2018年07月04日

ベルギー戦から学んだ事


ベルギー戦

もの凄い試合でしたね

正直日本があんな試合をするとは
想像していませんでした

サッカーはよく分かりませんが
ベルギー戦を見て
シンプルに思ったことがあります

選手それぞれが
「越えなきゃいけない壁」

固く動かないものがあるように
意識をしているようですが

実は自分たちの頭と心にある
「柔らかくて流動的なもの」
の差ではないかと思います


最後ロスタイムでの失点を思い出すと

ベルギーが高速カウンターアタックを
得意とするチーム
(相手の球を奪ってから10秒以内でシュートしている数最多チーム)と知りながら
あの場面で自分のコーナーキックを相手のゴールキーパーに簡単にキャッチをさせてしまい
かつその直後の反応が遅れていた

あの場面だけで言うと

絶対にカウンターアタックをさせないプレーを選択すべきだったのでは


絶対に
ゴールするか
コーナーキックか
ゴールキックで再開しないといけない場面

こんな状況でも全力疾走で走りカウンターから試合を決めたベルギーとの違いは教育か来る習慣だと思いました


先日今年からコーチをしている
アメリカハイスクールラグビークラブチームのU19の試合で
ペナルティを狙った時全員でラッシュする場面であったのにボールがポールに当たり跳ね返ったのに誰も走っていなかったので相手がボールを取り逆にそのボールを繋がれてそのゲームの初失点をしてしまいました

本来であればこちらのチャンスボールのはずが

怠慢プレーか?
あるいは知らなかったのか?

次の試合でU17のチームが同じような場面のとき
私は外から全員がラッシュするように声をかけました
信じられないことにまたそのペナルティーゴールがポールを叩き手前に跳ね返った
今度はボールを取ってこちらのチャンスになりトライに結びつきました

どんなに気温が高く全員がバテていたとしてもこの場面は絶対に走らなければならないと言う教育をしているかいないかその差だと思います


今一緒にゴルフを楽しんでいるミネソタ大学出身でBig10 チャンピオンメンバーの平山元喜さんに言われるのは「どんなにプレッシャーがかかった状況でも絶対に打てる持ち玉を一つ習得しないさい」ということ

つまりものすごく緊張した場面でも絶対にしてはいけないこと絶対にしなければならない事がどれだけ正確に実行できるかと言うことだと思います


日大のコーチをしていた93年Christchurchに合宿に行き当時All BlacksのスクラムハーフだったBachopにコーチングを受けました

オールブラックスについて話をしていた時彼が言った言葉は「どんな状況下でも試合開始直後でも終了間際1分でも100%同じプレイができる選手がオールブラックスの資格がある」のだと


この場面では
「絶対にやってはいけないこと」
「絶対にやらなければいけないこと」

基本中の基本がどのような状況でも実践出来るか出来ないかで本当のチームの強さが決まるのではないでしょうか


当然試合は90分全体の中でいろいろなことが重なって結果につながるので

最後のワンプレイに集約されるべきではありませんがベルギー戦のロスタイムの部分だけをもし考えるとすると

あの場面でおそらく日本選手は1分数10秒後の延長戦に頭が行っていて

ベルギーの選手は延長戦に入る前に仕留めるという意識に統一されていたと感じた瞬間です


数年前秩父宮で行われたラグビー日本代表とMaori All Blacksとの一戦でもロスタイムに全く同様のシーンを見ました


「硬くて動かない壁」ではなくて日本のサッカー界がいや日本全ての教育機関がどんな状況でも冷静に判断をして全力でプレイをすることを徹底し

この場面では
「絶対にやってはいけないこと」
この場面で
「絶対にやらなければいけないこと」

を小さい頃から自分で判断をしてそれを遂行できる選手教育をする「ソフト」に時間とお金をかけることが

世界トップレベルに達するいや世界トップを倒すことに繋がるのではないかと感じます

「良い試合だった」と賞賛はその日限りとし

「勝つために何をするか」
を今日から実践してほしいですね

どんなに経験が豊富でも
日本語で指導出来ない人は諦め
日本語で熱く指導できる
西野さんのような監督を選ぶべきです


Highschool Rugby Boysと毎週熱い不動産  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:29Comments(0)スポーツ教育頑張れ日本!

2018年02月05日

国を守るってことは?

皆さん

是非この本を読んでみてください

決して軍事オタクが読むだけのものではなく

日本を真剣に考える時

凄く参考になります


https://www.amazon.co.jp/日本人「米軍中佐」が教える-日本人が知らない国防の新常識-内山-進/dp/4801302378


内山さんの言葉

「自分の国を守るのに右翼も左翼もない」

これが心響きます


中立国家スイスでは

国民一人ひとりに武器を渡し訓練をしています


日本も日本なりのやり方で

しっかり国民を守らないと


評論家にならず何が出来るか不動産  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 05:18Comments(0)頑張れ日本!

2017年04月17日

Kizuna 6

大変にご無沙汰の投稿です。


確認してみたら3月3日以来の投稿となってしまいました

「忙しいの?」言うよりも「気持ちに余裕がなかった」と言う方が正しかったかもしれません



ところでシカゴでは継続して3月11日を忘れないために ”絆 Kizuna 6"を開催しました


この絆 Kizuna 6のイベントで名刺交換をしたら・・・

「大春さんって、ひょっとして"アメリカにおいでよ!"を書いている大春さんですか?」と


その方はこのKizuna 6のWeb Pageやフライヤーの素晴らしいデザインをしてくださったMayuko Sato - Broughtonさんです

http://chicagosistercities.com/kizuna/kizuna6



「日本にいる時に"アメリカにおいでよ!"を読んで、ほんとにアメリカに来ちゃいましたよ〜!」って元気な笑い声で

本当はどういう影響があったかは解りませんがそう聞くと嬉しいものです



Mayukoさんが男鹿出身と聞き

私の第二外国語(アツタ弁)で盛り上がったことは言うまでもありません


「だからもっと投稿しないと!」

と自分自信に言い聞かせてはいるのですが、、、



今日からスイッチを入れていきます不動産  

Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 12:04Comments(0)頑張れ日本!

2012年12月27日

主義主張



世界のあちらこちらで、デモを見かけることがあります。

それぞれの主義主張を行なうことは、人間として自然であり、社会生活をしていく上で不可欠だと私は思います。



日経Web版ビジネスリーダーのブログで、鈴木幸一さんが、「いまどきの学生は質問などしないのですよ・・・」というある大学の教授からのコメントに、「そんなものなのかな〜」と記載されています。



同じく、ビジネスリーダーのブログで、丹羽字一郎さんが、「極端に聞こえるかもしれませんが、この雰囲気は問題のような気がします。自由に発言できるはずなのに、自己保身なのか、個々人が自分で規制して発言せず、自由に発言できないかのような雰囲気を作り上げているからです。誰かに批判されるからですか?」と明言されています。



サラリーマン冗句で良くあるのが、会議では一切発言がないのに、夜の居酒屋では“俺が言ってやったんだよ!”的会話が飛び交い、“あいつは間違っている”、“あれはねーだろう!”批判の連発。

しかし、次の朝はケロッと忘れてまた無口になる・・・


みなさん、どんどん主義主張をしましょうよ!

「礼儀を弁えた主義主張」は組織を活性し、社会(会社)を成長させると思います。



それではここで、私の主義主張を・・・

「今時の学生は質問をしない」と言って放置している教授さんは、職務放棄と同等ではないでしょうか?

学生が議論できる教育方式にどんどん変えて行けばいいでしょう。


アメリカでもEU諸国でも、先生からの一方的な授業ではなく、学生と相互通行の授業、学生同士の議論の授業が多くあります。

学生のせいにして逃げないで、教育の仕組みを変えればいいのです。



忘年会シーズンに随分と“マジ話”で申し訳ないですが、忘年会シーズンだからこそ、是非一年を振り返り熱い議論をして、「居酒屋議論」を職場に持ち込んで頂きたいな。。。



学生時代から“マジ話好き”不動産





  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:33Comments(7)頑張れ日本!

2012年08月08日

侍ブルー@ロンドンオリンピック




「残念」 昨日は、本当に「残念」な試合でした。


何が「残念」か?

試合結果ではなく、侍ブルーのプレーが本当に「残念」だった。


あの大舞台で、全員が真剣にやっているのは当たり前のこと。しかし、昨日の試合は今までのチームとは全く違い、躍動感が無く、初めから一生懸命に走っているようには見えなかった。疲れも緊張もあるのは間違えない。しかし、この試合で、日本のサッカー界の新たな歴史を作れるこの試合で、足が千切れるくらい走っている選手が一人ぐらいいてもいいのではないか?


戦術的な部分や技術的なミスに関しては、緊迫した試合である以上予期せぬことは起きるだろう。しかし、どんな時でも相手の選手よりもハッスルして、必死に玉を追いかけることはできるはず。メキシコの選手は、決して諦めず、必死にボールを追っていました。


勝ち越したメキシコは、終了間際ロスタイムに3点目を入れています。彼らは逃げ切ろうとせずに、最後まで戦う姿勢を前面に出した。


大津選手の世界トップレベルのゴールの後、侍ブルーは戦う姿勢を漲らしたか?

そこが非常に残念でした。


「相手が一枚上でした」というコメントは、最後の最後まで走り続けた選手が口に出来る言葉ではないでしょうか。


中田英寿選手が、ドイツW杯の最終戦ブラジルを相手に戦った時のように・・・


土曜日の韓国戦は、ゴールの数よりも、チーム全体が韓国より多く走るゲームを見せて欲しい。

もうこれ以上は絶対出来ないって言えるくらいに。



しかし、本当に「残念」不動産
  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 20:22Comments(1)頑張れ日本!

2012年08月05日

ロンドンオリンピック


photo by Sanspo

格好良過ぎるぞ!!!

松田丈志の話
「康介さんを手ぶらで帰すわけにいかないと、3人で話していた。(日本競泳陣の)27人で取ったメダルだ」

このコメントで、大粒が頬を伝わりました。


これとは比較にはならない、元スーパースターの悲しいコメント、、、

「メダルを取って帰ってくるのは女子。男は絶対に取れない」


なぜ? こういうコメントをする理由が分かりません。

今時、人を奮い立たせるのに、辛口コメントは心理的にも全く有効ではないということくらい、トップアスリートなら分かっていないといけないこと。

こんな下らないコメントをあざ笑う様に、侍ブルーU23は、本日も驚くべく結果を収めとうとう4強です。
彼らは何を言われ様が、優勝を目指して努力をして来た証拠がここにあります。
焦らず、後二つ、確実に勝って、金メダルを持ち帰って来ます。
なでしことダブルで持ち帰ると信じています。


24個のメダルはだてじゃない。
お金で買えるものではない。
運があったからではない。
自分を信じ、仲間を信じて、毎日大切に努力をしてきた成果以外無い。

この卓越した国の代表に敬意を払わない人は非国民である。


全てのアスリートへ、日本への誇りをありがとう!
全てのメダリストへ、最高の感動をありがとう!

まだまだ続くぞ日本チャチャチャ!!!


感動の涙で浮腫みっぱなし不動産

  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 09:02Comments(5)頑張れ日本!

2011年11月09日

競争原理






ザックの凄さその1: 世界トップレベルのサッカーを体得し、それを実践に落とし込む。
ザックの凄さその2: 世界トップレベルの選手マネジメントを通じて、人心を掌握する。
ザックの凄さその3: 常に現場に足を運び、現場で仕事をする。

私は、こんな感想を持ちます。


特に、その2の部分で、

「競争原理」をチームに導入するマネジメント、
「別格/恒例」を作らないマネジメント、
「選手一人一人に対する敬意」を払うマネジメント。

今の日本政府、日本企業、日本社会全体に一番必要な3点ではないかと痛感します。


昨日、被災地から戻った方と話をしていて、痛切に感じたことでした。


弊社のセグメントに、新たなビジネスモデルを持ち込んだ、新競合社が活動し始めました。
非常に、良い刺激になります。


今日はTennesseeで不動産



  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:39Comments(4)頑張れ日本!

2011年03月15日

東日本地震/津波災害への支援

皆様、このサイトをご覧になりましたか?

物資支援、資金援助、ボランティア活動など以外にも、このような形で精神的な支援というのももの凄く有効ですね。

http://prayforjapan.jp/tweet.html

日本人の心って素晴らしい!と思います。

アメリカ人の中には、暴動や略奪が起きない日本を褒めている人もいます。我々日本人にしてみれば、そんなもの日本では想像した事もないと言いました。

私も見習って、何か出来ないか、考えます。


今こそ、元気不動産!


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:58Comments(5)頑張れ日本!