2019年01月29日

日本人って? アメリカ人って?


naomi O

大坂ナオミさんスーパーおめでとうございます!

きっと我々の想像を遥かに超え

本当にとてつもない偉業達成なんだと思います


その一方で

大坂ナオミさんを巡り

「日本人としてしっくり来ない」

とか

「アメリカ人でしかない」

とか

日米両方のマスメディアで物議を醸し出しています


私は一人一人の意見なので

どんな解釈があってもおかしくないと思いますが


ナオミさんご本人が日本籍を選択して世界大会に出場している以上

日本の大坂ナオミさんなんです

と思います



記者会見で

Identity

について質問をしている記者がいました


まるで世論を肩代わりするように遠回しに訳の分からない質問をし

ナオミさんも何を聞かれているのいかわからず

『それって質問ですか?」


もしも質問したいことがあれば

はっきりと思うことを質問すれば良いのです

そういう勇気すらない人間は手を挙げないで欲しいですね


ナオミさんも

「自分は自分でしかない」

とおっしゃっていて

それが人それぞれの期待する人物像とマッチしていようがいまいが関係ないのですよね


日本テニス協会が高校生のナオミさんの才能を見抜き応援をしたと読みました

素晴らしいことです


しかし日本国内で彼女がトレーニングをしてあのレベルまで達成出来る環境があるのか?

そういう視点で考えれば


錦織さんも

ナオミさんも

同じ環境で成長して来たことは事実です

違うのは

14歳までか3歳までかだけです



昨晩CNNにTrump大統領対抗馬の新星が登場しました

https://www.cnn.com/2019/01/29/politics/donald-trump-nancy-pelosi-2020-power/index.html

カリフォルニア州上院議員

Kamala Harrisさん

この方も異文化間の両親から誕生した素晴らしい才能を持った方です

お母様はインド人

お父様はジャマイカ人


大統領に立候補するからには

アメリカ人

でなければいけませんが

きっと多角的な視点を持つ素敵な方なんだと想像します

そして自分勝手で政府機能を停止させてしまうような大統領を倒して欲しいですね



これからは

さらに様々な価値観

もっともっと多様性に富んだ社会に期待する不動産

  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:10Comments(0)プロフェッショナル

2017年07月09日

スランプ脱出成功


スランプの投稿してから

多くの方々から

「らしくないよ」と

声をかけていただきました




なしいとからしくないとかではなく

できることができなくなったのは事実です




実はスランプとはゴルフの事でした


「なーんだ そんなことか」

と思う方も多いいでしょうが


今まで受けていた球が打てない

今までの距離が出ない


そうなるとパットも入らなくなって来る


ただ今までできていたことができなくなる

だけでなく

勝負に勝てなくなってくるジレンマ


当然フラストレーションは溜まります



先週独立記念日の連休中に

物凄い男からレッスンを受けました


彼からの教えは

今まで私が行ってきたスイングとは

全て真逆でした


今の悪さ加減を直すと言うよりも

根本的に考え方を変えると言うことでした



約1時間半のレッスン後のラウンドで

即座に効果を発揮


彼からすればまだまだ2-30%の出来でしょうが

大スランプを脱出した私の気持ちは

喉に刺さった魚の骨が取れた感じ?
(そう言えば最近引っかかったことないなー)

便秘が通便した時の感じ?
(便秘になったことはありませんが、、、)


と言うか

正直10歳若返った気分ですね



そして昨日のラウンドでも

大きな成果を得ることができました


左ドックでまっすぐ抜けてしまった2つのティーショット以外

すべてフェアウェイをキープ

ドラコンもいただき
( 2つ取れたはずが1つは女性に負けてしまった)

アプローチショットと

パットがちぐはぐだったので

ベスグロは逃しましたが


凄く気分の良いラウンドでした



エイジシュートできるか不動産





  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:37Comments(0)プロフェッショナル

2017年06月17日

働く母親


久々の投稿です

ここのところシカゴは真夏のような気候で

とてもとても美しい季節をこころから味わい

見るからにチャーシュー状態です


お客様であり

同窓でもある

元気あふれる方から

ある人を奥様に紹介してほしいと依頼されました


紹介した方は二児の母でありながら長きにわたり自らビジネスに取り組んでいる方

紹介を依頼された方も二児の母でありながら仕事したいという方


お互いに同じ専門分野で仕事をする・したい方々が

たまたま両者とも二児の母であったという偶然です


それぞれの家族構成は別として

アメリカでプロフェッショナルとして

仕事をしたい

ビジネスをしたい


そういう日本人の方にお会いすると

心が踊ります


やる気がある人

日々実践している人


話が早いです



そういう日本人の方が増えてくれることに期待します

もっともっとアメリカにおいでよ


アメリカが大好きな日本人不動産





  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:33Comments(0)プロフェッショナル

2017年02月04日

感動の顧客サービス

皆さんも

「実は偶然さ〜」

って話を良く耳にしたり

あるいは

ご自分で体験されたことがあるでしょう



茂木健一郎さんの

「脳の科学」

によると


それは偶然ではなく

「本人が無意識に探索しているから出会う
必然」

なんだそうです


今朝私もその

「必然」

に出会ってしまいました


普段全く読んでいないサイトに

必然的に?辿り着き

下記を読んで感動


http://bizgate.nikkei.co.jp/sp/article/123230117.html


きめ細かい対応

心の通ったコミュニケーション

そして社員で共有し次へ活かす文化



昨日お客様へ何気なくした返答が

凄く気になっていて

正にその答えに即出会った気分でした



昔メーカーの営業マン駆け出しだった頃

クレーム対応の日々を思い出すと

技術的な対応よりも

心の対応が中心だった気がします



馬鹿餓鬼を懐深く指導して下さった

当時の諸先輩方に深く感謝し

改めて教えを活かします


いくつになってもまだまだ不動産  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:57Comments(0)プロフェッショナルプロフェッショナル