!!

私は、1985年秋シーズン、日本大学ラグビー部4年生の時、専修大学とリーグ戦グループ優勝をかけて戦いました。
どちらが勝っても優勝という決戦当日、我々選手の心の中は、今の皆さんと同じように期待と不安が渦巻いていました。
しかし、心の奥底で、その不安を打ち消す自信もしっかりありました。

大学ラグビーは、試合前にロッカールームで部歌や校歌を歌い気持ちを高めます。興奮の余り、感極まって試合前に涙を流すのもラグビーの特徴です。

試合前のアップ(ウォームアップの略)を済ませてロッカーに戻りいざ出陣と校歌を歌う前に、監督/コーチからの言葉(全く覚えていません)、そして校歌を歌う前のキャプテン白石からの言葉。

”自分を信じて、仲間を信じて、勝利を信じて最後まで戦おう!”

この言葉でフィフティーンは、目を真っ赤に染めて大声で校歌を歌い、湯気が出る勢いてロッカーを出てグランドに入りました。

リーグ戦優勝をかけた試合、秩父宮ラグビー場は2万人の観衆。普段の試合は、観客数千人も入らないリーグ戦グループの我々にとっては、想像出来ない観衆でしたが意外にもメチャメチャ心地よい感覚でした。

結果は、日本大学9年ぶりの優勝!

その日は一日、涙と笑顔で、めちゃくちゃでした。

ここで申し上げたいのは、キャプテンとは、チームが不安な気持ちを抱いたとき、心からみんなを信じて励まし、自ら先頭に立って戦う者であるということ。(実は決戦の日、キャプテン白石は試合には出場していませんでしたが。)

今の企業のキャプテン(リーダー)はどうでしょうか?
予算に関して細かい内容を問いつめるだけで、社員を信じて励ますような言葉がありますか?
新規事業計画に対して、実現性の有無を疑問視し続け、社員の提案を信じようとしていますか?

信じるものは救われるとイェスは言いました。

今日の日本代表デンマーク戦も、みんな心から信じていれば必ず勝ちます!
疑いを持つのも自然な心。でもそれを打ち砕く信頼こそ、日本の明日を切り開くものだと思います。


早朝から熱過ぎ、にわかサッカーファン



  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:55Comments(1)ビジネスアイディア

2010年06月21日

宮里藍さんと石川遼さん

宮里藍さん、優勝おめでとうございます!
そして、石川遼さん、2位予選通過、終始画面登場よかったですね。

宮里藍さんが今年4勝目を上げ、世界ランキング一位になるという日本人にとって最高の誇りを頂きました。

宮里藍さんとは、2008年State Farm Classicでお会いして、練習ラウンドをご一緒して、練習場でも色々なお話をさせて頂いたことがあります。とても礼儀正しくて、品のある、素敵な方でした。

しかし、深く関心したのが、私と息子/息子の友人しかギャラリーがいない中、キャディーと二人で英語で会話をしながら、楽しそうに練習ラウンドされていた姿です。日本にいれば、スーパースターでも、アメリカのイリノイ州の片田舎では誰も周りにいません。マスコミも本番ラウンドには何社かは来たのでしょうが、練習ラウンドでは全くいませんでした。

誰にも邪魔されないで集中できるという考え方と、ギャラリーがいない寂しさと両方の感覚が共存していると思います。
宮里藍さんも、自身のブログで”応援が無ければ勝てない”と言っています。


一方の石川遼選手は、予選2位通過も最終日に苦労され順位を大きく落としました。私は以前から何度か申し上げている通り、今の石川選手はアメリカのメジャーでは、いやいかなるトーナメントにも勝ってはいけないと思っています。

なぜか? なぜなら彼はまだアメリカのPGAの一員になっていないからです。

今回の優勝者は、イギリス人のマクダウエル。US Openでイギリス人の優勝は40年ぶりだそうです。
なんで、40年も勝てなかったのか?

私は、その理由をこう考えます。

PGAの大会で戦うということをビジネスに例えれば、アメリカの市場で商売をするということです。
アメリカでビジネスをする時に、日本から出張ベースで定期的に顔を出しているだけで本格的な商売ができますでしょうか?
それこそこちらに現地法人を開いたとしても、駐在員がくるくる変わる日本企業はアメリカ市場で業界への顔が出来にくくなっています。

その土地に住み、その土地のものを食べ、その土地の人と共に暮らして初めてそこで勝負ができるのではないでしょうか?

私が過去印刷業会にいた時に受けた扱いは”仲間意識”でした。”お前は日本人だが、この国の業界の一員だ!”と言われていました。
お客様もサプライヤーも競合会社も、皆仲間として扱ってくれました。

宮里藍さんは、LPGAの一員になり、今なんと日本人で初めてリーダーになりました。岡本綾子さんも、LPGAの中心人物として仲間を引っ張っていました。

石川遼さんもこの国に移住して、毎週PGAの連中と切磋琢磨して”一員”になり、US Openに堂々と勝利してほしいと強く思います。

”お客さま”では、勝てないし相手にされない。

青木功さんの私の履歴書にあるように、アメリカ入国係官に、”Welcome Back! (お帰り!)”と言われる存在に成らなければ勝てない。

石川さんも日本で賞金王になってのですから、もう日本でやる事はないでしょう。
今すぐにこのアメリカに来て、宮里藍さんのように世界一をとって欲しいな!
それも、TigerやMichelson達が、年老いる前に・・・


やっと、アメリカ不動産業界の一員になりかけている駆け出し






  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:10Comments(6)ネットワーク・人脈

2010年06月19日

ワールドカップ オランダ戦 結果

0−1・・・・

ん〜〜〜〜。

素晴らしい試合だっただけに、悔しさが倍増します。
世界の歴史を大きく変える一歩手前であったと思います。
でも、この健闘は、日本のサッカーの歴史に影響を及ぼすゲームだったと私は思います。

日本選手の勝ち気が凄く出ていたと思います。
ゴールキーパー川嶋選手、いいですね!
体の反応が速過ぎて、ボールが左にはじかれてしまって得点になってしまいました。
もう、0.0何秒か反応遅れたら、逆にしっかり止められた感じでした。

前半の我慢と後半の攻めとメリハリが利いた素晴らしい戦術でした。
これは、間違いなく、デンマーク戦につながりますね。
デンマークに勝って、もう一つ上の舞台に上がりましょう!!!

日本の皆さんは、寝不足?
こちらは、朝6時半からですから、ちょうどいい時間です。

ワールカップの時だけサッカーファン  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:04Comments(3)スポーツ

2010年06月19日

ワールドカップ オランダ戦



ワールドカップに関する記事や解説で、日経ビジネスOn Lineで非常に興味深い記事を見ました。
日本チームの試合を、データーを基に非常に論理的に分析をしている記事です。

初戦を勝利に導いた岡田ジャパンの緻密な戦術

単に試合のデーターを分析しているだけでなく、中長期的な背景を踏まえた論理的な思考を基に解説してあります。サッカー素人の私でもよく理解できる。
日本のマスコミもこういう記事を中心に書いてくれれば、サポーターも世論もずべて見方につけ、日本代表を一丸となって応援する気風が維持できるのにな・・・と強く感じました。

そしてもっと驚いたのが、この解説をしていたのが私の中学時代からの友人森本美行氏でした。先月東京で会ったときに、この話は一切していなかったのにな・・・少し驚き。

私は、彼の仕事をアメリカで手伝っています。
実はその関連記事を去年の12月にブログしました。

ヴァーチャルヴュー


しかし、プロフィールの写真も本人は若作りのつもりでも、”ガス欠”って死語を使っちゃう辺りはアラフィフが見え隠れします。

データスタジアムGM日記ご覧ください。


オランダ戦は、DataStadiumで収集した情報を基に、岡田監督が鋭い分析を行い戦術をたて、その戦術を信じて選手が戦い切る心を体を維持して勝って欲しいですね。

明朝が楽しみです。


にわかサッカーファン



  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 03:35Comments(5)スポーツ

2010年06月15日

ワールドカップ カメルーン戦

日本の勝利おめでとうございます!
(本件、写真の掲載は控えますが、、、)

素晴らしい勝利でした。
世界中のメディアが、”番狂わせ”とか”一番のサプライズ”とか書いていますが、そんなことはどうでも良い事です。

勿論、勝った試合とはいえ、良いところもあり、悪いところもあり。
みな専門家が言うように、悪い部分を分析して、次の試合へ進化して行けば、一次予選通過も見えてくると。

しかし、オシムさんは良い事をおっしゃいますね。
素晴らしいコメントです。是非、皆さんも読んでください。

その中で、一番同感するコメントは、”日本のメディアは、日本を応援する記事を書いてください。”と。スポーツでも政治でも、批判した悪口は上手?だが、褒める事が出来ない(知らない?)日本文化を変えてほしいですね。

感情的な記事が多過ぎます。もっと、論理的な記事を書いてほしいですね。
論理的というのは、サッカーの技術理論ということではなく、物事をとらえて分析する時の論理性を含んでもらいたいということです。
くだらないゴシップじゃなくて、人の心を探るような下劣な内容ではなくて。

オシムさんのコメントにありますよね、”日本の新聞各紙の一面が本田だけだったら、日本は終わりだ!”と。スポーツでもビジネスでも、いくつもの要素がかみ合って結果を生んでいるのですから、いろいろと異なる見方から分析をした記事に期待したいですね。

そうは言っても、オシムさん特有の応援メッセージであって、やはり難しい局面を切り開くのは個人であるとも思います。そういう意味で、本田を起用した岡田監督も、それを受け入れ一丸と成った日本選手も、皆、個人としても賞賛されるべきだと思います。

その中で、本田が”俺様発言”をしていないのも、中村俊輔が控えなのも、川嶋のようなGKが出て来たことも、全て日本に取ってプラスですね。

中日の落合監督が言っていました。”俺は、流れとか、運とかを信じない。やることをやった時に勝つんだよ。”って。

勝つか負けるかを戦う前に論じる愚鈍なことをせず、勝つためにはどうすればいいか。どうなると負ける可能性が高まるか。
こういう論議を日本中で出来れば、日本国そのものも進化するのではないでしょうか?


ワールカップに全く興味を示さないアメリカ人と仕事をしている、不動産屋



  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:31Comments(2)スポーツ

2010年06月13日

コミュニケーション Communication



この写真を見て、誰か分かりますか?
あ〜〜〜そう言えば〜〜〜〜なんてことはありえません。これは、ネアンデルタール人の復元写真だからです。

メンターである岸岡駿一郎さんからお借りしている脳に関する本で、著者の吉田たかよしさんはこう言っています。
”ネアンデルタール人は、ホモ・サピエンスよりも脳は大きく身体能力にも長けていたようだが、声帯の位置の問題で細かいコミュニケーションが取れなかったと推測され、それが故に絶えてしまったのである。”と。

つまり、コミュニケーションが取れない者は生き残れない、という意味でしょう。

現代でも同じではありませんか?
IT Toolが発達した世の中ですが、それを活用して世界中の人とコミュニケートする日本の若者が増えてくれることを望みます。この著書にもありますが、人間は、コミュニケートすればするほど脳が発達するそうです。老いも若きも同様に。
現代、孤独というものが、人間を苦しめているのではないかと思います。もっと、道行く人と話をする、本来の日本人に戻ってほしいですね。

昨今では、電車の中で隣の人に話しかけたら、”変態じじー”扱いでしょう!?
アメリカ人は、飛行機で隣の席に座ったら、とたんに話し始めますよ。殆どがどうでもいい個人的な話なのですけどね・・・

ところで、人間は、ホモ・サピエンスの流れで、ネアンデルタール人は人間とは全くことなる種類だそうですね。見た目は、”あれ?昨日近所で見たっけ!?”って顔ですが・・・


無口系 不動産
  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:16Comments(5)

2010年06月12日

ブラックホークス優勝パレード

ご覧ください、平日だというのに、シカゴの街に二百万人のファンが集合!



49年ぶりのBlack Hawks Stanley Cup 優勝に、街中が大騒ぎでした。しかし、学校が夏休みに入ったとは言え、金曜日の10時半に二百万人集まるとは・・・流石アメリカですね・・・
日本ではアイスホッケーは余り人気はありませんよね・・・


実は、本日、イリノイ州政府商務省オフィスに、新規進出企業候補社の出張者をお迎えし、オフィス・住宅視察ツアーを企画していたのですが、まさか、Black Hawksが優勝してパレードを行うとは・・・

渋滞を予想して早朝7時に自宅を出発、二時間を覚悟して行ったのですが何と一時間で到着・・・
街中は、通行止めや迂回路を設けられ動き辛い部分もありましたが、午前中、二社との面談を行い(一社キャンセルをお願いし)、正午にお客様と合流。二百万人を軽くそらして、なんなく午後はスケジュール通りに。

無事な一日でした。

お客様は、アトランタかシカゴかご検討中とのこと、是非とも、シカゴにおいで頂きたいものです。

先月日本に出張したかいがありました。
山田さん、ありがとうございます。


さー、今から、我々もお祝いです!


Hawks万歳!




  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 07:37Comments(4)シカゴ

2010年06月07日

日本出張便り・・・その5



先月の日本出張で、色々な方面からSamsungの積極的かつ大胆な事業活動の例を耳にしました。

樹脂/プラスティック製品を扱う大手商社での話。

”世界的に供給量が不足しているフラットスクリーンTV用樹脂板を、新たに生産設備を投資して生産開始した中国のある企業を訪問。日本家電メーカーにその情報を持ち込んだら、サンプルを取り寄せ、その会社の社長を日本に呼んでくださいと依頼を受けた。1ヶ月後に現地に飛んだら、その中国企業の社長に、もう既にサムソンからトップの人が来て契約書にサインしていったので、他へ供給することはできませんと言われた。”

このスピードの差?
このやる気の差?
情熱の差?


世界最大手電子部品会社での話。

”サムソンがどんどん日本の技術者を採用している。先日もある会社から30人採用して行った。給与は三倍、いやそれ以上。移籍金を現金で渡す事もあるらしい。しかし、殺し文句は、我々と世界一を取りませんか?だったそうです。”


サムソンから学ぶこと。
アジアの勤勉さ+アメリカの合理性=競争力最大化

もうサムソンは脅威ではなくて、模範に近いのでは?


日本国応援団  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:16Comments(3)ビジネスアイディア

2010年06月04日

日本出張便り・・・その4

94代首相!?
初代伊藤博文首相が誕生して125年間で、94代首相誕生ということは、、、平均で1.3年間の任期!?
不思議な国になって来ています。

そんな日本が世界に誇れこること!
旬の料理でしょうね。

皆様若狭ぐじ・・・ってご存知でしたか?



若狭湾で取れる赤甘鯛、旬ですね。

そして、またまた旬のまめご飯



ご主人もお若い時に独立され、女将も美しくはつらつと、不況とは言えバリバリ頑張ってはります。




素晴らしい友人と、美味しい料理に美味しいお酒を堪能しながら、日本古来の美徳にもっと注目してみる時だなと深く感じました。

素晴らしい料理と仲間、そして新しい出会いに感謝

***割烹 はらだ
京都市中京区河原町通竹屋町上る西側
075ー213−5890

Priceless!

太め不動産





  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:47Comments(2)生活

2010年06月03日

イリノイ州商務省東京オフィス主催セミナー



花の応援団ではございません。

イリノイ州商務省東京オフィス主催の経済セミナ-での写真です。
この写真は、大阪会議所で行ったものですが、東京と大阪開催で、合計80名近い方々にお出でいただきました。

私は、初めてであったので、講師としてではなく後方支援のような形で参加したのですが、セミナーの最後に少しだけお時間を頂戴し、現地不動産情報のご紹介を行いました。 山田代表の配慮に感謝いたします。

この様な景気でも、まだまだアメリカに進出する日本企業もあり、非常に有意義な機会を頂きました。


今回の訪日で、良く受けた質問は、1)もうアメリカではトヨタの車は売れないのか? 2)普天間問題で日本への信頼は揺らいでいるのか? の二点でした。
日本国内とアメリカ国内の温度差と言いますか、日本のマスコミの怠慢と言いますか、1)も2)も、アメリカでは全く表に出てこない話題です。

トヨタの問題は、品質問題に対してどう対処するかということが論じられているのであって、誰もトヨタ製品やサービスを否定しているわけではありませんし、ましてやトヨタ離れなど全く実感しません。

普天間に関しては、アメリカ中で話題にもならない、遠い国での非常にマイナーな話題です。


あらゆることに通じるのですが、日本は、あまりにも比較という発想が強い文化をもっていると思います。

”シカゴは日本で言えば大阪ですね・・・”

シカゴはアメリカにある都市ですから、日本のどの都市とも一致しません。


ですから、ニュースの捕らえ方や問題点の意識も、日本とアメリカでは違います。


という点(根本的に違うのだ)を理解し、両方のいいところを活かしていけば、もっともっとアメリカで日本企業が活躍できるチャンスがあると思います。



やはり現場が一番。セミナーでも、現場に行くの行かないのでは大違いです。


イリノイ州東京オフィスの山田代表と木村さんに深く感謝いたします。



身振り手振り不動産  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 03:34Comments(4)新規進出