2015年07月27日

中学の同級生


新潟県新潟市西蒲区角田浜1697-1

そこに美味しいワインを創ろうと
人生をかけているおっさんがいる


30年近く広告業界の最前線で仕事をし

永きに渡り日々様々な人生の機微を肌で感じ

サッカーが好きでふと立ち寄った新潟のこの地の
ワイナリーを何度も訪問している内に

湧き出て来くる感情を抑えず
素直に自分のやりたい道ワイナリーを始めて4年


小説に出てくるような話だが・・・

こんな粋な大人の男が中学時代の親友となれば
一度は足を運ばない訳にはいかない



出張の合間にドタキャンが入った週末
急遽上越新幹線に飛び乗り
一路燕三条へ

駅の改札口に笑顔がめちゃ似合うワインオヤジ瀬戸潔が立っていた

久々の再会
いったい何年ぶりだろうか

すっかり変わり果てたシカゴ不動産とは異なり
学生時代と変わらない瀬戸が
車の中でたんたんと話をしはじめた

小説風はここまでにして・・・




着いてみるとなんといくつかのワイナリーが集合していて
プチNAPA Valleyといった感じ







到着するなり地域の方々を一人ひとり丁寧に次々に紹介してくれるところなんかは
アメリカの田舎町に来たような気分にさせてくれた


まず一番初めに紹介された花屋の伊藤さん



Zio Settoスタッフの智香さんに明子さん



ここはワイナリーだけでなく地ビールレストランもあり
早速フレッシュビールに美味しい豚料理を堪能



突然の新潟訪問にもかかわらず一時間近くもかけて飛んで来てくれた
日大ラグビー部一年後輩の谷井ちゃんと卒業以来の再会



ここには温泉もありスパもある

まさか新潟角田浜でAvedaに出会うとは・・・




Cantina ZIO Sette
http://ziosetto.com





瀬戸ワイナリーを訪問し
当たり前ながら
ワイン造りとは

農業であり
化学であり
生産技術なんだなと




現在瀬戸ワイナリーでは苗木オーナーを募集中
一口一万円で苗木オーナーになると
一年に一本瀬戸潔特性の美味しいワインが届く

お申込みはこちらから
http://www.ziosetto.com/winery/


お世辞抜きで
Zio Settoは旨い!
本当に旨い!



このブログだけでは全く表現しきれない
美しい光景がここにある


誰も私を瀬戸の同級生とは思ってくれてはいないようだったが

瀬戸を取り巻く人々の笑顔と暖かい言葉を肌で受け止めると
なぜ瀬戸がここに自分の居場所を決めたか良く分かる気がする



人の気持がいい場所にはいい人が多く集まる

ひとりでも多くの人に
この地に足を運んでもらい
一人でも多くの人にいい気分になってもらいたい

そう心から願う不動産



  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 01:23Comments(3)起業

2015年07月26日

お便り

一ヶ月ぶり
いやそれ以上ぶりの投稿です


優しい先輩から
「最近ブログアップしてないけどちゃんと生きてるか?」
と連絡を頂きました

気にはなっていましたが
他のプライオリティーのためしばらくおさぼりでした

しかしこういう連絡を頂くと物凄く嬉しい気持ちになりますね

”お便り”

の重さを改めてこの先輩から教えて頂きました



おさぼりの理由は?

時間に余裕がない時って

物理的な時間の制約からくる忙しさと
物事に取り組んで集中している時の精神的忙しさと

あると思います


でも結局は気持ちがどこにあるか?
って話になるのでしょうね


優先順位っていう方が正確でしょうか?


でもどんなに優先順位があったとしても
毎日カッチリ食べて・しっかり呑んで・深い眠りにつくことは絶対条件です


この充実した一ヶ月の間
書きたいことが山ほどたまりましたので

この地味な”アメリカにおいで!”ファンの皆さんに
どんどんご紹介していきます


素晴らしい体験の日々不動産




  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 23:57Comments(0)起業

2010年07月04日

ポジティブ思考!



この写真を、日の出と見るか? 日没と見るか?



このコップの中の水を見て、半分入っていると見るか? 半分空と見るか?


皆様のポジティブ思考度が分かります。


先月26日、高校のラグビー部の同期が脳溢血で倒れました。
彼は、私よりも一足先の2003年に起業し、配線関連の事業を立派に営んでおりました。

勿論、突然の出来事。誰も予想等していません。
本人がいないと分からない事も多くあります。
現在、同級生だった奥様と社員の方々がフル回転で支援しています。
我々同期も、なんとか協力出来ないかと知恵を絞っています。

しかし、本人が一番驚いているでしょうね。
何が何だか分かんないで、ベットで目が覚めたことでしょう。
今は、本人も意識も戻り、奥様の問いかけに頷いたり笑ったりしているそうです。


奥様もポジティブな方、周りもポジティブ派が多く、必ず窮地を脱っします!

彼は、高校時代75KG? 現在100KG超級。
これでは、血は粘りますね。

彼の高校時代のあだ名は”オヤジ”。
近いうちにオヤジを囲んで、みんなで大笑いする日を楽しみしています。


私の高校時代のあだ名は、”限度無し”。
今のあだ名は、”おにぎり?”


目指せ、健康不動産!


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:45Comments(6)起業

2010年04月30日

おかげさまで二周年!

明日5月1日で、WHITE CUBE LLC 創業二周年を迎えます。

記念すべき二周年に、シカゴ地元ネットニュース”BISNOW.com"の取材を受け、昨日記事に掲載されました。



業界の新参者を、こうして丁寧に扱ってくれるアメリカのメディアは、本当に嬉しいですね。
しかし、古今東西、メディアは、仮説と誇張をし過ぎる! この記事も、かなり言っていないことが書かれていますので、ご注意ください。


生意気なことを言っていますが、こうして無事二周年を迎えられるのも、本当に皆様のおかげです。
人間も会社もビジネスも、一人では何もできないということを思い知りました。

過去の勘違いした言動・無礼の数々、深くお詫び申し上げます。

しかし、人間としてはまだまだ未熟なのに、自分でも言うのも何ですが、見た目は行っちゃいましたね・・・
若い頃笑ってオチョクッテいた”チビ・デブ・ハゲ”の三拍子、まさか・・・自分が・・・

皆様もお気をつけください。(どうやって!?)


  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 22:23Comments(3)起業

2010年04月10日

ニューヨーク便り

皆様、大変にご無沙汰してしまいました。
人間とは面白いもので、時間に余裕がないというよりも、気持ちに余裕がないと物事が進まないものですね。

ここ三週間をキャッチアップするために、三月中旬に出かけたNYC出張から追加のお話です。

”永井 豪”と言えばハレンチ学園(古過ぎて自分も知りません)。もう一人の永井豪、New Yorkで大活躍する日本料理店経営者がこの男!



このポーズを見ただけで人柄がお分かりかと存じます。


日本大学で水産学を学び(彼の持論は、世界広しと言えども水産学を学んだ寿司屋はそうそういない!)、ニューヨークで活躍知人を頼って渡米。彼が思いついたビジネスアイディアは、ニューヨークの街角でよく見かける屋台!


East Villageで10年間屋台を引き、焼きそば/ラーメン/お好み焼きで有名な”Go!"になったわけです。本人は、”毎日保健所との鬼ごっこよ!”豪快に笑い飛ばしていますが、相当な苦労があったことは間違いありません。

今では、East Villageで有名な、居酒屋"Go!"を経営、


この景気でも、連日大繁盛!

日本人が大好きな質問”成功の秘訣は?”と聞かなくても、一目瞭然、秘訣は”元気”!!!
彼は、誰よりも声がでかい!
誰よりも元気!
元気がない時がない!

そして、独創性。
この夜の集まり日大OBによる”桃尻会”にちなんで、日大寿司を創作しちゃうわけす。



他には、ウェディングケーキならずウェディング寿司や、似顔絵寿司など、思うままに作成してしまう。

彼のキャッチフレーズは、”元気があれば何でも出来る!””下手なXXXでもできる!”
私も顔が腫れるほど元気をもらいました。

居酒屋 GO
30st Marks Place Between 2 Ave & 3 Ave
212-254-5510

NYCに行く機会があったら、是非、行って店主”GO "に会って来てください!
何かが違います。

元気が足りないことに気がついた不動産屋  


Posted by 大春 敬/Tak O'Haru at 21:03Comments(9)起業